4年間の学び

知的財産学部で主に学ぶ知財法の勉強は文科ですが、例えば特許のことを学ぶためには技術の知識も必要です。このため、高等学校において文系コースにいた方はもちろん理系コースにいた方の入学も歓迎します。

一般教養や法律の基礎知識、知的財産法基礎、知的財産実務、ビジネス関連など知的財産を中心とした幅広い知識やスキルを身につけることができます。入学後も工業大学の強みを活かして希望の技術分野の基礎知識を身につけることができます。知的財産はこれからの日本にとってますます重要になることは間違いなく、卒業生はいろいろな業種の企業において貴重な人材になるでしょう。

1年生から4年生まで毎年少人数で構成される基礎ゼミナールに所属し、担当教員のもと知的財産学部での学習、学生生活の指導を受けます。

知的財産学部では、ビジネスで活躍できる実務に強い人材を育てるために、知的財産の専門知識だけでなく、土台として技術や法律の基礎を学びます。その流れは下記のようになります。

1年生:知的財産を学ぶベースづくり

1年生では、知財を学ぶための土台作りを行います。産業や技術と知的財産の関係を学ぶことで、知財とは何か、なんのために存在するかなど知的財産の基本を理解します。また、法律を理解するために民法・憲法など、基本的な法律を学び、知財の専門的な法律も学び始めます。さらに、社会人として必須である文章作成能力、PC活用についてもこの時期に学びます。

2年生:専門知識の修得

2年生では、専門の法律を多く学びます。たとえば知財法(特許法、実用新案法、意匠法、商標法、著作権法)、不正競争防止法などを学びます。また、国際的な視点を持つために条約に関しても学びます。加えて、デザイン、ブランド、コンテンツの基礎など知財全般を幅広く学びます。

3年生

3年生では、これまでに学んだ知識を生かし、グループワーク演習などによるPBL(Problem Bsased Learning)を通し、より実際の業務に近づいた実践演習を行います。また、夏季にはインターンシップが実施され、企業・特許事務所で実際に活動する機会を持ち、知的財産とビジネスの関係について学びます。

この年次から、少人数制のゼミでの勉強が本格派し(研究基礎演習)、担当教員の専門分野に特化した勉強を進めます。3年生の終わりごろからは就職活動が始まり、4年の夏ごろまで非常に忙しくなる時期でもあります。

また、3年間で優秀な成績を修めた学生は、早期進学制度により3年生で学部を卒業し、本学知的財産専門職大学院へ進学することができます。この場合、3年生で卒業論文の執筆に取りかかります。

4年生

3年次のゼミで学習した内容をベースに、卒業研究論文の作成に着手します。この時期に、理系科目(他学部)の履修も行い、知的財産専門家としての知識に磨きをかけます。