建築学科の教育・研究ゾーンが日本サインデザイン賞2018銀賞を受賞

2018.12.19

2号館1・4・5Fをリノベーションした建築学科の教育・研究ゾーンが2018日本サインデザイン賞の銀賞を受賞しました(公益社団法人日本サインデザイン協会主催)

作品「大阪工業大学大宮キャンパス 2号館建築学科移転に伴う改造計画」は建築学科の教育・研究ゾーンの各所に建築教育ならではのスケール感や素材感を体得できるサイン計画や仕掛けをデザインしています。建築学科の学びの空間で、建築に夢中になれるサインデザインが高く評価されての受賞です。(応募総数372点)
デザイン監修:寺地洋之 教授(設計第1研究室)
建築設計:(株)安井建築設計事務所
サイン設計:(株)阪神コンテンツリンク
写真撮影:フォトグラファーAYAMI

1

2

3

4