超スマート社会を支える多様なセンサーデバイスは、今後社会のあらゆる場面でインターネットにつながるIoTデバイスとして 全世界で種類・数量とも加速度的に開発されます。センサーから発せられるデータは人工知能で処理し、ロボットを動かすことで人の環境を快適な 状態に保ち、人の豊かな創造性を支えます。センサー・IoT・人工知能・ロボットの性能は、そこに使われる半導体の性能によって決まります。 当研究室では、ナノエレクトロニクスの技術によって今より賢い半導体を製作する技術を研究しています。
 

 本研究室では上記技術開発研究のために、ハードウェア製作と同時にそれをコンピュータで制御するソフトウェア開発も行う ことで一貫したものづくり力を育成します。



What's New