河野 Ryouhei

河野良坪KOUNORyouhei

准教授 専門:建築環境工学

主な担当授業

  • 基礎ゼミナール(1年)
  • デザイン探究演習(PBL)(1年)
  • 建築環境工学 l 演習(2年)
  • 建築環境工学 ll 演習(2年)
  • 建築演習 l(3年)
  • 建築演習 ll(4年)
  • 卒業研究(4年)
  • 建築環境特論 l(大学院)

メッセージ

現在、私たちの周りには様々な環境問題が生じています。このまま環境問題が進行すると、皆さんに子供が生まれて成長する頃には、今感じている「便利な生活」が当たり前のことではなくなるかもしれません。都市・建築では毎日、大切なエネルギーが大量に使われています。私たちが、省エネルギーという課題に真摯に取り組むことが、明日の快適で住みやすい空間の創造につながります。若い皆さんと将来、一緒に活動できることを望みます。

プロフィール

早稲田大学理工学部建築学科を卒業後、あいおい損害保険株式会社勤務を経て、東京大学大学院工学系研究科に入学。2006年に博士号(工学)を取得後、東京大学生産技術研究所の研究員として勤務し、2008年に東京大学の特任助教として、研究・教育活動に従事、併せて、駒澤女子大学で環境工学の講義を行った。

2011年4月より本学の講師に就任。建築環境工学全般に関する指導・研究に携わる。

主な著書・論文・作品

  • 「片壁面上のみに開口を有する居室の換気性状に関する研究(その1~3)」(日本建築学会環境系論文集)
  • 「バルコニーを有する居室の換気性状に関する研究(その1)横風時におけるバルコニーを有する居室の換気性状に関する風洞実験」(日本建築学会環境系論文集)
  • 「日射ダイレクトゲインとヒートポンプを利用した蓄熱式床暖房システムの省エネルギー性能 (第1 報) 実験システムのコンセプトの紹介と取得日射量の検証」(日本建築学会環境系論文集)
  • 「ヒートポンプと日射利用による快適性の高い省エネ型蓄熱式床暖房の研究開発(その1~10)」(日本建築学会大会)

メールアドレス

ryohei.kono [at] oit.ac.jp
送信の際は [at] を @(半角英数字) に変えてお送りください