MOKUプロジェクトが2019年度グッドデザイン賞を受賞

2019.10.15

 

「MOKU(モク)プロジェクト」が2019年度グッドデザイン賞を受賞しました。

 

設計第1研究室(指導教員:寺地洋之教授)が設計・リノベーションデザインを担当した[枚方市立菅原生涯学習市民センター(枚方市長尾元町1-35-1)コミュニティスペース「MOKU」(2019年2月24日に開設)の市民協働型の取り組み「MOKUプロジェクト」]が、2019年度グッドデザイン賞を受賞しました。

受賞カテゴリー:取り組み・活動(地域・コミュニティづくり等)

 

<MOKUプロジェクトとは>

菅原生涯学習市民センター・菅原図書館の1F空きスペースを、木材を使った「コミュニティスペースMOKU(モク)」へリノベーションし、活用するプロジェクト。コンセプトや設計、運営を地域の市民や大学と一緒になって考える市民協働型で実施。地域の市民にとって、職場でも学校でもない、新しい学びやつながりが体感できる場づくりを目指しています。

 

<グッドデザイン賞 審査コメント>

できあがった空間の質や選んだ材料だけでなく、どうやって進めているか、誰がそこに関わっているかなど、総合的なデザインとして評価すべき事例である。専門家だけが集まってつくる空間では得られないような知識や技術やつながりや愛着が生まれ、使いこなされるようになっているだろう。その分、時間がかかっているはずだが、貨幣資本だけでなく時間資本を存分に使って進めた丁寧な取り組みだといえる。

 

<コミュニティスペースMOKUについて>

■概要

菅原生涯学習市民センター・菅原図書館利用者、および周辺地域の市民が気軽に利用できる出入り自由のフリースペース(飲食可、隣接するカフェの注文も可)。

■所有者

枚方市

■企画・管理運営

枚方市立菅原生涯学習市民センター

指定管理者:枚方まなびつながりプロジェクト

代表企業:大阪ガスビジネスクリエイト株式会社

構成企業:株式会社リブネット、京阪ビルテクノサービス株式会社

■設計・リノベーションデザイン

寺地洋之+大阪工業大学建築学科設計第1研究室

■コーディネーター

NPO法人まどり 水木千代美

 

[ グッドデザイン賞ホームページ ]

https://www.g-mark.org/award/describe/49768?token=EhHjyhiqpe

[ 菅原生涯学習市民センターホームページ ]
http://www.hira-manatsuna.jp/sugawara/index.html

[ 大阪工業大学ホームページでの活動紹介記事 ]

http://www.oit.ac.jp/japanese/topics/?i=5581

moku_gd_main5 moku_gd_main5 moku_gd_main5