カリキュラム

知的財産学部の学修方針

産業社会が発展していくためには、イノベーションの展開・普及が最も重要とされています。このためには、開発された技術やデザインを知的財産として保護・活用して競争力の向上に、あるいは優れたマーケティングを通じてブランド力を高めるなど、社会の知的財産関連分野で大きな役割を果たす人材、すなわち知的財産に関わる総合的・専門的な人材の育成が不可欠です。 このために必要とされる能力は、従来の文科系学部において学修すべき知識を基本としつつ、あわせて技術系学部において学修すべき内容にまでおよびます。本学部はこうした多くの学問分野にかかわる学際的な総合学問を、学生が主体的に学修することを目標としています。
具体的には法学を基礎として、特許権や著作権などの知的財産法を学ぶとともに、機械やエレクトロニクス、化学などの技術科目を履修します。さらに、これらの知識を前提として、探求科目で知的財産に関わる問題解決に取り組みます。
知的財産学部では、これらの分野を体系的・総合的・主体的に学ぶことによって、知的財産の専門人材を育成することを目標としています。

キャリア形成

知的財産学部教育体系

知的財産学部では、特許やブランド、デザイン、コンテンツなどの基本や、企業における知的財産の管理・戦略ノウハウ、知的財産英語などの実務を学べるカリキュラムを用意しています。 基礎から発展・先端技術まで段階的に知識を深めることができます。

カリキュラム