ロボット設計・開発における諸問題を
コンピュータシミュレーションで解決する.


印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

学術論文(査読付)

  1. Yasutomo Uetsuji, Tetsuya Hata, Tatsuya Oka, Hiroyuki Kuramae and Kazuyoshi Tsuchiya, "Multiscale Simulation of Domain Switching Behavior in Plycrystalline Ferroelectric Materials", Computational Material Science, Vol. 106, pp. 100-110, (2015). LinkIconDOI: 10.1016/j.commatsci.2015.03.035
  2. Yasutomo Uetsuji, Tetsuya Hata, Hiroyuki Kuramae and Kazuyoshi Tsuchiya, "Homogenization Modeling of Domain Switching in Ferroelectric Materials", Acta Mechanica, Vol. 225, Issue 10, pp. 2969-2986, (2014). LinkIconDOI: 10.1007/s00707-014-1199-9
  3. Tomosumi Kamimura, Yuta Kuroki, Takuya Kiriyama, Hiroki Muraoka, Takashi Nishiyama, Yoshiyuki Harada, Hiroyuki Kuramae and Hideo Horibe, "Scanning Removal of Iron-implanted Novolak Resist by using a Laser Irradiation", Journal of Photopolymer Science and Technology, Vol. 27, No. 2, pp. 237-241, (2014).LinkIconDOI: 10.2494/photopolymer.27.237
  4. Eiji Nakamachi, Takeshi Honda, Hiroyuki Kuramae, Yusuke Morita and Hideo Morimoto, "Process Metallurgy Analyses to Design a High-Bendability and High-Springback Property Sheet by Using Two-Scale Finite Element Method", International Journal of Mechanical Sciences, Vol. 87, pp. 89-101, (2014).LinkIconDOI: 10.1016/j.ijmecsci.2014.06.001
  5. Eiji Nakamachi, Takahiro Uchida, Hiroyuki Kuramae and Yusuke Morita, "Multi-Scale Finite Element Analyses for Stress and Strain Evaluations of Braid Fibril Artificial Blood Vessel and Smooth Muscle Cell", International Journal of Numerical Methods in Biomedical Engineering, Vol. 30, Issue 8, pp. 796-813, (2014). LinkIconDOI: 10.1002/cnm.2630
  6. Eiji Nakamachi, Takeshi Honda, Hiroyuki Kuramae, Yusuke Morita, Tomiso Ohata and Hideo Morimoto, "Two-scale Finite Element Analysis for Bendability and Springback Evaluation based on Crystallographic Homogenization Method", International Journal of Mechanical Sciences, Vol. 80, pp. 109-121, (2014).LinkIconDOI: 10.1016/j.ijmecsci.2014.01.011
  7. Yasutomo Uetsuji, Hiroyuki Kuramae and Kazuyoshi Tsuchiya, "Two-step homogenization simulation for multidomain and multigrain structures in piezoelectric materials", Acta Materialia, Vol. 61, Issue 19, pp. 7304-7312, (2013). LinkIconDOI: 10.1016/j.actamat.2013.08.035
  8. Hidetoshi Sakamoto, Yoshifumi Ohbuchi and Hiroyuki Kuramae, "Gun Bullet Deformation Analysis for Protection Board Development", Key Engineering Materials, Vol. 577-578, pp. 409-412, (2013). LinkIconDOI:10.4028/www.scientific.net/KEM.577-578.409
  9. Yasutomo Uetsuji, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya and Hidetoshi Sakamoto, "Development of a New Piezoelectric Actuator with Slits", ISRN Materials Science, Vol. 2013, Article ID 172054, 9 pages(2013).LinkIconDOI:10.1155/2013/172054
  10. Hidetoshi Sakamoto, Hiroyuki Kuramae, Shigeru Itoh and Eiji Nakamachi, "Visualisation of high-speed fracture phenomena", WIT Transactions on Modelling and Simulation, Vol. 55, pp. 309-316, (2013).LinkIconDOI:10.2495/CMEM130251
  11. Yasutomo Uetsuji, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya, "Piezoelectric-fluid interaction finite element analysis of a valve-less piezoelectric pump", WIT Transactions on Modelling and Simulation, Vol. 55, pp. 327-338, (2013).LinkIconDOI:10.2495/CMEM130271
  12. 倉前宏行, 上辻靖智, 「3次元EBSD計測モデルに基づく結晶均質化有限要素解析による圧電セラミックス材料の特性評価」, 日本機械学会論文集(A編), 79巻801号, pp. 633-643, (2013). LinkIconDOI: 10.1299/kikaia.79.633
  13. Eiji Nakamachi, Yasutomo Uetsuji, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya and Hwisim Hwang, "Process Crystallographic Simulation for Biocompatible Piezoelectric Material Design and Generation", Archives of Computational Methods in Engineering, Vol. 20, Isuue 2, pp. 155-183, (2013). LinkIconDOI: 10.1007/s11831-013-9084-6
  14. Yasutomo Uetsuji, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya and Marc Kamlah, "Electron Backscatter Diffraction Crystal Morphology Analysis and Multiscale Simulation of Piezoelectric Materials", International Journal of Computational Methods and Experimental Measurements, Vol. 1, No. 2, pp. 199-211, (2013).LinkIconDOI: 10.2495/CMEM-V1-N2-1-14
  15. Kosuke Nagata, Hidetoshi Sakamoto, Yoshifumi Ohbuchi, Hiroyuki Kuramae and Eiji Nakamachi, "Observation of High Speed Glass Bottle Fracture Behaviors by Underwater Shockwave", Advanced Materials Research Vol. 586, pp. 151-155, (2012).LinkIconDOI: 10.4028/www.scientific.net/AMR.586.151
  16. Yasutomo Uetsuji, Shusuke Kimura, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya and Marc Kamlah, "Multiscale Finite Element Simulations of Piezoelectric Materials based on Two- and Three-Dimensional EBSD-measured Microstructures", Journal of Intelligent Material Systems and Structures, Vol. 23, pp. 563-573, (2012). LinkIconDOI: 10.1177/1045389X12436740
  17. Hidetoshi Sakamoto, Yoshifumi Ohbuchi, Hiroyuki Kuramae and Jian Shi, "Deep Drawing Formability Analysis of AZ3 Mg-alloy", Advanced Materials Research, Vol. 337, pp. 701-704, (2011). LinkIconDOI: 10.4028/www.scientific.net/AMR.337.701
  18. 倉前宏行, 池谷友規, 森本秀夫, 坂本英俊, 片山傳生, 仲町英治, 「結晶方位差理論に基づく結晶塑性構成式の提案」, 日本機械学会論文集(A編), 77巻779号, pp. 1081-1090, (2011). LinkIconDOI: 10.1299/kikaia.77.1081
  19. Hiroyuki Kuramae, Hidetoshi Sakamoto, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "Process Metallurgy Design for High-Formability Aluminum Alloy Sheet Metal Generation by Using Two-Scale FEM", Procedia Engineering, Vol. 10, pp. 2250-2255, (2011). LinkIconDOI: 10.1016/j.proeng.2011.04.372
  20. Hidetoshi Sakamoto, Yoshifumi Ohbuchi, Hiroyuki Kuramae, Yasunori Nakamura, Eiji Nakamachi and Shigeru Itoh, "Visualization of High-Speed Fracture Phenomena of Glass Container for Effective Glass Recycling Technology Development", Procedia Engineering, Vol. 10, pp. 2472-2477, (2011). LinkIconDOI: 10.1016/j.proeng.2011.04.407
  21. Yasutomo Uetsuji, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya and Marc Kamlah, "A Multiscale Finite Element Simulation of Piezoelectric Materials Using Realistic Crystal Morphology", WIT Transactions on Modeling and Simulation, Vol. 51, pp. 601-611, (2011). LinkIconDOI: 10.2495/CMEM110531
  22. 上辻靖智, 谷口祐樹, 木村周介, 倉前宏行, 槌谷和義, 「圧電材料のEBSD結晶形態に対するマルチスケール有限要素モデリングの検討」, 日本機械学会論文集(A編), 76巻764号, pp. 401-403, (2010). LinkIconCiNii
  23. Hiroyuki Kuramae, Yuki Ikeya, Hidetoshi Sakamoto, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "Multi-Scale Parallel Finite Element Analyses of LDH Sheet Formability Tests Based on Crystallographic Homogenization Method", International Journal of Mechanical Sciences, Vol. 52-2, pp. 183-197, (2010). LinkIconDOI: 10.1016/j.ijmecsci.2009.09.007
  24. Eiji Nakamachi, Hiroyuki Kuramae, Hidetoshi Sakamoto and Hideo Morimoto, "Process Metallurgy Design of Aluminum Alloy Sheet Rolling by Using Two-Scale Finite Element Analysis and Optimization Algorithm", International Journal of Mechanical Sciences, Vol. 52-2, pp. 146-157, (2010). LinkIconDOI: 10.1016/j.ijmecsci.2009.08.009
  25. 上辻靖智, 小川良太, 倉前宏行, 槌谷和義, 「2点同時変位測定に基づく圧電薄膜の材料特性評価法の提案」, 材料, Vol.58, No.10, pp. 815-820, (2009). LinkIconDOI: 10.2472/jsms.58.815
  26. Hidetoshi Sakamoto, Hiroyuki Kuramae, Eiji Nakamachi and Hideo Morimoto, "Multi-scale FE Analyses of Sheet Formability based on SEM-EBSD Crystal Texture Measurement", WIT Transactions on Modeling and Simulation, Vol. 48, pp. 61-69, (2009). LinkIconDOI: 10.2495/CMEM090061
  27. 倉前宏行, 高橋聖治, 仲町英治, Nguyen Ngoc Tam, 田中和人, 片山傳生, 森本秀夫, 「結晶塑性マルチスケール解析による異周速圧延プロセス設計」, 塑性と加工, Vol. 50, No. 578, pp. 242-248, (2009). LinkIconDOI: 10.9773/sosei.50.242
  28. Yasutomo Uetsuji, Yu Satou, Hideyuki Nagakura, Hisanao Nishioka, Hiroyuki Kuramae and Kazuyoshi Tsuchiya, "Crystal Morphology Analysis of Piezoelectric Ceramics Using Electron BackScatter Diffraction Method and Its Application to Multiscale Finite Element Analysis", Journal of Computational Science and Technology, Vol. 2, No. 4, pp.568-577, (2008). LinkIconDOI: 10.1299/jcst.2.568
  29. 倉前宏行, 伊藤優一, 上辻靖智, 仲町英治, 「微視血管有限要素モデルを用いた頭部損傷予測のためのマルチスケール有限要素衝突解析」, 日本機械学会論文集(A編), 74巻741号, pp. 749-756, (2008). LinkIconDOI: 10.1299/kikaia.74.749
  30. 倉前宏行, 伊藤優一, 藤原一也, 上辻靖智, 仲町英治, 「実験計測に基づく3次元微視神経細胞有限要素モデルによるマルチスケール頭部衝突解析」, 日本機械学会論文集(A編), 74巻741号, pp. 757-762, (2008). LinkIconDOI: 10.1299/kikaia.74.757
  31. 中村康範, Nguyen Ngoc Tam, 倉前宏行, 坂本英俊, 森本秀夫, 仲町英治, 「動的陽解法結晶均質化弾/結晶粘塑性有限要素法による異周速圧延解析」, 材料, Vol.57, No.6, pp. 583-589, (2008). LinkIconDOI: 10.2472/jsms.57.583
  32. 坂本英俊, 樋渡哲也, 中哲夫, Nguyen Ngoc Tam, 森本秀夫, 倉前宏行, 「異周速圧延アルミニウム合金板材のLDH成形評価実験」, 実験力学, Vol. 8, No. 1, pp. 52-58, (2008). LinkIconDOI: 10.11395/jjsem.8.52
  33. 上辻靖智, 佐藤優, 長倉秀幸, 西岡久尚, 倉前宏行, 槌谷和義, 「電子線後方散乱法による圧電セラミックスの結晶形態分析とそれを用いた マルチスケール有限要素解析」, 日本機械学会論文集(A編), 74巻739号, pp. 342-347, (2008). LinkIconDOI: 10.1299/kikaia.74.342
  34. 仲町英治, 前田喬之, Nguyen Ngoc TAM, 中村康範, 上辻靖智, 倉前宏行, 森本秀夫, 「自動車用板材の塑性特性評価のためのEBSD・結晶均質化有限要素解析」, 日本機械学会論文集(A編), 74巻739号, pp. 348-355, (2008). LinkIconDOI: 10.1299/kikaia.74.348
  35. 倉前宏行, 西岡久尚, 上辻靖智, 仲町英治, 「マルチスケール圧電解析のための並列反復計算法の開発と性能評価」, Transactions of JSCES, Vol. 2007, 20070033, (2007) . LinkIconJ-STAGE
  36. 仲町英治, 藤田宏平, 萩里雄大, 上辻靖智, 倉前宏行, 森本秀夫, 「移動硬化則に基づく純鉄多結晶体の結晶均質化弾/結晶粘塑性有限要素解析」, 日本機械学会論文集(A編), 72巻713号, pp. 1-7, (2006). LinkIconDOI: 10.1299/kikaia.72.1
  37. Tomoyoshi Horie, Hiroyuki Kuramae, Eiji Miyagaki and Tomomasa Nishikawa, "Development of domain decomposition method with meshless virtual nodes (verification of method and parallel performance evaluation)", JSME International Journal Series A, Vol. 44, No. 3, pp. 338-345, (2001). LinkIconDOI: 10.1299/jsmea.44.338
  38. 堀江知義, 倉前宏行, 宮垣英司, 西河智雅, 「メッシュレス仮想節点付き領域分割法の開発(第1報,手法の検証および並列性能評価)」, 日本機械学会論文集(A編), 66巻644号, pp. 677-684, (2000). LinkIconDOI: 10.1299/kikaia.66.677
  39. 島野顕継, 倉前宏行, 松本政秀, 「ネットワーク型ソフト実験のためのシステムの設計と構築」, 大阪工業大学紀要, Vol. 44, No. 2, pp. 31-43, (1999). LinkIconCiNii
  40. 黒葛裕之, 倉前宏行, 「SOHOに関する研究 -新しいワークスタイル-」, オフィス・オートメーション, Vol. 19, No. 2, pp. 57-63, (1998). LinkIconCiNii
  41. Tomoyoshi Horie and Hiroyuki Kuramae, "Possibilities of workstation cluster for parallel finite element analysis", Microcomputers in Civil Engineering, Vol. 12, No. 2, pp. 129-139, (1997). LinkIconDOI: 10.1111/0885-9507.00051
  42. Tomoyoshi Horie, Hiroyuki Kuramae and Tomoya Niho, "Parallel electromagnetic-mechanical coupled analysis using combined domain decomposition method", IEEE Transactions on Magnetics, Vol. 33, No. 2, pp. 1792-1795, (1997). LinkIconDOI: 10.1109/20.582623
  43. 堀江知義, 倉前宏行, 「高速ネットワークを用いたワークステーションクラスタによる並列有限要素解析性能」, 日本機械学会論文集(A編), 62巻603号, pp. 2462-2467, (1996). LinkIconDOI: 10.1299/kikaia.62.2462
  44. Tomoyoshi Horie and Hiroyuki Kuramae, "Evaluation of parallel performance of large scale computing using workstation cluster", Computational Mechanics, vol. 17, pp. 234-241, (1996). LinkIconDOI: 10.1007/BF00364826
  45. 堀江知義, 倉前宏行, 「ネットワーク上のワークステーションによる並列有限要素解析および性能評価」, 日本機械学会論文集 (A編), 61巻58号, pp. 861-868, (1995). LinkIconDOI: 10.1299/kikaia.61.861

ページの先頭へ

国際会議発表

  1. Tomoya Niho, Kenji Kubota, Hirochika Aramaki, Hiroyuki Kuramae, Daisuke Ishihara and Tomoyoshi Horie, Microscale Electrical Contact Resistance Analysis for Resistance Spot Welding, VII International Conference on Computational Methods for Coupled Problems in Sciences and Engineering (COUPLED PROBLEMS 2017), Rhodes Island, Greece, June 13, 2017.
  2. Hiroyuki Kuramae, Tomoya Niho, Riku Kusumoto, Jynya Yamada and Tomoryoshi Horie, "Multiscale Finite Element Multiphysics Analysis of Resistance Spot Welding", 10th International Conference on Trends in Welding Research & 9th International Welding Symposium of Japan Welding Society, Hitotsubashi Hall, National Center of Sciences Buiding, Tokyo, Japan, October 12 2016.
  3. Hiroyuki Kuramae, Riku Kusumoto, Junya Yamda, Tomoya Niho and Tomoyoshi Horie, "Multiscale Analysis of Electrical Contact Resistance for Resistance Spot Welding Simulation", 13th US National Congress on Computational Mechanics (USNCCM13), San Diego, USA, July 27, 2015.
  4. Yu Goto, Kouhei Oyabu, Toshihiko Yamaguchi, Hiroyuki Kuramae, Yoshihiro Tomita, Yusuke Morita and Eiji Nakamachi, "Two-scale Thermomechanical Finite Element Analysis of Texture Evolution in the Rolling Process", Coupled Problems 2015, San Servolo Island, Venice, Italy, May 18, 2015.
  5. Tatsuya Oka, Yasutomo Uetsuji, Hiroyuki Kuramae and Kazuyoshi Tsuchiya, "Multiscale Nonlinear Analysis of Ferroelectric Materials at Morphotropic Phase Boundary", The Fourth Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures, October 12 2014, Nara, Japan.
  6. Yuta Kuroki, Takuya Kiriyama, Hirokoi Muraoka, Keita Kawasaki, Takuma Murakami, Hiroyuki Kuramae, Hideo Horibe, Tomosumi Kamimura, "Mechanisms of laser resist stripping without occurring the laser damage to Si wafer", XLVI Annual Symposium on Optical Materials for High-Power Lasers (2014 Laser Damage), National Institute of Standards and Technology (NIST), Boulder, Colorado, USA, 14-17 September 2014.
  7. Hiroyuki Kuramae, Tomoya Niho and Tomoyoshi Horie, "3-D Micro-FE Analysis of Electrical Contact Resistance for Resistance Spot Welding", 11th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XI), July 21, 2014, Barcelona, Spain.
  8. Hiroyuki Kuramae, Takeshi Honda, Hideo Morimoto, Yusuke Morita and Eiji Nakamachi, "Process Metallurgy Analyses for High Bendability and Springback Property Sheet Design by Using Multi-scale Finite Element Method", 10th International Conference of Computational Methods in Sciences and Engineering, AIP Conference Procceedings 1618, pp. 311-314, April 4 2014, Athens, Greece. LinkIconDOI: 10.1063/1.4897736
  9. Toshihiko Yamaguchi, Kohei Oyabu, Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto, Yusuke Morita and Eiji Nakamachi, "Process Metallurgy Analyses of Sheet Rolling by Multi-Scale Finite Element Method based on Thermal Elastic Crystalplasticity Theory", 10th International Conference of Computational Methods in Sciences and Engineering, AIP Conference Procceedings 1618, pp. 319-322, April 4, 2014, Athens, Greece.LinkIconDOI: 10.1063/1.4897738
  10. Eiji Nakamachi, Takashi Yoshida, Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto, Toshihiko Yamaguchi and Yusuke Morita, "Process Metallurgy Simulation for Metal Drawing Process Optimization by Using Two-Scale Finite Element Method", 10th International Conference of Computational Methods in Sciences and Engineering, AIP Conference Procceedings 1618, pp. 323-326, April 4, 2014, Athens, Greece.LinkIconDOI: 10.1063/1.4897739
  11. Kentaro Morimasa, Hiroyuki Kuramae and Yasutomo Uetsuji, "Multiscale Finite Element Simulation of Multiferric Composite Materials", International Conference on Functional Materials and Applications 2013, Tokai University, Hiratsuka, Kanagawa, Japan, December 15-16, 2013.
  12. Tatsuya Oka, Hiroyuki Kuramae and Yasutomo Uetsuji, "Multiscale Nonlinear Analysis of Ferroelectric Materials in Morphotropic Phase Boundary", International Conference on Functional Materials and Applications 2013, Tokai University, Hiratsuka, Kanagawa, Japan, December 15-16, 2013.
  13. Hiroki Muraoka, Yousuke Goto, Yuta Kuroki, Kiwamu Kuroda, Takuya Kiriyama, Hiroyuki Kuramae, Tomosumi Kamimura and Hideo Horibe, "Laser removal of ion-implanted novolak resist without occurring surface laser-induced damage", XLV Annual Symposium on Optical Materials for High-Power Lasers (2013 Laser Damage), National Institute of Standards and Technology (NIST), Boulder, Colorado, USA, 24 September 2013.
  14. Kohei Ohyabu, Takeshi Honda, Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto, Hidetoshi Sakamoto, Yusuke Morita, Eiji Nakamachi, "Process metallurgy analyses of sheet rolling by thermal elastic plastic multi-scale finite element method", Computational Plasticity XII, E. Onate, D.R.J. Owen, P. Peric and B.Suarez eds. CIMNE Barcelona, (2013). (CD-ROM).
  15. Takeshi Honda, Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto, Yusuke Morita, Yasunori Nakamura, Tomiso Ohata, Eiji Nakamachi, "Bending and springback prediction method based on multi-scale finite element analyses for high bendability and low springback sheet generation", Computational Plasticity XII, E. Onate, D.R.J. Owen, P. Peric and B.Suarez eds. CIMNE Barcelona, (2013). (CD-ROM).
  16. Takashi Yoshida, Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto, Toshio Yamaguchi, Tomiso Ohata, Eiji Nakamachi, "Crystal texture evolution analyses in metal drawing processes by using two-scale finite element method", Computational Plasticity XII, E. Onate, D.R.J. Owen, P. Peric and B.Suarez eds. CIMNE Barcelona, (2013). (CD-ROM).
  17. Eiji Nakamachi, Takeshi Honda, Hiroyuki Kuramae, Hidetoshi Sakamoto and Hideo Morimoto, "Process Metallurgy Design of High Formability Sheet Metal by Using Two-Scale Finite Element Analysis and Optimization Algorithm", International Conference on Material Processing Technology 2013, pp. 27-32, June 27-78, 2013, Bangkok, Thailand.
  18. Hiroyuki Kuramae, Hidetoshi Sakamoto and Yasutomo Uetsuji, "Multiscale Analysis of Piezoelectric Material by using EBSD-Measured Realistic Model", CD-ROM Proceedings of Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering V (COUPLED PROBLEM 2013), June 19, 2013, Sta. Eulalia, Ibiza, Spain, Eds.: Idelsohn, S.; Papadrakakis, M.; Schrefler, B. (Full paper is included in the CD-ROM)
  19. Eiji Nakamachi, Naoya Nitta, Yusuke Morita, Hiroyuki Kuramae, Hidetoshi Sakamoto and Yasunori Nakamura, "Development of a multi-scale and multi-physics finite element code for a coupled problem of extracellular matrix and interstitial fluid", CD-ROM Proceedings of Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering V (COUPLED PROBLEM 2013), June 19, 2013, Sta. Eulalia, Ibiza, Spain, Eds.: Idelsohn, S.; Papadrakakis, M.; Schrefler, B.
  20. Yasutomo Uetsuji, Hiroyuki Kuramae and Kazuyoshi Tsuchiya, "Homogenization modeling of multigrain and multidomain structures in piezoelectric materials", CD-ROM Proceedings of the 6th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering (ECCOMAS 2012), September 10-14, 2012, Vienna, Austria, Eds.: Eberhardsteiner, J.; Böhm, H.J.; Rammerstorfer, F.G., Publisher: Vienna University of Technology, Austria, ISBN: 978-3-9502481-9-7.
  21. Naoya Nitta, Hiroyuki Kuramae, Yusuke Morita and Eiji Nakamachi, "Multi-scale and multi-physics finite element analyses of articular cartilage and chondrocyte", CD-ROM Proceedings of the 6th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering (ECCOMAS 2012), September 10-14, 2012, Vienna, Austria, Eds.: Eberhardsteiner, J.; Böhm, H.J.; Rammerstorfer, F.G., Publisher: Vienna University of Technology, Austria, ISBN: 978-3-9502481-9-7.
  22. Takahiro Uchida, Hiroyuki Kuramae, Yusuke Morita and Eiji Nakamachi, "Multi-scale finite element analyses and syntheses of 3D scaffold structure for blood vessel tissue regeneration", CD-ROM Proceedings of the 6th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering (ECCOMAS 2012), September 10-14, 2012, Vienna, Austria, Eds.: Eberhardsteiner, J.; Böhm, H.J.; Rammerstorfer, F.G., Publisher: Vienna University of Technology, Austria, ISBN: 978-3-9502481-9-7.
  23. Hiroyuki Kuramae, Hidetoshi Sakamoto and Yasutomo Uetsuji, "3D-RVE modeling and multiscale analysis of polycrystal piezoelectric material based on EBSD measurement", CD-ROM Proceedings of the 6th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering (ECCOMAS 2012), September 10-14, 2012, Vienna, Austria, Eds.: Eberhardsteiner, J.; Böhm, H.J.; Rammerstorfer, F.G., Publisher: Vienna University of Technology, Austria, ISBN: 978-3-9502481-9-7.
  24. Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "Crystal Plasticity Constitutive Equation Based on Misorientation Theory", 10th World Congress on Computational Mechanics, Sao Paulo, Brazil, July 10, 2012.
  25. Takeshi Honda, Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto, Tomiso Ohata and Tsutao Katayama, "Bentability Evaluation of Copper Alloy Sheet Metal by Multi-scale Finite Element Analyses", 10th World Congress on Computational Mechanics, Sao Paulo, Brazil, July 10, 2012.
  26. Hidetoshi Sakamoto, Hiroyuki Kuramae, Yasunori Nakamura, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "Numerical Verification of Asymmetric Rolling Formability by a Crystal Plasticity Multi-scale Finite Element Analysis Based on the Crystallographic Homogenization Method", 10th World Congress on Computational Mechanics, Sao Paulo, Brazil, July 10, 2012.
  27. Yasutomo Uetsuji, Hiroyuki Kuramae and Kazuyoshi Tsuchiya, "Two-step homogenization simulation of polycrystalline piezoelectric materials", Proc. 38th Solid Mechanics Conference, pp. 214-215, (2012).
  28. Hiroyuki Kuramae, Yasunori Nakamura, Hidetoshi Sakamoto, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "A New Crystal Plasticity Constitutive Equation Based on Crystallographic Misorientation Theory", Computational Plasticity X, E. Onate, D.R.J. Owen, P. Peric and B.Suarez eds. CIMNE Barcelona, (2011). (CD-ROM).
  29. Yasutomo Uetsuji, Syusuke Kimura, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya, Marc Kamlah, "Crystal Morphology and Finite Element Analyses of Piezoelectric Materials", International Workshop on Advanced Materials and Devices, 22 August, 2011.
  30. Yasutomo Uetsuji, Tetsuya Hata, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya, Marc Kamlah, "Multiscale Nonlinear Simulation of Ferroelectric Materials", International Workshop on Advanced Materials and Devices, 22 August, 2011.
  31. Hiroyuki Kuramae and Yasutomo Uetsuji, "Parallel Iterative Partitioned Coupling Procedure for Multi-scale Piezoelectric Finite Element Analysis", Proc. of 2nd International Conference on Computer Technology and Development, pp. 60-64, (2010). LinkIconDOI: 10.1109/ICCTD.2010.5646066
  32. Yuki Ikeya, Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto, Hidetoshi Sakamoto, Tsutao Katayama and Eiji Nakamachi, "Development of New Hardening Evolution Equation based on Crystallographic Misorientation Theory for Multi-scale Finite Element Analysis", Proc. of 2nd International Conference on Computer Technology and Development, pp. 121-125, (2010). LinkIconDOI: 10.1109/ICCTD.2010.5646136
  33. Eiji Nakamachi, Hwisim Hwang, Yasutomo Uetsuji and Hiroyuki Kuramae, "Three-scale Process-crystallographic Analysis of a New Biocompatible Piezoelectric Material MgSiO3 Generation", Proc. of 2nd International Conference on Computer Technology and Development, pp. 206-210, (2010). LinkIconDOI: 10.1109/ICCTD.2010.5645887
  34. Yasutomo Uetsuji, Shusuke Kimura, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya and Marc Kamlah, "Crystal Morphology Analysis of Piezoelectric Ceramics Using Electron BackScatter Diffraction and Its Application to Multiscale Finite Element Analysis", Proc. of the 2nd Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS 2010), (2010).
  35. Yuuki Taniguchi, Yasutomo Uetsuji, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya and Marc Kamlah, "Multiscale Finite Element Modeling for Polycrystalline Ferroelectric Materials", Proc. The 2nd Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS 2010), (2010).
  36. Eiji Nakamachi, Yusuke Morita, Yasuhiro Yamazaki and Hiroyuki Kuramae, "Two scale finite element analysis of bone strength by using a μ-CT measured trabecular tissue representative volume element", Proc. of the 7th International Conference on Engineering Computational Technology, B.H.V. Topping, J.M. Adam, F.J. Pallares, R. Bru, M.L. Romero (Eds.), Civil-Comp Press, Stirlingshire, Scotland, Paper 150, (2010). LinkIconDOI: 10.4203/ccp.94.150
  37. Yasutomo Uetsuji, Tetsuya Hata, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya, Marc Kamlah, "A Multiscale Nonlinear Finite Element Simulation of Domain Switching Behaviors in Piezoelectric Materials", Proc. of the 12th International Congress on Mesomechanics, (2010).
  38. Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "Multi-stage Warm Rolling Process Optimization for High-Formability Aluminum Alloy Sheet Metal Generation Based on Two-scale FEA", 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, Sydney, Australia, July 22, 2010.
  39. Yasutomo Uetsuji, Tetsuya Hata, Hiroyuki Kuramae, Kazuyoshi Tsuchiya and Marc Kamlah, "Development of Multiscale Non-linear Finite Element Method for Ferroelectric Piezoceramics", 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, Sydney, Australia, July 22, 2010.
  40. Yuki Ikeya, Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto, Hidetoshi Sakamoto, Tsutao Katayama and Eiji Nakamachi, "Multi-scale Finite Element Analysis of Crystallographic Misorientation Evolution", 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, Sydney, Australia, July 22, 2010.
  41. Yasuhiro Yamazaki, Hiroyuki Kuramae, Tsutao Katayama, Yusuke Morita and Eiji Nakamachi, "Micro Finite Element Analysis of Trabecular Bone Tissue by Using Micro-CT Measured RVE Model", 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, Sydney, Australia, July 22, 2010.
  42. Yoshiaki Kamimae, Hiroyuki Kuramae, Yusuke Morita and Eiji Nakamachi, "Development of Dynamic Multi-scale Finite Element Analysis Code for Brain Injury Prediction", 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, Sydney, Australia, July 20, 2010.
  43. Koshiro Onishi, Hidetoshi Sakamoto, Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "Asymmetric cold / warm rolling simulation by crystal plasticity multi-scale finite element analysis based on crystallographic homogenization", Proc. of the 10th International Conference on Numerical Methods in Industrial Forming Processes, (2010). LinkIconDOI: 10.1063/1.3457645
  44. Hiroyuki Kuramae, Hidetoshi Sakamoto, Yasunori Nakamura, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "Microstructure Design for High Formability Aluminum Alloy Sheet Metal Based on Crystallographic Homogenized Multi-Scale Analysis", Computational Plasticity X, E. Onate, D.R.J. Owen and B.Suarez eds. CIMNE Barcelona, (2009). (CD-ROM).
  45. Yuki Ikeya, Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto, Hidetoshi Sakamoto, Eiji Nakamachi and Tsutao Katayama, "Multi-Scale Finite Element Analysis of LDH Tests Based on Crystallographic Homogenization Method", Computational Plasticity X, E. Onate, D.R.J. Owen and B.Suarez eds. CIMNE Barcelona, (2009). (CD-ROM).
  46. Hidetoshi Sakamoto, Yoshifumi Ohbuchi, Hiroyuki Kuramae and Shinjiro Kawabe, "Experimental and numerical analyses of high-speed fracture behaviors in glass bottles by using underwater shockwave", 27th International Symposium on Shock Waves, St.-Petersburg, Russia, July 21, 2009.
  47. Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "Rolling Process Design for High Formability Aluminum Alloy Sheet Metal Based on Crystallographic Homogenized Multi-scale Finite Element Method", 10th US National Congress on Computational Mechanics, Columbus, Ohio, USA, July 17, 2009.
  48. Eiji Nakamachi, Yusuke Morita and Hiroyuki Kuramae, "Multi-Scale Finite Element Analysis of Head Injury by Employing Micro Blood Vessel and Nerve Cell Tissue Models", 10th US National Congress on Computational Mechanics, Columbus, Ohio, USA, July 16, 2009.
  49. Hiroyuki Kuramae, Yasunori Nakamura, Hidetoshi Sakamoto, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "Parallel multi-scale finite element analyses of LDH tests based on Crystallographic Homogenization Method", Proc. of the 7th International Conference and Workshop on Numerical Simulation of 3D Sheet Metal Forming Processes, P. Hora ed., Part A, pp. 351-356, (2008).
  50. Shouji Takahashi, Eiji Nakamachi, Kazuto Tanaka, Tsutao Katayama and Hiroyuki Kuramae, "Sheet metal process design by using multi-scale finite element analysis and optimization algorithm", Proc. of the 7th International Conference and Workshop on Numerical Simulation of 3D Sheet Metal Forming Processes, P. Hora ed., Part A, pp. 373-378, (2008).
  51. Hiroyuki Kuramae, Hisanao Nishioka, Yasutomo Uetsuji and Eiji Nakamachi, "Parallel multi-scale finite element procedure for piezoelectric material", 8th World Congress on Computational Mechanics & 5th European Comgress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering, Venice, Italy, July 27, 2008.
  52. Hidetoshi Sakamoto, Eiji Nakamachi, Hiroyuki Kuramae and Hideo Morimoto, "Multi-scale FE analyses of LDH sheet formability tests based on SEM-EBSD crystal texture measurement", Proc. of 2007 International Symposium on Nano Science and Technology, pp. 55-56, (2007).
  53. Hidetoshi Sakamoto, Tetsuya Hiwatashi, Eiji Nakamachi, Hiroyuki Kuramae and Hideo Morimoto, "A6022 sheet formability based on SEM-EBSD crystal texture measurement", Proc. of 2007 International Symposium on Nano Science and Technology, pp. 89-90, (2007).
  54. Yuichi Ito, Hiroyuki Kuramae and Eiji Nakamachi, "A multi-scale finite element analysis of head injury by employing a macro blood vessel-brain tissue model", Proc. of The 3rd World Congress on Bioengineering 2007, (CD-ROM), (2007).
  55. Hiroyuki Kuramae, Nguyen Ngoc Tam, Yasunori Nakamura, Hidetoshi Sakamoto, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "SEM-EBSD based realistic modeling and crystallographic homogenization FE analyses of LDH formability Tests", Materials Processing and Design: Modeling, Simulation and Applications, J.M.A. Cesar de Sa, Abel D. Santos eds. American Institute of Physics, (Proc. of the 9th International Conference on Numerical Methods in Industrial Forming Processes), Part I, pp. 123-128, (2007). LinkIconDOI: 10.1063/1.2740799
  56. Eiji Nakamachi, Hiroyuki Kuramae, Nguyen Ngoc Tam, Yasunori Nakamura, Hidetoshi Sakamoto and Hideo Morimoto , "Development of multi-scale finite element analysis codes for high formability sheet metal generation", Materials Processing and Design: Modeling, Simulation and Applications, J.M.A. Cesar de Sa, Abel D. Santos eds. American Institute of Physics, (Proc. of the 9th International Conference on Numerical Methods in Industrial Forming Processes), Part I, pp. 215-220, (2007). LinkIconDOI: 10.1063/1.2740814
  57. Nguyen Ngoc Tam, Yasunori Nakamura, Toshihiro Terao, Hiroyuki Kuramae, Eiji Nakamachi, Hidetoshi Sakamoto and Hideo Morimoto , "Asymmetric rolling process simulations by dynamic explicit crystallographic homogenized finite element method", Materials Processing and Design: Modeling, Simulation and Applications, J.M.A. Cesar de Sa, Abel D. Santos eds. American Institute of Physics, (Proc. of the 9th International Conference on Numerical Methods in Industrial Forming Processes), Part I, pp. 613-618, (2007). LinkIconDOI: 10.1063/1.2740878
  58. Hiroyuki Kuramae and Eiji Nakamachi, "Parallel multi scale sheet forming analysis based on crystallographic homogenization method", International Symposium on Understanding of Complex Pattern Dynamics, St. Catherine's College (University of Oxford), Kobe Institute, Kobe, September 29, 2006.
  59. Hiroyuki Kuramae, Hideo Morimoto and Eiji Nakamachi, "Parallel multi-scale sheet forming analysis based on crystallographic homogenization method", 7th World Congress on Computational Mechanics, Los Angeles California, USA, July 17, 2006.
  60. Hiroyuki Kuramae, Kenji Okada, Michinori Yamamoto, Masanori Tsuchimura, Hidetoshi Sakamoto and Eiji Nakamachi, "Parallel performance evaluation of multi-scale finite element analysis based on crystallographic homogenization method", Computational Plasticity, D.R.J. Owen, E. Onate, B.Suarez eds. CIMNE Barcelona, Part 1, pp. 622-625, (2005).
  61. Eiji Nakamachi, Hiroyuki Kuramae, Yasunori Nakamura and Hidetoshi Sakamoto, "Crystallographic homogenization elastoplastic finite element analyses of polycrystal sheet material", Computational Plasticity, D.R.J. Owen, E. Onate, B.Suarez eds. CIMNE Barcelona, Part 1, pp. 614-617, (2005).
  62. Hiroyuki Kuramae, Kenji Okada, Nguyen Ngoc Tam, Yasunori Nakamura, Yasutomo Uetsuji and Eiji Nakamachi, "Parallel computing of multi-scale finite element sheet forming analyses Based on Crystallographic Homogenization Method", Proc. of the 6th International Conference and Workshop on Numerical Simulation of 3D Sheet Metal Forming Processes, Part A, pp. 451-456, (2005). LinkIconDOI: 10.1063/1.2011261
  63. Hideo Morimoto, Eiji Nakamachi, Hiroyuki Kuramae, Takehiro Hagisato, "Unit cell definition of polycrystal sheet material based SEM-EBSD analyses", Proc. of the 6th International Conference and Workshop on Numerical Simulation of 3D Sheet Metal Forming Processes, Part A, pp. 427-432, (2005). LinkIconDOI: 10.1063/1.2011257
  64. Kohji Kamejima, Masahide Matsumoto, Hiroyuki Kuramae and Akitsugu Shimano, "Software laboratory network for undergraduate education of system level engineering", Proc. of the 3rd International Conference on Education and Information Systems, pp. 235-240, (2005).
  65. Hiroyuki Kuramae and Eiji Nakamachi, "Delevlopment of parallel multi-scale finite element method based on crystalline homogenization considering dynamic load allocation", Abstracts of the Regular Sessions of 6th World Congress on Computational Mechanics in conjunction with the Second Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics, Vol. 2, p. 475, ProceedingsはCD-ROMに掲載, (2004).
  66. Hiroyuki Kuramae, Akitsugu Shimano, Akinori Kimura, Masahide Matsumoto, Yoshiki Furuno and Kohji Kamejima, "Integration of user account database on multiple OS environment", Proc. of IEEE Region 10 Conference on Computers, Communications, Control And Power Engineering, Vol. I, pp. 176-179, (2002). LinkIconDOI: 10.1109/TENCON.2002.1181243
  67. Hiroyuki Kuramae, Akitsugu Shimano, Akinori Kimura, Masahide Matsumoto, Yoshiki Furuno and Kohji Kamejima, "User account management of PC cluster system for education using directory service", Proc. World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics, Vol. VIII, pp. 68-73, (2001).
  68. Akitsugu Shimano and Hiroyuki Kuramae, "Design and construction of educational computer system using self-maintenance system for files and user identification agent", Proc. 9th IEEE International Workshop on Robot and human Interactive Communication, pp. 23-28, (2000). LinkIconDOI: 10.1109/ROMAN.2000.892464
  69. Hiroyuki Kuramae, Tomoyoshi Horie and Eiji Miyagaki, "Meshless interface nodes for domain decomposition method", Advances in Computational Engineering Science, S. N. Atluri and G. Yagawa eds. (Tech Science Press, Georgia), pp. 924-929, (1997).
  70. Tomoyoshi Horie, Hiroyuki Kuramae and Eiji Miyagaki, "Development of high-performance domain decomposition method using least square method among subdomains", Advances in Computational Engineering Science, S. N. Atluri and G. Yagawa eds. (Tech Science Press, Georgia), pp. 670-675, (1997).
  71. Tomoyoshi Horie, Hiroyuki Kuramae and Tomoya Niho, "Parallel electromagnetic-mechanical coupled analysis using combined domain decomposition method", The Seventh Biennial IEEE Conference on Electromagnetic Field Computation, Okayama, Japan, March 1996.
  72. Tomoyoshi Horie and Hiroyuki Kuramae, "Parallel computing procedures for an electromagnetic-mechanical coupled problem using workstation cluster", Computational Mechanics '95, S. N. Atluri, G. Yagawa and T. A. Cruse eds. (Springer), pp. 399-404, (1995).
  73. Tomoyoshi Horie and Hiroyuki Kuramae, "Evaluation of parallel performance of large scale computing using workstation network", The Third World Congress on Computational Mechanics, Chiba, Japan, August 1994.

ページの先頭へ

国内学会発表(口頭発表)

  1. 倉前宏行, 二保知也, 荒牧弘親, 大矢健吾, 堀江知義, マルチスケール抵抗スポット溶接解析のための微視有限要素モデルの検討, 日本機械学会 第30回計算力学講演会, 近畿大学東大阪キャンパス(大阪府東大阪市), 2017年9月16日.
  2. 二保知也, 倉前宏行, 荒牧弘親, 中野陽介, 石原大輔, 堀江知義, 抵抗スポット溶接解析における構造・電流・熱伝導3連成モデルおよび微視接触電気抵抗解析モデルの検討, 第64回理論応用力学講演会, 機械振興会館(東京都港区), 2017年8月22日.
  3. 二保知也, 倉前宏行, 楠本陸, 山田純也, 堀江知義, 「ミクロスケール接触電気抵抗解析とマクロスケール弾塑性接触・電流・熱伝導3連成解析によるマルチスケール抵抗スポット溶接解析」, 日本機械学会 第29回計算力学講演会, 名古屋大学東山キャンパス(名古屋市), 2016年9月23日.
  4. 倉前宏行, 二保知也, 楠本陸, 山田純也, 堀江知義, 「微視接触電気抵抗解析に基づく抵抗スポット溶接のマルチスケール連成シミュレーション」, 日本機械学会 第28回計算力学講演会, 横浜国立大学(横浜市), 2015年10月10日.
  5. 楠本陸, 二保知也, 倉前宏行, 堀江知義, 「微視接触電気抵抗解析による温度・圧力・表面形状の接触電気抵抗への影響の検討」, 日本機械学会 第28回計算力学講演会, 横浜国立大学(横浜市), 2015年10月10日.
  6. 和田剛, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「マルチスケール解析による多結晶マルチフェロイック複合材料の機械的特性評価」, 日本機械学会 関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会, 京都大学 桂キャンパス(京都市), 2015年3月14日.
  7. 倉前宏行, 楠本陸, 二保知也, 堀江知義, 「マルチスケール接触電気抵抗解析に基づく抵抗スポット溶接シミュレーション」, 日本機械学会 第27回計算力学講演会, 岩手大学工学部(岩手県盛岡市), 2014年11月23日.
  8. 岡達也, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「モルフォトロピック相境界における強誘電体のマルチスケール非線形解析」, 日本機械学会 第27回計算力学講演会, 岩手大学工学部(岩手県盛岡市), 2014年11月23日.
  9. 倉前宏行, 楠本陸, 二保知也, 堀江知義, 「ミクロ接触電気抵抗解析を考慮した抵抗スポット溶接のマルチスケールシミュレーション」, 第63回理論応用力学講演会, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 2014年9月28日.
  10. 倉前宏行, 「高成形能Al合金板材創製のための多段圧延工程・微視結晶最適設計」, 第12回天田財団助成研究成果発表会<日本塑性加工学会 平成26年度 塑性加工春季講演会に併設>, つくば国際会議場(茨城県つくば市), 2014年6月6日.
  11. 黒木雄太, 村岡宏樹, 桐山拓也, 黒田極, 倉前宏行, 神村共住, 堀邊英夫, 「レーザー照射を用いたイオン注入レジスト剥離技術の開発」, レーザー学会学術講演会第31回年次大会, 北九州国際会議場メインホール(北九州市), 2014年1月20日.
  12. 倉前宏行, 石川翔太, 二保知也, 堀江知義, 「抵抗スポット溶接のための3次元ミクロ接触電気抵抗解析」, 日本機械学会 第26回計算力学講演会, 佐賀大学 (佐賀市), 2013年11月4日.
  13. 倉前宏行, 上辻靖智, 「多結晶圧電セラミックスの3次元EBSD計測代表体積要素サイズの同定」, 日本機械学会 第26回計算力学講演会, 佐賀大学 (佐賀市), 2013年11月4日.
  14. 森政賢太郎, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「均質化法に基づくマルチフェロイック複合材料のマルチスケールシミュレーション」, 日本機械学会 第26回計算力学講演会, 佐賀大学 (佐賀市), 2013年11月2日.
  15. 本田武志, 倉前宏行, 大畑富相, 森本秀夫, 森田有亮, 仲町英治, 「曲げ加工性・スプリングバック特性最適化のためのマルチスケール・プロセスメタラジー解析手法の開発」, 日本機械学会 第26回計算力学講演会, 佐賀大学 (佐賀市), 2013年11月2日.
  16. 森政賢太郎, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「均質化法に基づくマルチフェロイック複合材料のマルチスケール有限要素解析」, 日本機械学会 M&M2013 材料力学カンファレンス, 岐阜大学(岐阜市), 2013年10月13日.
  17. 野寄哲也, 松本政秀, 倉前宏行, 「溝型ウィックを有する直管型ヒートパイプのマルチスケール熱流体連成解析」, 日本機械学会 関西支部第88期定時総会講演会, 大阪工業大学 大宮キャンパス (大阪市旭区), 2013年3月17日.
  18. 森政賢太郎, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「マルチフェロイック複合材料の巨視特性に及ぼす微視結晶構造の影響」, 日本機械学会 関西支部第88期定時総会講演会, 大阪工業大学 大宮キャンパス (大阪市旭区), 2013年3月17日.
  19. 浅野浩司, 倉前宏行, 森田有亮, 仲町英治, 「マルチフィジックス有限要素解析によるヒト膝関節および半月板の力学機能評価」, 日本機械学会 関西支部第88期定時総会講演会, 大阪工業大学 大宮キャンパス (大阪市旭区), 2013年3月16日.
  20. 新田那小哉, 倉前宏行, 森田有亮, 仲町英治, 「関節軟骨および軟骨細胞のマルチスケール・マルチフィジックス解析手法の開発」, 日本機械学会 関西支部第88期定時総会講演会, 大阪工業大学 大宮キャンパス (大阪市旭区), 2013年3月16日.
  21. 中西凌太, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「モルフォトロピック相境界における強誘電体のマルチスケール解析」, 日本機械学会 関西学生会平成24年度学生員卒業研究発表講演会, 大阪工業大学 大宮キャンパス (大阪市旭区), 2013年3月15日.
  22. 大藪皓平, 本田武志, 倉前宏行, 仲町英治, 森田有亮, 「熱弾塑性マルチスケール有限要素法による圧延プロセスメタラジー解析」, 日本機械学会 関西学生会平成24年度学生員卒業研究発表講演会, 大阪工業大学 大宮キャンパス (大阪市旭区), 2013年3月15日.
  23. 小西邑治, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「新ムーニー型アクチュエータを用いたマイクロミキサの圧電‐流体連成解析」, 日本機械学会 関西学生会平成24年度学生員卒業研究発表講演会, 大阪工業大学 大宮キャンパス (大阪市旭区), 2013年3月15日.
  24. 堤正義, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「ドメイン・スイッチングおよび構造相転移を考慮した強誘電体のマルチスケール非線形解析」, 日本機械学会 第20回機械材料・材料加工技術講演会M&P2012, 大阪工業大学 大宮キャンパス (大阪市旭区), 2012年12月1日.
  25. 新田那小哉, 倉前宏行, 森田有亮, 仲町英治, 「関節軟骨・細胞のマルチスケール・マルチフィジックス有限要素解析手法の開発」, 日本機械学会 第25回計算力学講演会, 神戸ポートアイランド南地区 (神戸市), 2012年10月8日.
  26. 内田享宏, 倉前宏行, 森田有亮, 仲町英治, 「応力誘起平滑筋細胞活性のためのマルチスケール有限要素解析」, 日本機械学会 第25回計算力学講演会, 神戸ポートアイランド南地区 (神戸市), 2012年10月8日.
  27. 浅野浩司, 倉前宏行, 森田有亮, 仲町英治, 「有限要素解析を用いたヒト膝関節および半月板の力学機能評価手法の開発」, 日本機械学会 第25回計算力学講演会, 神戸ポートアイランド南地区 (神戸市), 2012年10月8日.
  28. 石川翔太, 二保知也, 倉前宏行, 堀江知義, 「抵抗スポット溶接解析のためのミクロ接触電気抵抗解析」, 日本機械学会 第25回計算力学講演会, 神戸ポートアイランド南地区 (神戸市), 2012年10月7日.
  29. 本田武志, 倉前宏行, 大畑富相, 森本秀夫, 森田有亮, 「マルチスケール有限要素解析による集合組織が曲げ加工性に及ぼす影響の評価」, 日本機械学会 第25回計算力学講演会, 神戸ポートアイランド南地区 (神戸市), 2012年10月7日.
  30. 堤正義, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「ドメイン・スイッチングおよび構造相転移を考慮した強誘電体のマルチスケールシミュレーション」, 日本機械学会 M&M2012材料力学カンファレンス, 愛媛大学 城北地区キャンパス (愛媛県松山市), 2012年9月22日.
  31. 森政賢太郎, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「マルチフェロイック複合材料のマルチスケールシミュレーション」, 日本機械学会 M&M2012材料力学カンファレンス, 愛媛大学 城北地区キャンパス (愛媛県松山市), 2012年9月22日.
  32. 倉前宏行, 上辻靖智, 「3次元EBSD結晶形態計測に基づく圧電材料のRVEモデリング」, 日本計算工学会 第17回計算工学講演会, 京都教育文化センター (京都市左京区), 2012年5月30日.LinkIconCiNii
  33. 内田享宏, 倉前宏行, 森田有亮, 仲町英治, 「細胞活性のための人工再生血管の最適構造設計手法の開発」, 日本機械学会 関西支部第87期定時総会講演会, 関西大学 (大阪府吹田市), 2012年3月17日.
  34. 新田那小哉, 倉前宏行, 森田有亮, 仲町英治, 「関節軟骨・細胞のマルチスケール・マルチフィジックス有限要素解析」, 日本機械学会 関西支部第87期定時総会講演会, 関西大学 (大阪府吹田市), 2012年3月17日.
  35. 浅野浩司, 倉前宏行, 森田有亮, 仲町英治, 「高解像度MR画像によるヒト膝関節および半月板有限要素モデルを用いた応力解析」, 日本機械学会 関西支部第87期定時総会講演会, 関西大学 (大阪府吹田市), 2012年3月17日.
  36. 本田武志, 倉前宏行, 森本秀夫, 森田有亮, 仲町英治, 「マルチスケール有限要素解析による銅合金板材の曲げ加工性評価」, 日本機械学会 関西学生会平成23年度学生員卒業研究発表講演会, 関西大学 (大阪府吹田市), 2012年3月15日.
  37. 森政賢太郎, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「マルチフェロイック複合材料のためのマルチスケール解析の開発」, 日本機械学会 関西学生会平成23年度学生員卒業研究発表講演会, 関西大学 (大阪府吹田市), 2012年3月15日.
  38. 西口忠志, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「新型ムーニーアクチュエータによるバルブレス圧電ポンプの開発」, 日本機械学会 関西学生会平成23年度学生員卒業研究発表講演会, 関西大学 (大阪府吹田市), 2012年3月15日.
  39. 西口忠志, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「圧電-流体連成解析によるバルブレス圧電ポンプの性能評価」, 日本学術会議 第61回理論応用力学講演会, 東京大学, 2012年3月8日.LinkIconCiNii
  40. 森政賢太郎, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「マルチフェロイック複合材料のマルチスケールモデリング」, 日本学術会議 第61回理論応用力学講演会, 東京大学, 2012年3月8日.LinkIconCiNii
  41. 倉前宏行, 本田武志, 坂本英俊, 森本秀夫, 仲町英治, 「ミスオリエンテーション理論に基づく結晶塑性マルチスケール有限要素解析」, 日本機械学会 第24回計算力学講演会, 岡山大学津島キャンパス (岡山市), 2011年10月9日. LinkIconCiNii
  42. 堤正義, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「ドメイン・スイッチングおよび構造相転移を考慮した強誘電体のマルチスケール解析」, 日本機械学会 第24回計算力学講演会, 岡山大学津島キャンパス (岡山市), 2011年10月9日. LinkIconCiNii
  43. 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「多結晶および多分域構造の階層的モデリングによる圧電材料の特性評価」, 日本機械学会 第24回計算力学講演会, 岡山大学津島キャンパス (岡山市), 2011年10月9日. LinkIconCiNii
  44. 金剛輝幸, 上辻靖智, 倉前宏行, 座古勝, 「三次元織物複合材料の損傷非線形挙動における大規模並列有限要素解析」, 日本機械学会 第24回計算力学講演会, 岡山大学津島キャンパス (岡山市), 2011年10月9日. LinkIconCiNii
  45. 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「2次元および3次元EBSD結晶形態に基づいた圧電材料のマルチスケール解析」, 日本機械学会 M&M2011材料力学カンファレンス, 九州工業大学戸畑キャンパス (北九州市戸畑区), 2011年7月17日. LinkIconCiNii
  46. 倉前宏行, 森本秀夫, 仲町英治, 「結晶方位差理論に基づく結晶塑性構成式を用いたマルチスケール解析」, 日本計算工学会 第16回計算工学講演会, 東京大学柏キャンパス総合研究棟 (千葉県柏市), 2011年5月25日. LinkIconCiNii
  47. 平田慎太郎, 倉前宏行, 松本政秀, 「三次元有限要素モデルに基づく直管型ヒートパイプの熱輸送特性解析」, 日本機械学会関西支部第86期定時総会講演会, 京都工芸繊維大学(京都市), 2011年3月20日. LinkIconCiNii
  48. 鄒榕, 大畑富相, 中村康範, 倉前宏行, 森本秀夫, 仲町英治, 「マルチスケール有限要素法を用いたアルミ板材の異周速2段圧延における最適圧延条件の探索」, 日本機械学会関西支部第86期定時総会講演会, 京都工芸繊維大学(京都市), 2011年3月20日. LinkIconCiNii
  49. 神前幸明, 倉前宏行, 森田有亮, 片山傳生,仲町英治, 「マルチスケール有限要素法による頭部衝突事故における脳血管および神経細胞損傷解析」, 日本機械学会関西支部第86期定時総会講演会, 京都工芸繊維大学(京都市), 2011年3月19日. LinkIconCiNii
  50. 岸勇介, 平盛智己, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「新型アクチュエータによるバルブレス圧電ポンプの開発」, 日本機械学会関西支部平成22年度学生員研究発表講演会, 京都工芸繊維大学(京都市), 2011年3月18日.
  51. 堤正義, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「構造相転移を考慮した強誘電体のマルチスケール解析」, 日本機械学会関西支部平成22年度学生員研究発表講演会, 京都工芸繊維大学(京都市), 2011年3月18日.
  52. 倉前宏行, 上辻靖智, 「EBSD結晶形態を導入した分離反復型マルチスケール圧電有限要素解析の収束特性」, 日本応用数理学会 環瀬戸内応用数理研究部会 第14回シンポジウム, 岡山理科大学(岡山市), 2011年1月22日.
  53. 山崎恭裕, 倉前宏行, 坂本英俊, 片山傳生, 仲町英治, 「マルチスケール有限要素解析を用いた海面骨・骨梁強度評価手法開発」, 日本機械学会 第23回バイオエンジニアリング講演会, 熊本大学工学部(熊本県熊本市), 2011年1月8日. LinkIconCiNii
  54. 倉前宏行, 大畑富相, 坂本英俊, 仲町英治, 森本秀夫, 「結晶塑性マルチスケールFEMに基づくAl合金板材の異周速圧延プロセスメタラジー」, 日本塑性加工学会 第61回塑性加工連合講演会, 山形大学工学部(山形県米沢市), 2010年10月16日.
  55. 池谷友規, 倉前宏行, 森本秀夫, 坂本英俊, 片山傳生, 仲町英治, 「マルチスケール有限要素解析のための結晶方位差理論に基づく新硬化発展式の開発」, 日本塑性加工学会 第61回塑性加工連合講演会, 山形大学工学部(山形県米沢市), 2010年10月17日.
  56. 金剛輝幸, 上辻靖智, 倉前宏行, 座古 勝, 「大規模並列有限要素法による織物複合材料の非線形損傷解析」, 日本機械学会 M&M2010材料力学カンファレンス, 長岡技術科学大学(新潟県長岡市), 2010年10月11日. LinkIconCiNii
  57. 平盛智己, 上辻靖智, 倉前宏行, 槌谷和義, 「バルブレス圧電ポンプの圧電-流体連成有限要素解析」, 日本機械学会 M&M2010材料力学カンファレンス, 長岡技術科学大学(新潟県長岡市), 2010年10月11日. LinkIconCiNii
  58. 金剛輝幸, 上辻靖智, 倉前宏行, 座古勝, 「織物複合材料の損傷進展挙動に対する大規模並列有限要素解析」, 日本材料学会2010年度JCOM若手シンポジウム, 城崎大会議館(兵庫県豊岡市), 2010年8月27日.
  59. 倉前宏行, 木村周介, 上辻靖智, 「3次元EBSD計測モデルを用いた並列分離反復型連成法に基づくマルチスケール圧電解析」, 日本計算工学会 第15回計算工学講演会, 九州大学医学部百年講堂 (福岡市東区), 2010年5月27日. LinkIconCiNii
  60. 倉前宏行, 「結晶塑性マルチスケールFEMに基づくAl合金板材の異周速圧延プロセス設計」, 第6回NCPフォーラム・機械の強度と形態研究懇話会(日本機械学会関西支部), おごと温泉・湯の宿 木もれび(滋賀県大津市), 2010年3月29日.
  61. 山崎恭裕, 倉前宏行, 片山傳生, 仲町英治, 「3次元ミクロ有限要素海綿骨モデルを用いた骨梁強度解析」, 日本機械学会関西支部第85期定時総会講演会, 神戸大学工学部キャンパス(神戸市灘区), 2010年3月17日. LinkIconCiNii
  62. 神前幸明, 倉前宏行, 片山傳生, 仲町英治, 「マルチスケール有限要素法による脳血管および脳神経細胞損傷解析」, 日本機械学会関西支部第85期定時総会講演会, 神戸大学工学部キャンパス(神戸市灘区), 2010年3月17日. LinkIconCiNii
  63. 池谷友規, 倉前宏行, 森本秀夫, 坂本英俊, 片山傳生, 仲町英治, 「結晶均質化法マルチスケール有限要素解析による板材のミクロ・マクロ変形特性評価」, 日本機械学会関西支部第85期定時総会講演会, 神戸大学工学部キャンパス(神戸市灘区), 2010年3月17日. LinkIconCiNii
  64. 鄒榕, 大畑富相, 中村康範, 倉前宏行, 森本秀夫, 仲町英治, 「マルチスケール有限要素法による高成形能アルミ板材の2段圧延解析」, 日本機械学会関西支部第85期定時総会講演会, 神戸大学工学部キャンパス(神戸市灘区), 2010年3月17日. LinkIconCiNii
  65. 金剛輝幸, 上辻靖智, 倉前宏行, 座古勝, 「大規模並列有限要素法による織物複合材料の損傷解析」, 日本機械学会関西学生会平成21年度学生員卒業研究発表講演会, 神戸大学工学部キャンパス(神戸市灘区), 2010年3月15日.
  66. 倉前宏行, 「全学システムと連携した学科PC教室の設計と運用」, CAUA 第8回合同研究分科会, メルパルク大阪(大阪), 2009年12月8日.
  67. 大西孝士郎, 坂本英俊, 倉前宏行, 仲町英治, 森本秀夫, 「結晶塑性マルチスケール有限要素法による冷間・温間異周速圧延解析」, 日本機械学会 第22回計算力学講演会, 金沢大学角間キャンパス (金沢市), 2009年10月12日. LinkIconCiNii
  68. 倉前宏行, 「結晶塑性マルチスケール解析による異周速圧延プロセス設計」, 日本材料学会 塑性工学部門委員会 第57回 材料データベース研究分科会, 日本材料学会 (京都市), 2009年10月5日.
  69. 山崎恭裕, 倉前宏行, 田中和人, 森田有亮, 片山傳生, 仲町英治, 「海綿骨の微視・巨視機械特性評価のためのトラス有限要素解析法の開発」, 日本機械学会 M&M 2009材料力学カンファレンス, 札幌コンベンションセンター (札幌市), 2009年7月26日. LinkIconCiNii
  70. 平盛智己, 上辻靖智, 槌谷和義, 倉前宏行, 「圧電−流体連成有限要素解析による圧電ポンプの性能評価」, 日本機械学会 M&M 2009材料力学カンファレンス, 札幌コンベンションセンター (札幌市), 2009年7月26日. LinkIconCiNii
  71. 木村周介, 谷口祐樹, 倉前宏行, 槌谷和義, 上辻靖智, 「EBSD結晶方位分布に基づいた圧電材料のマルチスケール解析 -代表体積要素の検討-」, 日本機械学会 M&M 2009材料力学カンファレンス, 札幌コンベンションセンター (札幌市), 2009年7月26日. LinkIconCiNii
  72. 畑徹弥, 倉前宏行, 槌谷和義, 上辻靖智, 「ドメイン・スイッチングを考慮した多結晶圧電材料のマルチスケール非線形有限要素解析」, 日本機械学会 M&M 2009材料力学カンファレンス, 札幌コンベンションセンター (札幌市), 2009年7月26日. LinkIconCiNii
  73. 谷口祐樹, 木村周, 倉前宏行, 槌谷和義, 上辻靖智, 「EBSD結晶方位分布に基づいた圧電材料のマルチスケール解析 -ミクロ有限要素モデリングの検討-」, 日本機械学会 M&M 2009材料力学カンファレンス, 札幌コンベンションセンター (札幌市), 2009年7月25日. LinkIconCiNii
  74. 仲町英治, 倉前宏行, 片山傳生, 森本秀夫, 「結晶塑性マルチスケール解析手法と離散最適化手法を用いた圧延プロセス最適設計」, 日本塑性加工学会 平成21年度(第40回)塑性加工春季講演会, 京都大学吉田キャンパス (京都市), 2009年5月31日.
  75. 池谷友規, 倉前宏行, 坂本英俊, 森本秀夫, 片山傳生, 仲町英治, 「結晶均質化マルチスケール有限要素法によるLDH解析」, 日本塑性加工学会 平成21年度(第40回)塑性加工春季講演会, 京都大学吉田キャンパス (京都市), 2009年5月31日.
  76. 倉前宏行, 森本秀夫, 仲町英治, 「結晶均質化マルチスケール有限要素法に基づくAl合金板材の微視結晶集合組織設計」, 日本計算工学会 第14回計算工学講演会, 東京大学生産技術研究所 (東京都目黒区), 2009年5月13日. LinkIconCiNii
  77. 池谷友規, 倉前宏行, 田中和人, 森田有亮, 片山傳生, 仲町英治, 「結晶均質化マルチスケール有限要素法によるLDH解析」, 日本機械学会 関西学生会平成20年度学生員卒業研究発表講演会, 近畿大学本部キャンパス (東大阪市), 2009年3月15日.
  78. 山崎恭裕, 喜多悠介, 森田有亮, 倉前宏行, 片山傳生, 仲町英治, 「海綿骨特性評価のためのミクロ・マクロ有限要素解析法の開発」, 日本機械学会 関西学生会平成20年度学生員卒業研究発表講演会, 近畿大学本部キャンパス (東大阪市), 2009年3月15日.
  79. 谷口祐樹, 木村周介, 倉前宏行, 上辻靖智, 「SEM・EBSD法による圧電セラミックスの結晶形態解析」, 日本材料学会 材料・構造の複合化と機能化に関するシンポジウム, 同志社大学今出川キャンパス (京都市), 2009年3月11日. LinkIconCiNii
  80. 畑徹弥, 倉前宏行, 上辻靖智, 「強誘電体ヒステリシス挙動のマルチスケール有限要素解析」, 日本材料学会 材料・構造の複合化と機能化に関するシンポジウム, 同志社大学今出川キャンパス (京都市), 2009年3月11日. LinkIconCiNii
  81. 倉前宏行, 「結晶均質化法に基づく圧電マルチスケール解析のCG収束性」, 研究集会「第10回 界面ダイナミクスと数値シミュレーション」, セント・キャサリンズ・カレッジ(オックスフォード大学)(神戸市), 2008年11月29日.
  82. 倉前宏行, 高橋聖治, 森本秀夫, 仲町英治, 「結晶均質化有限要素法に基づく自動車用板材のLDH成形評価解析」, 日本機械学会 第21回計算力学講演会, 琉球大学(沖縄県西原町), 2008年11月3日. LinkIconCiNii
  83. 高橋聖治, 仲町英治, 倉前宏行, 田中和人, 片山傳生, 森本秀夫, 「結晶塑性マルチスケール解析による圧延プロセス最適設計」, 日本機械学会 第21回計算力学講演会, 琉球大学(沖縄県西原町), 2008年11月2日. LinkIconCiNii
  84. 倉前宏行, 皆川健多郎, 「並列計算環境として利用可能な情報教育用PCシステムの構築と運用」, CAUA 第7回合同研究分科会, 主婦プラザエフ(東京), 2008年10月24日.
  85. 谷岡晃憲, 上辻靖智, 倉前宏行, 座古勝, 「織物複合材料の大規模並列有限要素解析の検討」, 日本機械学会 M&M材料力学カンファレンス, 立命館大学(滋賀県草津市), 2008年9月18日. LinkIconCiNii
  86. 畑徹弥, 倉前宏行, 上辻靖智, 「ドメイン・スイッチングを考慮した圧電材料のマルチスケール非線形有限要素解析」, 日本機械学会 M&M材料力学カンファレンス, 立命館大学(滋賀県草津市), 2008年9月17日. LinkIconCiNii
  87. 木村周介, 倉前宏行, 上辻靖智, 「圧電セラミックスのEBSD 結晶方位分析とマルチスケール解析への適用」, 日本機械学会 M&M材料力学カンファレンス, 立命館大学(滋賀県草津市), 2008年9月17日. LinkIconCiNii
  88. 畑徹弥, 倉前宏行, 槌谷和義, 上辻靖智, 「結晶均質化法に基づく圧電材料のマルチスケール非線形有限要素法の開発」, 日本機械学会 2008年度年次大会, 横浜国立大学(神奈川県横浜市), 2008年8月5日. LinkIconCiNii
  89. 倉前宏行, 「板成形の数値シミュレーション技術の現状」, 日本塑性加工学会 第169回塑性加工技術セミナー(プロセッシング計算力学分科会第19回セミナー), 同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市), 2008年6月16日.
  90. 西岡久尚, 倉前宏行, 上辻靖智, 仲町英治, 「並列分離反復型強連成解法を用いたマルチスケール圧電解析」, 日本計算工学会 第13回計算工学講演会, 仙台市民会館(仙台市), 2008年5月20日. LinkIconCiNii
  91. 西岡久尚, 倉前宏行, 上辻靖智, 仲町英治, 「EBSD結晶形態を導入した圧電材料の並列反復マルチスケール有限要素解析」, 日本機械学会 関西支部 第83期定時総会講演会, 大阪大学(大阪府豊中市), 2008年3月15日. LinkIconCiNii
  92. 倉前宏行, Nguyen Ngoc Tam, 森本秀夫, 仲町英治, 「板成形問題のための結晶均質化並列マルチスケール有限要素解析」, 日本機械学会 第20回計算力学講演会, 同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市), 2007年11月26日. LinkIconCiNii
  93. 伊藤優一, 倉前宏行, 上辻靖智, 仲町英治, 「血管・神経細胞微視モデルを用いた頭部損傷マルチスケール有限要素解析」, 日本機械学会 第20回計算力学講演会, 同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市), 2007年11月26日. LinkIconCiNii
  94. 西岡久尚, 倉前宏行, 上辻靖智, 仲町英治, 「EBSD結晶形態に基づく並列反復マルチスケール圧電有限要素解析」, 日本機械学会 第20回計算力学講演会, 同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市), 2007年11月26日. LinkIconCiNii
  95. 前田喬之, Nguyen Ngoc Tam, 上辻靖智, 倉前宏行, 森本秀夫, 坂本英俊, 仲町英治, 「SEM-EBSD実計測モデルを用いた結晶均質化有限要素解析による板材特性評価」, 日本機械学会 第20回計算力学講演会, 同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市), 2007年11月26日. LinkIconCiNii
  96. 高橋聖治, Nguyen Ngoc Tam, 田中和人, 片山傳生, 仲町英治, 倉前宏行, 「均質化/結晶粘塑性有限要素法による異周速圧延の集合組織発展解析」, 日本機械学会 第20回計算力学講演会, 同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市), 2007年11月26日. LinkIconCiNii
  97. 仲町英治, 倉前宏行, 伊藤優一, 藤原一也, 「3次元神経微視モデルを用いた頭部衝突に伴う脳損傷有限要素解析」, 日本機械学会 第20回計算力学講演会, 同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市), 2007年11月27日. LinkIconCiNii
  98. 前田喬之, Nguyen Ngoc Tam, 上辻靖智, 倉前宏行, 森本秀夫, 坂本英俊, 仲町英治, 「EBSD計測・結晶均質化有限要素解析による降伏曲面の導出」, 日本塑性加工学会 第58回塑性加工連合講演会, 札幌市教育文化会館・北海道厚生年金会館(札幌市), 2007年10月26日.
  99. 高橋聖治, 仲町英治, 田中和人, 片山傳生, 倉前宏行, Nguyen Ngoc Tam, 中村康範, 「異周速圧延による集合組織発展のマルチスケール有限要素解析」, 日本塑性加工学会 第58回塑性加工連合講演会, 札幌市教育文化会館・北海道厚生年金会館(札幌市), 2007年10月26日.
  100. 倉前宏行, 「結晶均質化法に基づく圧電材料の並列マルチスケール解析」, 界面ダイナミクスを解明する最前線の数値解析とその展開III 研究集会, セント・キャサリンズ・カレッジ(オックスフォード大学)(神戸市), 2007年10月18日.
  101. 倉前宏行, 西岡久尚, 上辻靖智, 仲町英治, 「マルチスケール圧電解析のための並列反復計算法の性能評価」, 日本計算工学会 第12回計算工学講演会, 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京), 2007年5月23日. LinkIconCiNii
  102. 倉前宏行, 西岡久尚, 上辻靖智, 仲町英治, 「圧電材料特性評価のための並列マルチスケール・マルチフィジックス解析」, 第3回NCPフォーラム・機械の強度と形態研究懇話会(日本機械学会関西支部), 湯村温泉・ゆめ春来(兵庫県新温泉町), 2007年3月28日.
  103. 倉前宏行, 西岡久尚, 上辻靖智, 仲町英治, 「マルチスケール圧電解析のための並列反復計算法」, 日本機械学会 第19回計算力学講演会, 名古屋大学東山キャンパス(名古屋市), 2006年11月3日. LinkIconCiNii
  104. 倉前宏行, Nguyen Ngoc Tam, 仲町英治, 「結晶均質化マルチスケール有限要素法による異周速圧延過程の集合組織発展解析」, 日本機械学会 第19回計算力学講演会, 名古屋大学東山キャンパス(名古屋市), 2006年11月3日. LinkIconCiNii
  105. 倉前宏行, 「高効率並列計算のためのチューニングと負荷分散法」, 日本機械学会関西支部 第7回秋季技術交流フォーラム, 神戸市立工業高等専門学校(神戸市), 2006年10月21日.
  106. 倉前宏行, 山本教範, 仲町英治, 「グリッドコンピューティングを用いた結晶均質化並列マルチスケール有限要素解析」, 日本計算工学会 第11回計算工学講演会, 大阪大学コンベンションセンター(大阪府吹田市), 2006年6月13日.
  107. 倉前宏行, 山本教範, 岡田健二, 上辻靖智, 仲町英治, 「結晶均質化法に基づく板成形問題の並列マルチスケール有限要素解析」, 第2回新生NCPフォーラム・機械の強度と形態研究懇話会(日本機械学会関西支部), 共済会館やまと(奈良市), 2006年5月27日.
  108. 倉前宏行, 「PCクラスタを用いた結晶均質化法に基づく板成形問題のマルチスケール解析」, 熊本知能システム技術研究会・CAE技術検討会, (熊本市), 2006年3月23日.
  109. 倉前宏行, 山本教範, 岡田健二, 上辻靖智, 仲町英治, 「結晶均質化法に基づく板成形問題の並列マルチスケール有限要素解析」, 第55回理論応用力学講演会, 京都大学(京都市), 2006年1月. LinkIconCiNii
  110. 倉前宏行, 山本教範, 岡田健二, 仲町英治, 「結晶塑性マルチスケール有限要素解析のための動的分散並列計算手法の開発」, 日本機械学会 第18回計算力学講演会, 筑波大学春日キャンパス(つくば市), 2005年11月19日. LinkIconCiNii
  111. 仲町英治, 上辻靖智, 倉前宏行, 前田喬之, 「SEM・EBSD計測による3次元微視結晶均質化モデルの導出」, 日本機械学会 第18回計算力学講演会, 筑波大学春日キャンパス(つくば市), 2005年11月19日. LinkIconCiNii
  112. 岡田健二, Nguyen Ngoc TAM, 上辻靖智, 倉前宏行, 仲町英治, 「動的陽解法結晶均質化有限要素解析法による板成形マルチスケール解析」, 日本機械学会 第18回計算力学講演会, 筑波大学春日キャンパス(つくば市), 2005年11月19日. LinkIconCiNii
  113. Nguyen Ngoc TAM, 岡田健二, 倉前宏行, 大畑富相, 仲町英治, 中村康範, 「結晶塑性有限要素解析によるLDH板成形評価手法の確立」, 第56回塑性加工連合講演会, (那覇市), 2005年11月20日.
  114. 倉前宏行, 仲町英治, 「結晶均質化マルチスケール有限要素法の並列性能評価」, 日本計算工学会 第10回計算工学講演会, 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京), 2005年6月1日.
  115. 岡田健二, 森本秀夫, 倉前宏行, 仲町英治, 「動的陽解法結晶均質化有限要素法による多結晶体の塑性変形解析」, 日本機械学会関西支部第80期定期総会講演会, 京都大学(京都市), 2005年3月. LinkIconCiNii
  116. 倉前宏行, 山本教範, 仲町英治, 「結晶均質化並列マルチスケール有限要素解析のための動的負荷分散法の開発」, 第1回新生NCPフォーラム・機械の強度と形態研究懇話会(日本機械学会関西支部), 加太温泉・吾妻屋シーサイドホテル(和歌山市), 2005年1月.
  117. 倉前宏行, 「10年後のHigh Performance Computing」, 第1回新生NCPフォーラム・機械の強度と形態研究懇話会(日本機械学会関西支部), 加太温泉・吾妻屋シーサイドホテル(和歌山市), 2005年1月.
  118. Nguyen Ngoc TAM, 岡田健二, 萩里雄大, 大畑富相, 倉前宏行, 仲町英治, 中村康範, 「深絞り解析のための動的陽解法・結晶均質化有限要素法の開発」, 第55回塑性加工連合講演会, 同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市), 2004年11月.
  119. 倉前宏行, 仲町英治, 「結晶均質化法に基づくマルチスケール有限要素解析の並列化」, 日本機械学会 第17回計算力学講演会, 仙台市民会館(仙台市), 2004年11月. LinkIconCiNii
  120. 岡田健二, Nguyen Ngoc TAM, 上辻靖智, 倉前宏行, 仲町英治, 「動的陽解法結晶塑性マルチスケール解析コードの開発(EBSD計測に基づく3次元多結晶モデルの導入)」, 日本機械学会 第17回計算力学講演会, 仙台市民会館(仙台市), 2004年11月. LinkIconCiNii
  121. 倉前宏行, 足立勇弥, 松本政秀, 亀島鉱二, 「並列計算のためのネットワーク型ソフト実験システムの構築」, 第26回NCP研究会・機械の強度と形態研究懇話会(日本機械学会関西支部)シンポジウム, 大阪工業大学大宮キャンパス(大阪市), 2003年12月.
  122. 倉前宏行, 村岡英彦, 仲町英治, 「動的負荷分散を考慮した結晶均質化並列マルチスケール有限要素法の開発」, 第26回NCP研究会・機械の強度と形態研究懇話会(日本機械学会関西支部)シンポジウム, 大阪工業大学大宮キャンパス(大阪市), 2003年12月.
  123. 倉前宏行, 仲町英治, 「計算グリッドを用いた結晶均質化並列マルチスケール有限要素解析」, 日本機械学会 第16回計算力学講演会, 神戸大学工学部(神戸市), 2003年11月. LinkIconCiNii
  124. 倉前宏行, 「領域分割に基づく有限要素法の並列化とクラスタ・グリッドにおける性能評価」, 界面ダイナミクスを再現する数値解析法の開発と実験分野への応用についてIII 研究集会, セント・キャサリンズ・カレッジ(オックスフォード大学)(神戸市), 2003年7月23日.
  125. 倉前宏行, 「メッシュレス仮想節点付き領域分割法による並列有限要素解析」, 第96回九州大学数値解析セミナー(Q-NAセミナー), 九州大学(福岡市), 2002年3月.
  126. 倉前宏行, 島野顕継, 木村彰徳, 松本政秀, 古野良樹, 亀島鉱二, 「複数OS利用のためのユーザアカウントデータベース統合」, 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2002, NTT武蔵野研究開発センタ(東京都武蔵野市), 2002年2月. LinkIconCiNii
  127. 島野顕継, 倉前宏行, 木村彰徳, 松本政秀, 古野良樹, 亀島鉱二, 「運用管理モデルに基づくOS混在教育システムの構築」, 情報処理学会第63回(平成13年後期)全国大会, 山口大学(山口市), 2001年9月.
  128. 倉前宏行, 島野顕継, 木村彰徳, 松本政秀, 古野良樹, 亀島鉱二, 「Linux-Windowsユーザアカウント統合のためのディレクトリサービスの性能評価」, Linuxカンファレンス2001, 明治記念館(東京), 2001年9月27日. LinkIconPDF
  129. 倉前宏行, 木村彰徳, 中西真悟, 下左近多喜男, 上野精順, 松本政秀, 亀島鉱二, 「システム工学領域における実験演習科目の創設」, 第9回情報教育方法研究発表会・2次選考会, アルカディア市ヶ谷(東京), 2001年9月13日.
  130. 倉前宏行, 木村彰徳, 中西真悟, 下左近多喜男, 上野精順, 松本政秀, 亀島鉱二, 「システム工学領域における実験演習科目の創設」, 第9回情報教育方法研究発表会, アルカディア市ヶ谷(東京), 2001年7月7日.
  131. 倉前宏行, 島野顕継, 木村彰徳, 松本政秀, 亀島鉱二, 「ディレクトリサービスを用いたOS混在環境におけるユーザアカウントの一元管理」, 情報処理学会第62回(平成13年前期)全国大会, 慶應義塾大学(横浜市), 2001年3月.
  132. 倉前宏行, 島野顕継, 木村彰徳, 松本政秀, 亀島鉱二, 「ディレクトリサービスを用いた教育用PCクラスタシステムの学生ユーザアカウント管理」, 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2001, 名古屋大学(名古屋市), 2001年2月. LinkIconCiNii
  133. 倉前宏行, 島野顕継, 木村彰徳, 松本政秀, 「ディレクトリサービスを用いた学生ユーザ管理による教育用PCクラスタシステムの構築」, 平成12年度情報処理教育研究集会, 文部省・京都大学主催, 京都大学(京都市), 2000年12月.
  134. 島野顕継, 倉前宏行, 「レイヤ4スイッチングハブを用いた教育・研究用ネットワークシステムの構築」, 第一回CAUA研究分科会, 東條会館(東京), 2000年10月.
  135. 倉前宏行, 「情報教育用PCクラスタシステムの構築と経営工学科における計算力学教育」, 第23回NCP研究会・機械の強度と形態研究懇話会(日本機械学会関西支部)シンポジウム, KKRホテル金沢(金沢市), 1999年12月.
  136. 倉前宏行, 島野顕継, 松本政秀, 亀島鉱二, 「ネットワーク型ソフト実験のためのPCクラスタシステムの設計と構築」, 平成11年度情報処理教育研究集会, 文部省・東北大学主催, 東北大学(仙台市), 1999年11月.
  137. 島野顕継, 倉前宏行, 松本政秀, 亀島鉱二, 「ネットワーク型ソフト実験のためのネットワークシステムの設計と構築」, 平成11年度情報処理教育研究集会, 文部省・東北大学主催, 東北大学(仙台市), 1999年11月.
  138. 倉前宏行, 堀江知義, 「メッシュレス仮想節点付き領域分割法の収束性」, 第22回NCP研究会・機械の強度と形態研究懇話会(日本機械学会関西支部)シンポジウム, KKR広島(広島市), 1998年12月.
  139. 堀江知義, 中山征一郎, 西河智雄, 倉前宏行, 「可変仮想節点を用いた領域分割法の収束性と並列効率」, 日本機械学会 第11回計算力学講演会, 関西大学(大阪府吹田市), 1998年11月.
  140. 佐々木宏, 倉前宏行, 「SOHOの技術」, 第38回 オフィス・オートメーション学会 全国大会, 大阪工業大学(大阪市), 1998年10月.
  141. 倉前宏行, 「並列プログラミング環境の標準化」 第38回 オフィス・オートメーション学会 全国大会, 大阪工業大学(大阪市), 1998年10月.
  142. 堀江知義, 倉前宏行, 西河智雅, 中山征一郎, 「仮想節点付き領域分割法の収束性」, 日本機械学会 第75期 通常総会講演会, 東京工業大学(東京), 1998年3月.
  143. 倉前宏行, 堀江知義, 「メッシュレス仮想節点の再配置による領域分割法の収束性向上」, 第47回 応用力学連合講演会(日本学術会議), 日本学術会議(東京), 1998年1月.
  144. 倉前宏行, 堀江知義, 「メッシュレス仮想節点付き領域分割法による大規模有限要素解析の並列化」, 第21回NCP研究会・機械の強度と形態研究懇話会(日本機械学会関西支部)シンポジウム, エンサンティ箕面山荘(大阪府箕面市), 1997年12月.
  145. 倉前宏行, 堀江知義, 宮垣英司, 「メッシュレス仮想節点付き領域分割法の並列性能評価および3次元問題への適用」, 日本機会学会 創立100周年記念講演会・第10回 計算力学講演会, 東京国際フォーラム(東京), 1997年7月.
  146. 倉前宏行, 「ネットワークコンピューティングの現状と将来」, 日本セキュリティ・マネジメント学会 関西支部研究会, 大阪工業大学 (大阪市), 1997年6月.
  147. 倉前宏行, 堀江知義, 宮垣英司, 「メッシュレス仮想節点付き領域分割法の収束性に関する検討」, 日本計算工学会 第2回計算工学講演会, 中央大学駿河台記念館 (東京), 1997.5.30. LinkIconCiNii
  148. 倉前宏行, 堀江知義, 宮垣英司, 「メッシュレス仮想節点を用いた領域分割法によるアダプティブ有限要素解析」, 日本機械学会 第74期 通常総会講演会, 青山学院大学 (東京), 1997年3月.
  149. 倉前宏行, 堀江知義, 二保知也, 「核融合炉真空容器の並列電磁構造連成解析」, 日本機械学会 第9回計算力学講演会, ももちパレス (福岡市), 1996年11月.
  150. 倉前宏行, 宮垣英司, 堀江知義, 「領域間を移動最小自乗法で接続した高性能領域分割法の開発」, 日本機械学会 第9回計算力学講演会, ももちパレス (福岡市), 1996年11月.
  151. 倉前宏行, 堀江知義, 「高速ネットワークを用いたワークステーションクラスタにおける並列有限要素解析の性能評価」, 日本計算工学会 第1回計算工学講演会, 中央大学駿河台記念館 (東京), 1996年5月. LinkIconCiNii
  152. 倉前宏行, 二保知也, 堀江知義, 「領域型CG法による電磁構造連成問題の並列解析」, 日本機械学会 第8回 計算力学講演会, 長野県農協ビル (長野市), 1995年11月.
  153. 倉前宏行, 堀江知義, 「ワークステーションクラスタシステムと並列有限要素解析手法の適合性の評価および検討」, 日本機械学会 第73期全国大会, 九州産業大学 (福岡市), 1995年9月.
  154. 倉前宏行, 堀江知義, 「ワークステーション・ネットワークを用いた並列共役勾配法の開発と評価」, 日本機械学会 第7回 計算力学講演会, 中央大学駿河台記念館 (東京), 1994年11月. LinkIconCiNii
  155. 堀江知義, 倉前宏行, 「ワークステーション・ネットワークを用いた領域分割法の並列性能評価」, 日本機械学会 第6回 計算力学講演会, 仙台国際センター (仙台市), 1993年11月.
  156. 堀江知義, 倉前宏行, 「ワークステーション・ネットワークを用いた並列直接解法の開発と評価」, 日本機械学会 第5回 計算力学講演会, 中央大学駿河台記念館 (東京), 1992年11月.

ページの先頭へ

その他(解説記事, セミナー発表など)

  1. 倉前宏行, 大矢健吾, 抵抗スポット溶接のマルチスケール・マルチフィジックス有限要素シミュレーション, 若手研究室見本市「イノベーションOIT 2017」, 大阪工業大学大宮キャンパス, 2017年10月26日.
  2. 倉前宏行, 計算科学実アプリケーション解析/検証結果から知る,今後の動向:マルチスケール大規模解析プログラム性能検証からの見解, ビジュアルテクノロジー計算科学技術革新セミナー, 秋葉原UDXカンファレンス(東京), 2017年10月13日.
  3. 倉前宏行, ユーザが評価するIBM POWER8の実力:有限要素法(FEM)弾塑性解析アプリケーション編, IBM POWER8セミナー, 日本IBM箱崎本社(東京), 2016年6月3日.
  4. 倉前宏行, 仲町英治, 「塑性加工解析に必要なFEM ③結晶塑性」, 塑性と加工, 第55巻, 第640号, pp. 416-420, (2014).LinkIconDOI: 10.9773/sosei.55.416
  5. 倉前宏行, 「高成形能Al合金板材創製のための多段圧延工程・微視結晶最適設計」, 天田財団FORM TECH REVIEW 2013, Vol. 23, No. 1, pp. 45-50, (2014). LinkIconPDF
  6. 森本秀夫, 坂本英俊, 倉前宏行, 仲町英治, 「結晶塑性有限要素解析手法とその適用事例」, 塑性と加工, 第54巻, 第625号, pp. 132-136, (2013).LinkIconDOI: 10.9773/sosei.54.132
  7. 仲町英治, 倉前宏行, 「マルチスケール有限要素法による板圧延プロセスメタラジー解析」, 軽金属, 第62巻, 第1号, pp. 25-31, (2012).LinkIconDOI: 10.2464/jilm.62.25
  8. 倉前宏行, 「全学システムと連携した学科PC教室の設計と運用」, View Point, Vol. 10, pp. 74-79, (2010). LinkIconPDF
  9. 倉前宏行, 「並列計算環境として利用可能な情報教育用PCシステムの構築」, View Point, Vol. 9, pp. 105-111, (2009). LinkIconPDF
  10. 倉前宏行, 島野顕継, 「高速ネットワークと教育用PCクラスタシステムの構築および ディレクトリサービスを用いたユーザアカウント管理」, View Point, Vol. 1, pp. - , (2001). LinkIconPDF

ページの先頭へ

受賞歴

  1. 日本機械学会 2014年度 計算力学部門優秀講演表彰(2015年4月17日)
    • 倉前宏行, 楠本隆, 二保知也, 堀江知義, 「マルチスケール接触電気抵抗解析に基づく抵抗スポット溶接シミュレーション」, 日本機械学会 第27回計算力学講演会, 岩手大学工学部(岩手県盛岡市), 2014年11月23日.
  2. 第12回天田財団助成研究成果発表会 優秀賞 (2014年6月6日)
    • 倉前宏行, 「高成形能Al合金板材創製のための多段圧延工程・微視結晶最適設計」, 第12回天田財団助成研究成果発表会<日本塑性加工学会 平成26年度 塑性加工春季講演会に併設>, つくば国際会議場(茨城県つくば市), 2014年6月6日.LinkIconPDF
  3. 平成22年度 日本塑性加工学会 論文賞 (2010年5月28日)
    • 倉前宏行, 高橋聖治, 仲町英治, Nguyen Ngoc Tam, 田中和人, 片山傳生, 森本秀夫, 「結晶塑性マルチスケール解析による異周速圧延プロセス設計」, 塑性と加工, Vol. 50, No. 578, pp. 242-248, (2009).LinkIconDOI: 10.9773/sosei.50.242
  4. The best paper of the 3rd International Conference on Education and Information Systems, Technologies and Applications: EISTA 2005 (2005年7月)
    • Kohji Kamejima, Masahide Matsumoto, Hiroyuki Kuramae and Akitsugu Shimano, "Software laboratory network for undergraduate education of system level engineering", Proc. of the 3rd International Conference on Education and Information Systems, pp. 235-240, (2005).
  5. 日本機械学会 第7回計算力学講演会 学生優秀講演表彰 (1994年11月)
    • 倉前宏行, 堀江知義, 「ワークステーション・ネットワークを用いた並列共役勾配法の開発と評価」, 日本機械学会 第7回 計算力学講演会, 中央大学駿河台記念館 (東京), 1994年11月.LinkIconCiNii

ページの先頭へ

外部研究資金獲得状況

  1. 2014~2016年度 日本学術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 基盤研究(C),「ミスオリエンテーション結晶塑性有限要素法に基づくプロセスメタラジー最適化」,研究代表者:倉前宏行,LinkIconKAKENデータベース
  2. 2011~2013年度 日本学術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 基盤研究(C),「ミスオリエンテーション理論に基づく新規Al合金板材創製のためのプロセスメタラジー」,研究代表者:倉前宏行,LinkIconKAKENデータベース
  3. 2010年 古河電気工業株式会社 研究開発本部横浜研究所,「数値シミュレーション研究の一助として」,研究代表者:倉前宏行
  4. 2009年 デル株式会社 公共営業部,「並列プロセッサ搭載サーバの並列性能評価」,研究代表者:倉前宏行
  5. 2009~2010年度 文部科学省 平成21年度科学研究費補助金 若手(B),「熱・結晶塑性マルチスケール連成解析による最適多段プロセスメタラジー」,研究代表者:倉前宏行,LinkIconKAKENデータベース
  6. 2008年 (財)天田金属加工機械技術振興財団 平成20年度一般研究助成金,「高度Al合金板材創製のための多段圧延工程・微視結晶最適設計システムの開発」,研究代表者:倉前宏行,LinkIcon報告書PDF
  7. 2007年度 日本学術振興会 平成19年度科学研究費助成事業 基盤研究(B),「界面現象のダイナミクスを解明する最前線の数値解析とその展開」,研究代表者:友枝謙二
  8. 2007年 (財)天田金属加工機械技術振興財団 平成19年度国際交流助成金,「7th International Conference on Numerical Simulation of 3D Sheet Metal Forming Process (Numisheet 2008)参加のため」,研究代表者:倉前宏行,LinkIcon報告書PDF
  9. 2003年 (財)天田金属加工機械技術振興財団 平成15年度一般研究助成金,「板材創製・成形シミュレーションのための動的陽解法・結晶均質化弾塑性有限要素解析プログラムの開発」,研究代表者:仲町英治,共同研究者:倉前宏行,LinkIcon報告書PDF