第3回「環境テクノフォーラム2010」を開催しました

2010年5月14日

「環境テクノフォーラム2010」第3回フォーラム

「環境テクノフォーラム2010」第3回フォーラム

「環境テクノフォーラム2010」第3回フォーラム

「環境テクノフォーラム2010」第3回フォーラム

 工学部環境工学科が主催する「環境テクノフォーラム2010」の第3回目が5月14日、大宮キャンパスで開催され、学内外から約90人の方が参加しました。
 株式会社環境総合テクノス 環境部地球環境グループマネージャーの沖森泰行氏を講師に迎え、『地球温暖化を止める伝統的な「炭焼き」―森が二酸化炭素を吸い込み、炭焼きで炭素を閉じ込める―』と題してご講演いただきました。同氏は気候変動対策としての森林育成、バイオマスや炭の利用について解説し、「光合成の過程で大気中のCO2を吸収した森の木々を炭にすることでCO2を閉じ込める」という伝統的な手法を用いた地球温暖化防止技術などについてもご紹介いただきました。

 次回第4回フォーラムは、5月28日(金)18時30分から本学大宮キャンパスで開催します。
 詳細はこちらをご覧ください
 ⇒⇒http://www.oit.ac.jp/env/contents/forum.html

ページを閉じる