自然と調和した安全・快適な都市づくりをめざす

進路

都市デザイン工学科は、本学創立と同時に設置された土木工学科を前身として長い歴史をもち、現在までに1万人を超す卒業生が建設業や官公庁をはじめ多方面で活躍するなど、各界を牽引する中心的人材を数多く輩出してきました。

今後の進路先は、従来通り建設業等が中心と考えられますが、ソフト化・サービス経済化等、産業構造の変化に伴う環境関連の調査や施設の整備、既存の基盤施設の延命や高度利用のための維持・管理など関連サービス業への展開がみられ、また一方では、国際化や高齢化等、社会構造の変化に伴う都市基盤施設の新設、新たなタイプの利用形態に対応した機能更新や維持・管理など多様なニーズが増加し始めており、都市・地域の開発・整備・保全など多岐の分野にわたる展開が予想されております。

こうした都市・地域を相手に広範な分野で活躍する専門的高度技術者が求められているなかで、私たち都市デザイン工学科では、これに対応できる高度な人材供給を目指して教育・研究に精力的に取り組んでおり、今後、本学科卒業生の一層の活躍が期待されています。

担当

  • 青木一男 教授
  • 日置和昭 准教授

過去の主な就職先

就職関連のホームページへ

このページの先頭へ


【大宮キャンパス】 〒535-8585 大阪市旭区大宮5丁目16-1 【枚方キャンパス】 〒573-0196 大阪府枚方市北山1丁目79-1
Copyright © Osaka Institute of Technology, 2005 All rights reserved.