林田 Daisaku

林田大作HAYASHIDADaisaku

准教授 専門:建築計画・建築設計

主な担当授業

  • 基礎ゼミナール(1年)
  • デザイン探究演習(1年)
  • 建築概論Ⅱ(1年)
  • 設計演習Ⅱ(2年)
  • 建築計画ⅠB(2年)
  • 設計演習Ⅲ(3年)
  • 建築計画ⅡA(3年)
  • 建築演習Ⅱ(4年)
  • 卒業研究(4年)
  • 建築計画特論Ⅱ(大学院)
  • 建築設計演習Ⅰ・Ⅱ(大学院)

メッセージ

建築学は、工学・芸術学・社会学・心理学・歴史学など、幅広い分野にまたがるグローバルな学問です。伝統ある工大建築学科は、社会の変化に対応しながら、「フルメニューの建築カリキュラム」を作って来ました。まさに、「思いっきり建築ができる場所」と言えます。この場所で、工大建築学科の学生は、良い「建築ともだち」を作り、自分なりの「建築とのつきあい方」を発見し、社会に飛び出していきます。

プロフィール

高校生の頃まではあまり将来のことを考えず、テニスやギターに明け暮れる毎日でしたが、勉強は好きでした。英語、理科、技術、美術などが好きで、今思えば、「勉強や部活が思いっきりできる場所」と「先生や友達」が好きだったのだと思います。東北大学に進学した頃、「自らの興味の方向は建築にある」ことを自覚しました。計画系の研究室に入り、「都市の景観(G・カレン)」や「日本の都市空間(都市デザイン研究体)」に心打たれ、卒業研究では「景観」を研究し、卒業設計では「歩行者のための連続する都市空間」を設計しました。東北大学修士課程では、「認知心理学的手法を用いた景観評価構造」の研究、設計事務所でのアルバイト、コンペ応募などで忙しくなりましたが、なぜか朝から晩まで研究室に入り浸っていました。修士課程修了後、大林組設計部で7年程建築実務に取り組みました。この頃、建築的な基礎体力とメンタリティをかなり鍛えられたと思います。次第に「人びとの生活と建築の関係(環境行動論的建築研究)」を突き詰めて考え、学生を育てる「研究・教育職」への転身を志すようになりました。大阪大学で博士号を取得し、和歌山大学を経て、現在は大阪工業大学で建築計画と建築設計を教えています。また、研究室の学生・院生、国内外の研究者と協同して、「福祉住環境」「住宅や団地の再生」「まちなかの居場所」「歴史的まち資源」などに関する実践的な研究を行っています。

主な著書・論文・作品

著書(共著)

  • 「名作住宅で学ぶ建築製図」,学芸出版社,20088
  • 「建築設計学」,学芸出版社,20094
  • 「まちの居場所 まちの居場所をみつける/つくる」,東洋書店,201011
  • 「都市・まちづくり学入門」,学芸出版社,201110

論文

  • 林田大作ほか;職場周囲に構築されるサードプレイスに関する研究神田地域・品川地域の比較分析,日本都市計画学会学術研究論文集No383pp433-438200311
  • 林田大作ほか;環境移行に伴う職場周囲の場所構築の変容に関する研究神田地域から品川地域への職場移行をケーススタディとして,日本建築学会計画系論文集 第576号,pp67-7420042
  • 林田大作ほか;『場所』の様態表現に関する基礎的分析都市生活者の「居心地の良い場所」に見る人間-環境関係の研究,日本建築学会計画系論文集 第579号,pp45-5220045
  • Daisaku Hayashida; Basho-kouchiku "Place Constructing Behaviors", Journal of Asian Urbanism, No.6, pp.28-29, International Society of Habitat Engineering and Design, March, 2012

作品(共同設計)

  • 「TCセンター」,1996年 / 「キヤノン販売品川本社ビル」,2003年

メールアドレス

daisaku.hayashida [at] oit.ac.jp 送信の際は [at] を @(半角英数字) に変えてお送りください