Medical Robotics Laboratory (Kawai Lab.)

医療ロボティクス研究室(河合研)


Research

目的

    

マスタスレーブ制御の遠隔操作ロボットは,大型のオールインワンシステムとなります.
一方,人がローカル操作するロボティックデバイスを統合すると,小型なシステムが構築できます.
その際のインタフェースとして,ツールマウント,頭や手に装着する拘束タイプは煩わしく感じます.

そこで,ハンズフリーのロボット操作インタフェースの実現を目指して,
足を床面に設置した状態で足動作の重心軌跡を解析し,パターン認識して,
モバイル鉗子マニピュレータを操作する研究を進めています.

 本研究は,大学院生の福西くんを中心に進めた成果をまとめたものです.





Hands-free Interface for Surgical Procedures Based on Foot Movement Patterns in EMBC2014

Copyright (C) Medical Robotics Lab. All Rights Reserved.