健康スポーツ生命科学専攻ゼミナール(生命工学科連携ゼミ)

 日本の急速な高齢化人口の増大や来たるべき2020年のオリンピック開催など、健康やスポーツを取り巻く社会情勢は大きく変化しています。このような社会情勢を支える産業も近年活性化しており、生命科学を基礎とした工学的技術も関連する産業の発展に貢献しています。
 健康体育研究室の主たる研究領域は、体力科学ですが、近年の学術的発展の過程で生命科学的な視点からの体力科学研究が進展しています。平成12年に日本学術会議体力科学研究連絡委員会においても”運動や体力の持つ生命科学的重要性を遺伝子や細胞などの生命に共通の基盤から明らかにすること、つまり運動や体力が、単に競技力の向上や疾病予防に重要であるだけでなく、人間的な活動の根源となる生命力を活性化させる刺激であることを、生命科学の原理から明らかにして行くこと”を21世紀に志向するべき基本的方向であるとしています。
 本ゼミナールでは、生命工学科と連携し、細胞、組織そしてヒトを対象とした広い生命科学的視野から健康やスポーツに関する事象を捉え、その知識を応用して工学的技術に貢献できる人材を育成していきます。

<2016年度>在学生

芝原達規
●中野佑梨
●橋本翔太
●村上諒
●山口誉紘
●吉門朋哉

OB・OG

<2016年度> 写真ギャラリー

卒論テーマ

  • 香良直樹
    一過性の少量のビールの摂取が動脈スティフネスに与える影響
  • 古賀明日香
    除神経により萎縮した骨格筋のAQP4発現レベルに及ぼす性差の影響
  • 杉中武知
    メチルコバラミン添加が筋芽細胞株C2C12の増殖・分化に与える影響
  • 水嶌大樹
    筋の分化、成熟過程における摂食調節遺伝子の発現解析
  • 毛利知樹
    高酸素曝露が筋芽細胞株C2C12の増殖・分化に与える影響

<2015年度> 写真ギャラリー

卒論テーマ

  • 安良岡祐弥
    電気刺激条件の違いが三次元培養筋の収縮特性に与える影響
  • 髙原慶祐
    水泳運動が動脈ステッフネスに及ぼす影響 -横断的研究-
  • 中原海晴
    低酸素暴露および低酸素環境下でのストレッチが動脈ステイフネスと体の柔軟性に与える影響
  • 松本彰宏
    三次元培養筋を利用したマイオカインの探索と妥当性の検証
  • 中山智太
    低酸素暴露と過負荷に伴う骨格筋の肥大効率の変化
  • 本岡大宜
    断続的な低酸素暴露が筋肥大時のHSP70の発現に及ぼす影響

 

卒業生の進路

就職先

<食品系> キューピー、UCCフーズ、フジパン、マルヤナギ小倉屋
<医療機器系> タカゾノ、ニッポー、石黒メデイカル
<医薬品系> コスモビューテイ
<その他>日本生命保険、阪急阪神ビルマネジメント

進学先
大阪保健福祉専門学校