物質は、原子や分子から構成されており、それらのつながり方(結合)や並び方(配列)を知れば、「 目的の構造を持つ物質 」を作り上げることが可能になります。 応用化学は、 物質を扱う学問であり、中でもグリーンケミストリー(環境にやさしい分子・反応設計)を指向した「 ものづくり 」に 重点をおいています。皆さんは、応用化学を学ぶことで、 情報、食品、医療、機械、住宅、農林水産業など、人々の生活に役立つ機能性素材、材料、薬品などの研究・開発、またはエネルギーの有効利用、地球環境汚染 の緩和、さらには食糧の確保など、さまざまな場面で貢献できます。(下図参考)。 応用化学科では、「 グリーンケミストリー 」をキーワードに、人と自然に優しい物質の創成や、新エネルギーの確保など、産業・社会の持続可能な発展に貢献できる活力のある化学技術者の育成を目指します。 高校生の皆さん、応用化学科のスタッフと一緒に学び、立派な化学技術者になりましょう。 img_about