応用化学がつくる未来

応用化学科への誘い

 物質は、原子や分子から構成されており、それらのつながり方(結合)や並び方(配列)を知れば、「 目的の構造を持つ物質 」を作り上げることが可能になります。 応用化学は、 物質を扱う学問であり、中でもグリーンケミストリー(環境にやさしい分子・反応設計)を指向した「 ものづくり 」に 重点をおいています。

人と自然にやさしい「ものづくり」で暮らしの向上に貢献する人材を育成

大阪工業大学工学部応用化学科では、「 グリーンケミストリー 」をキーワードに、人と自然に優しい物質の創成や、新エネルギーの確保など、産業・社会の持続可能な発展に貢献できる、活力のある化学技術者の育成を目指します。応用化学を学ぶことで、情報、食品、医療、機械、住宅、農林水産業といった、人々の生活に役立つさまざまな場面で貢献できます。
応用化学科は化学関連の全領域をカバーし、化学の基礎から応用までじっくり学べる環境となっています。
高校生の皆さん、応用化学科のスタッフと一緒に学び、立派な化学技術者になりましょう。

化学と社会を結びつけ、暮らしの様々な場面で貢献します。
  • 化学・新素材
  • エネルギー
  • バイオテクノロジー
  • 医療・医薬品
  • 機械・ロボット
  • 電気・電子・IT
  • 土木・建築
  • 環境・リサイクル
  • 食品・生活

応用化学科の特徴

化学技術とそれを使ったものづくりで社会の持続可能な発展に寄与

応用化学科が取り組む化学技術は、医療・健康および安全、移動・交通、エネルギー関連技術や情報・通信技術、さらには農業・食料生産などの幅広い分野に関わります。機能性素材・材料・薬品の研究・開発、エネルギーの有効利用などさまざまな場面で貢献しています。

分かりやすいカリキュラムマップで方向性を見つけ出す

はじめに「基幹科目」と「総合化学系科目」で持続可能な社会づくりを担う基盤を固めます。

専門科目では、有機・無機化合物や高分子材料などを扱う「創成材料化学系」と、分析化学や資源化学など生命現象を解明し環境や人に役立てる領域を学ぶ「環境生命化学系」の両系統から理解を深め、最後に「卒業研究」でそれらをしっかり身につけていくカリキュラムとなっています。

「4年間の学び」ページへ

研究室の連携できめ細やかな指導を実現

15研究室が有機的に連携し、一人の学生に対して複数の教員がバックアップ。多面的な指導により広範な知識が得られるほか、教員同士が頻繁に情報交換するなど、連携強化にも努めています。

「研究室・教員」ページへ