高槻産学連携フォーラムで情報ネットワーク学科の井上准教授が事例発表しました

2010年10月21日

会場の様子

会場の様子

 10月19日、高槻産学連携フォーラム(主催:高槻商工会議所)が高槻商工会議所にて開催されました。
 本学からは、情報科学部情報ネットワーク学科の井上雄紀准教授が「異業種連合グループ枚方SSTグループとの産学連携の取り組み状況とその発展」をテーマに事例発表を行いました。当日は、幅広い分野の企業から多数の参加がありました。
 さまざまなロボット製作を進めている同学部のヒューマンロボティックス研究開発センター(HRC)では、ものづくりに総合的に対応する異業種連合グループである枚方SSTグループと連携して自律走行ロボット「ベルカ」を開発・製作しています。その開発状況や、ものづくりとITを組み合わせたシステム製作が可能になったため、ロボットのデザイン、金属・樹脂部品の設計・開発・加工・試作が短期間で実現できたことなどについて、分かりやすく解説されました。

ページを閉じる