大阪工業大学八幡工学実験場構造実験センター開設30周年記念講演会を開催

2017.01.23

1986年12月2日に開設しました大阪工業大学八幡工学実験場構造実験センターは、土木・建築構造物に関する大型実験施設として、今年30周年を迎えました。

この間、当センターの設備・装置を用い、学生実験としては他大学では類を見ない規模の構造実験、疲労試験等を行い、教育・自主研究面で大きな成果をあげる一方、他大学との共同研究や官庁・各企業からの委託研究を多数行い、名実ともに産・官・学の英知を結集したセンターとして、ゆるぎない地位を確立するに至っております。これもひとえに関係各位の皆様のお蔭と深く感謝申し上げる次第でございます。

つきましては、構造実験センターのさらなる発展と展望を図るため、下記のとおり記念講演会を開催いたしたく存じます。ご多忙中恐れ入りますが、是非ともご出席賜りたくご案内申し上げます。

なお、準備の都合のため、ご出欠を八幡工学実験場事務室までメールまたはファックスにて、2月15日(水)までにご回答くださるようお願いします。

 

日 時   2017年 3月 11日(土),14:00~17:20

場 所   大阪工業大学OIT梅田タワー,3階常翔ホール(576席)(〒530-8568 大阪市北区茶屋町1番45号)

 

講演内容

講演 Oguzhan Bayrak教授(米国テキサス大学オースチン校)

テーマ「Structural Engineering in the 21st Century」

 

講演 井上 晋(大阪工業大学都市デザイン工学科教授,大阪工業大学工学部長)

テーマ「土木構造と八幡工学実験場」

 

講演 丹野吉雄(東宝舞台株式会社企画開発部,元 株式会社竹中工務店設計本部)

テーマ「大空間構造の設計と施工」

 

講演 西村泰志(大阪工業大学建築学科特任教授,大阪工業大学学長)

テーマ「建築構造と八幡工学実験場」

 

お問い合わせ  八幡工学実験場事務室 担当 古川 恭子

電話:075-981-6204  Fax:075-981-3554

e-mail: OIT.Yawata@josho.ac.jp