第10回城北祭にご来場いただきありがとうございました

2010年11月2日

ステージを盛り上げた「よさこいソーラン」

ステージを盛り上げた「よさこいソーラン」

学術講演会で講演する中野氏

学術講演会で講演する中野氏

たくさんの方にご来場いただきました

たくさんの方にご来場いただきました

 10月30日〜11月1日の間、大宮キャンパスで開催した「城北祭」に、多数のご来場いただきありがとうございました。
 今年の城北祭は「Legarsi―きずな―」をメインテーマに、着物ファッションショーや演舞祭などのステージイベントをはじめ、ロボットバトル、吉本お笑いライブ、よさこいソーランなど盛りだくさんの企画を展開しました。また第10回開催を記念して、城北祭実行委員会による餅つき大会が行われ、実行委員や地域の子供たちがついたお餅はおしるこにして来場者に振る舞われました。
 11月1日に開かれた学術講演会では、世界初の「自転車用タイヤ自動空気補充装置エアハブ」を発明した、株式会社中野鉄工所 代表取締役社長の中野隆次氏を迎え、「ものづくりに対する姿勢」をテーマにご講演いただきました。
 開催期間中はあいにくの天候にもかかわらず、同時開催した「工学実感フェア」と合わせて約7,300人の方々にご来場いただきました。課外活動団体による教室展示や、食欲の秋にぴったりの模擬店などもにぎわいを見せ、来場者の皆さんには学生たちが作り上げた城北祭を満喫いただけたのではないでしょうか。
 城北祭実行委員長を務めた下岡航平君(工学部電気電子システム工学科3年次)は「一時は少なかった実行委員も30人を超え、10周年目にふさわしい城北祭を開催することができました。城北祭を通して育んだ『Legarsi―きずな―』を大切に、今後も多くの人たちと『きずな』をつなげていきたいと思います」と話してくれました。
 ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
 今後も大阪工業大学のさまざまなイベントにぜひお越しください!

ページを閉じる