マツダ株式会社との「ビジネスマッチング商談会」で工学部機械工学科の羽賀教授が出展しました

2011年7月25日

プレゼンテーションする羽賀教授

プレゼンテーションする羽賀教授

プレゼンテーション会場の様子

プレゼンテーション会場の様子

ブース展示

ブース展示

 7月24日〜25日、マツダ株式会社 広島本社(広島県安芸郡)にて「ビジネスマッチング商談会」が開催されました。
 このイベントは、マツダ株式会社の協力により、次世代自動車の技術ニーズに応える形のものづくり中小企業や本学を含むMOBIO(ものづくりビジネスセンター)内にオフィスを開設する、関西圏を中心とした11大学、1公設試験機関等の研究シーズとのマッチングを目的としています。
 本学工学部機械工学科の羽賀教授が、「アルミニウム合金用高性能・多機能双ロールキャスター」のテーマで、プレゼンテーションと展示を行いました。
 プレゼンテーションでは、アルミニウム合金の溶湯から1工程で薄板の作製が可能な高速双ロールキャスターについて特徴や実証例などを交えて解説しました。展示ブースでは、パネル・資料による研究成果の発表を行い、マツダ株式会社の関係者の方から質問をいただくなど、多くの方に本学の研究内容をアピールすることができました。

ページを閉じる