「夏季リフレッシュセミナー」を開催しました

2010年8月4日

「簡易オーディオアンプの作製」

「簡易オーディオアンプの作製」

「現代社会における知的財産法の問題」

「現代社会における知的財産法の問題」

 8月3日、大阪府教職員自主研修支援 大学等オープン講座「夏季リフレッシュセミナー」を大宮キャンパスで開催しました。
 これは大学・専門学校等が講座を開講し、大阪府の小・中・高校等教職員の夏季休業期間中の自主的な研修を支援するもので、本学でも例年開講しています。今年度は2つの講座を開講し、合わせて約20人の方に参加いただきました。
 「簡易オーディオアンプの作製―工作で学ぶ電子回路入門―」講座では工学部電気電子システム工学科の吉村准教授が講師を務めました。半導体素子や電子回路を身近に感じてもらうため、トランジスタの原理の説明の後、ブレッドボード(はんだ付けなしに部品を配線し、電気を通して回路を動かせる基板)を用いたオーディオアンプの作製をしていただきました。
 「現代社会における知的財産法の問題」講座では、知的財産学部知的財産学科の松井講師が、日常生活と知的財産法のかかわり方、教育の場で問題となる特許・著作権に関する諸問題などについて解説しました。

ページを閉じる