体育会空手道部が成人式奉納演武を行いました

2012年1月15日

大勢の参拝客が見守る中行われました

大勢の参拝客が見守る中行われました

荘厳な雰囲気の中気迫あふれる演武が続きました

荘厳な雰囲気の中気迫あふれる演武が続きました

迫力ある瓦割り

迫力ある瓦割り

 1月9日、体育会空手道部が成人の日に合わせて石清水八幡宮(京都府八幡市)で「成人式奉納演武」を行いました。この成人式奉納演武は、20歳を迎えた部員の祝賀と、同部の発展を祈願することを目的に例年行われているものです。荘厳な雰囲気の中、部員8人が純白の道着に身を包み、大勢の参拝客が見守る中、本堂前の石畳の上で「突き」「蹴り」など迫力ある「型」や上半身裸で行う「三戦の型」、力強く瓦割りなど、気迫に満ちた演武を披露しました。
 この奉納演武は毎年大阪経済法科大学空手道部と合同で実施しており、同大学からも7人が参加しました。部員たちは演武を通じて双方の部の発展を祈願するとともに、今後ますますの研鑽と2012年の活躍を誓いました。

ページを閉じる