白山 Atsuko

白山敦子SHIRAYAMAAtsuko

講師 専門:建築構造・耐震工学

主な担当授業

  • 基礎ゼミナール(1年)
  • 静定構造力学演習(1年)
  • 建築構造Ⅰ(1年)
  • 建築振動論(3年)
  • 建築基礎構造(3年)
  • 構造制御法(4年)
  • 測量学・同演習(4年)
  • 卒業研究(4年)
  • 建築振動特論(大学院)

メッセージ

どんな「器(うつわ)」に住んでみたいですか?

建築物には、美しさや芸術性、外観・内部のデザイン「美」、
機能性や快適性、使いやすさ「用」はもちろんのこと、
地震や台風などの災害から人々を守る強さ「強」が求められます。

大地震に対して、被害を最小限に抑え、建築物が倒壊することを防ぎ、
機能を維持し、人命を保護することが、私たちが取り組むべき課題です。

建築や都市を社会的財産と捉え、地震による膨大な経済的損失を抑えようとする
現代社会の傾向と合致し、非常に重要だと考えています。

プロフィール

学歴

2005年3月 大阪大学大学院 工学研究科 建築工学専攻 博士前期課程 修了 (修士(工学))
2008年3月 京都大学大学院 工学研究科 建築学専攻  博士後期課程 修了 (博士(工学))

職歴

2006年4月~2008年3月 独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員 DC2
2008年4月~2014年3月 一般財団法人 日本建築総合試験所
2014年4月~2016年3月 金沢工業大学 環境・建築学部 建築学科 講師
2016年4月~現在に至る 大阪工業大学 工学部 建築学科 講師

専門分野

我が国は、世界でも有数の地震発生国であり、過去の大地震によって、多くの人命が失われました。
近年、想定されている東海・東南海・南海の連動地震、長周期地震や大都市直下の極大地震等は、これまでの設計レベルを大幅に上回るものです。大規模な地震の発生が予測されている我が国において、建築物には、大きな被害・損傷を与えず、その機能を維持し、安心・安全な都市を構築することが求められています。
本研究室では、それらの問題を解決し、高性能な建築物を実現するために、免震・制震(振)構造などを用いた建築構造制御技術の提案を行い、実験や観測、解析を通して、社会に貢献することができる総合的・実践的な研究に取り組んでいます。

主な著書・論文

  • ・履歴減衰と粘性減衰を有する免・制震構造システムの地震応答と減衰効果(学位論文)
  • ・超高層免震建物に生じる引抜き力低減に関する研究(引抜き力制御機構の提案):犬伏徹志、山下忠道、大木洋司、梁川幸盛、白山敦子, 日本建築学会構造工学論文集, Vol.59B,pp.291-298, 2013.3
  • ・埋込みを有するエネルギー吸収型建物の地震応答特性(動的地盤バネに基づく地盤逸散減衰の検証):伊藤真二、山下忠道、白山敦子、馬場研介、宮本裕司, 日本建築学会構造系論文集, 第76巻・667号, pp.1621-1630, 2011.9
  • ・履歴・粘性減衰を併用した免震構造システムの地震応答性状とその減衰効果について:白山敦子、伊藤真二、山下忠道、井上 豊, 第13回日本地震工学シンポジウム論文集, pp.3700-3707, 2010.11
  • ・高減衰型粘弾性ダンパーを用いた梯子状梁による耐震補強効果:白山敦子、鈴木祥之, 日本建築学会技術報告集, Vol.14, No. 27, pp.55-59, 2008.6
  • ・伝統木造軸組の梯子状梁による耐震補強:白山敦子、鈴木祥之、佐々木孝史, 第12回日本地震工学シンポジウム, Paper No.0241, pp.1070-1073, 2006.11
     

    メールアドレス

    atsuko.shirayama [at] oit.ac.jp
    送信の際は [at] を @(半角英数字) に変えてお送りください