電子・情報・通信からコンピュータネットワーク支える技術者を育成大阪工業大学 電子情報通信工学科

未来型ネットワーク、ロボットの制御などIT分野での技術革新に対応できる専門技術者を育成。

取得できる資格

HOME > 学科紹介 > 取得できる資格

取得できる資格

電子情報通信工学科では、次の資格取得への道がひらかれます。

CCNA(Cisco Certified Network Associate シスコ認定ネットワークアソシエト)

(在学中取得サポート)

Ciscoはインターネットの中心となる「ルータ」や「スイッチ」で世界シェアNo.1を誇る、ネットワーク機器のメーカーです。CCNAは主にLAN、WAN等情報ネットワークの設置、設定、運営に関するシスコ社公式認定資格で、有資格者はネットワークインストラクタ、システムエンジニア、システムデザイナーシステムコンサルタント、Webデザイナー等として、IT分野の第一線で幅広く活躍できます。

CCNP(Cisco Certified Network Professional シスコ認定ネットワークスペシャリスト)

(在学中取得サポート)

CCNPはCCNAの上位資格で、CCNA有資格者を統率する役目を担います。この資格の取得を在学中にサポートできる大学は全国にまだ6つしかありません。

システムアドミニストレータ(初級、上級)

(在学中取得サポート)

企業の情報システムを設計し、導入し、管理・運用するのがシステムアドミニストレータの仕事です。情報機器とソフトウェアに関する幅の広い知識が要求される仕事で、現在の情報社会では、どの分野の企業でも無くてはならない存在です。

PAGE TOP

基本情報技術者・ソフトウェア開発技術者

(在学中取得サポート)

主にメーカーで情報システムの開発をする人、または研究をする人の取得する資格です。情報系のメーカーでは社員の必須資格にしている場合があります。より上位の資格を目指す人の、最初の資格とも考えられます。

テクニカルエンジニア

(在学中取得サポート)

情報システムのメーカーで、さらに上位の職に就くために必要となってくる資格です。ソフトウェア開発技術者を統率し、情報システムの設計から開発までを行います。またお客様となる企業と交渉し、自分たちの作った情報システムを売り込んだりします。

CGクリエイター(映像、Webデザイン)、CGエンジニア(CG、画像処理)

(在学中取得サポート)

現在情報分野で最も人材が要求されているのが、画像を扱う部門です。メーカーでは製品を紹介するCGやWebをデザインし、映画・アニメ・ゲームのデザインをする人材は慢性的に不足しています。とくにCGエンジニア部門では授業とリンクしながら資格取得をサポートしています。

PAGE TOP

マルチメディア技術者

(在学中取得サポート)

パソコンとインターネットさえあれば、家に居ながらにして買い物ができ、世界旅行気分を楽しみ、映画を見ることができるようになりました。これらの生活を支えるのがマルチメディア技術です。有資格者にはそのような基本用語と技術の理解が要求され、メーカーだけでなく、デザイン、教育の分野でもな強いニーズがあります。

電気通信主任技術者

(試験科目一部免除)

NTTやKDDIのような電気通信事業者は、その事業用電気通信設備を、総務省令で定める技術基準に適合するよう、自主的に維持するために、電気通信主任技術者を選任し、電気通信設備やネットワークの工事、維持及び運用の監督にあたらなければなりません。インターネットやブロードバンド通信ネットワークの普及により、電気通信主任技術者の重要性はますます増え、活躍の場はますます広げています。NTTやKDDIのような電気通信事業者は、その事業用電気通信設備を、総務省令で定める技術基準に適合するよう、自主的に維持するために、電気通信主任技術者を選任し、電気通信設備やネットワークの工事、維持及び運用の監督にあたらなければなりません。インターネットやブロードバンド通信ネットワークの普及により、電気通信主任技術者の重要性はますます増え、活躍の場はますます広げています。

第1級陸上無線技士

(試験科目一部免除)

無線通信の技術操作に関して最高の資格であり、無線従事者免許の最高峰である。無線設備の技術操作(目的・範囲を問わず、全ての無線局が対象)を行うことができ、有資格者はラジオ・テレビの放送局、国際通信や移動通信を行う電気通信事業関連業者、無線通信設備製造メーカー、国土交通省航空局、海上保安庁、警察庁等で活躍でき、特に放送局などの無線局の事業者においては必置資格、業務独占資格と言えます。

PAGE TOP

第1級陸上特殊無線技士

(卒業後無試験取得可能)

営利を目的としないアマチュア無線資格とは違い、プロの無線従事者国家資格の一つです。、高度な無線設備や機器の操作ができないが、社会的に需要が高い「特定」分野の無線機器の操作、例えば、企業の業務用無線、海上保安官、警察官や消防官など無線を扱う職場では幅広く必要な資格です。

第2、第3級海上特殊無線技士

(卒業後無試験取得可能)

プロの無線従事者国家資格の一つで、主に船舶関係の無線通信設備を操縦できます。特に漁業関係や海運業界においては非常に役に立つ資格です。

高等学校教諭免許状(数学1種、工業1種)、中学校教諭免許状(数学1種)

PAGE TOP