4年間の学び

4年間で何を学ぶか

応用化学科では本学科独自のカリキュラムが用意されており、開講している科目を着実に理解していくことで優れた化学技術者へと成長していくことができます。

1年次

大学での生活が始まると、人文科学入門、外国語(英語、中国語など)、総合理学系科目の数学、物理、および基礎実験(基本的な器具・装置の使い方、レポート作成法など)を受講します。
化学に関する最新のトピックスに触れるユニークな講義「化学概論」も特長の一つ。受験の「化学」ではなく、最近の化学に関するトピックスを中心に基礎的な物質の化学構造や反応を学びます。後期からは専門科目も始まります。

グループワークによる授業
授業の様子

2年次

必修科目(無機化学、物理化学、有機化学)に加えて、選択科目(分析化学、高分子化学)など化学全般を支える専門科目の比重が増加していきます。専門科目は「創成材料化学」と「環境生命化学」の両系統から科目を選択。演習と実験を通じて専門知識への理解を深めていきます。化学の専門英語の基礎も習得します。

「危険物取扱者」や「環境計量士」の資格の取得をサポートする「安全化学」や「環境計測」の講義も開講されます。

豊富な実験科目を通じて、実験器具や実験装置、計測機器の扱いなどを、体験しながら身に付けていきます。

3年次

専門科目を中心に興味のある講義を選択して受講し、化学技術者として必要な幅広い専門知識を身につけます。
3年次の後期には研究室仮配属という制度があります。進みたい研究分野の研究室に仮配属され、教員や先輩たちと将来の進学や就職について話し合うことができます。

高年次には企業や研究施設でも使われる高性能な機器を用いた実験に取り組みます。研究の精度を高めながら、機器の扱いを習熟します。

4年次

4月初めに各研究室への配属が正式に決まり、いよいよ卒業研究がスタートします。教員や大学院生の指導のもと、専門的なテーマについて、自分で実験計画を立て、実験結果について考察しながら一年間研究を行います。英語の学術論文を紹介する雑誌会や勉強会も行われます。
研究以外では、お花見、夏合宿、スポーツ大会などの行事もあります。
2月には卒業論文発表会が行われ、一年間の研究の成果を発表し晴れて卒業となります。

研究風景
4年次では卒業論文に取り組みます。