中村 友浩 (教授)

出身 埼玉県出身
学位 博士(理学)
研究分野 分子運動生理学
所属学会 日本体力医学会評議員、日本運動生理学会評議員
自己紹介 学生時代に陸上競技部に所属していたことから、健康スポーツ科学領域に興味を持ち、大学院時代は運動と素質の集団遺伝学的研究に取り組みました。その後、大阪市立大学理学部で細胞生物学研究のトレーニングを積み、ケンタッキー大学医学部への留学を経て現在は骨格筋から分泌される生理活性物質の探索を行っています。”身体活動は体に何をもたらすのか”という単純な疑問に関して分子運動生理学的視点から解明したいとともに、身体活動の必要性を体育共通教育や生命工学科と連携した専門教育を通じて多角的な視点で学生達に伝えていきたいと考えています。

略歴
  • 1982年 3月 埼玉県立熊谷高等学校 卒業
  • 1986年 3月 筑波大学 体育専門学群 卒業
  • 1988年 3月 筑波大学 大学院体育研究科 コーチ学専攻 修了
  • 1988年 11月 筑波大学 研究生 修了
  • 1988年 12月 筑波大学 文部技官
  • 1989年 4月 大阪工業大学工学部 一般教育科 助手
  • 1991年 4月 大阪市立大学理学部 国内留学(1992年3月まで)
  • 1992年 4月 大阪工業大学工学部 一般教育科 講師
  • 2000年 4月 大阪工業大学工学部 一般教育科 助教授
  • 2003年 4月 大阪工業大学知的財産学部 助教授(移籍)
  • 2004年 6月 大阪市立大学大学院理学研究科(細胞生物学研究室)客員助教授 (兼任)
  • 2007年 4月 大阪工業大学知的財産学部 准教授(職階名変更)
  • 2007年 9月-2008年3月 Visiting professor,Department of Physiology,College of Medicine, University of Kentucky
  • 2012年 4月 大阪工業大学工学部 総合人間学教室 准教授(移籍)
  • 2014年 4月 大阪工業大学工学部 総合人間学教室 教授
  • 現在に至る
著書
  • 勝田 茂、中村友浩 他(2015)運動生理学20講~第3版~(朝倉書店)
  • 木内敦詞・荒井弘和・中村友浩(2005)大学生の健康づくり:体育の宿題を併用した授業実践.「身体活動の増強および運動継続のための行動変容マニュアル」竹中晃二編.Pp.89-90 (ブックハウスHD).
  • Fujisato T., S. Takagi, T. Nakamura, H.Tsutsui (2014).Tissue Engineerring Approach to Making Soft Actuators.In:K.Asaka, H.Okuzaki.eds. Soft Actuators.Tokyo:Japan.
  • 勝田 茂、中村友浩 他(1999)運動生理学20講~第2版~(朝倉書店)
  • 池上晴夫、中村友浩 他(1997) 身体機能の調節性ー運動に対する応答を中心にー(朝倉書店)
  • 下田 親・前川裕美・永井 勉・中村友浩 他 (1994)21世紀に向かう酵母研究(学会出版センター)
  • 勝田 茂、中村友浩 他(1993)運動生理学20講(朝倉書店)
総説.解説
  • 中村友浩、筒井博司、藤里俊哉 2016.介護予防を支える三次元培養骨格筋研究.介護福祉・健康づくり.3(1).54-58.
  • 藤里俊哉、中村友浩、筒井博司.2013.培養骨格筋のバイオアクチュエータへの応用.設計工学.48(1).16-21.
  • 熊谷秋三,桧垣靖樹,中村友浩,諏訪雅貴,勝田 茂. 1999.インスリン抵抗性と骨格筋の組織学的・生化学的特性との関連性. 日本運動生理学雑誌.6:1-16.
  • T.Nakamura. 1998. Genetics and Exercise Performance. Encyclopedia of Sports Medicine and Science(HP). http://www.sportsci.org/encyc/index.html.
  • 中村友浩、勝田 茂. 1989. 遺伝と運動能力~持久能力を中心として~. Japanese Journal of sports medicine 8:392-396.
研究論文
  • Ishido,M., T.Nakamura. Marked decrease of aquaporin-4 protein is independent of the changes in α1-syntrophin and TRPV4 levels in response to denervation-induced muscle atrophy in vivo. J Muscle Res Cell Motil.38(2):175-181.2017.
  • Nakamura, T., S. Takagi, T.Kamon, K. Yamasaki and T. Fujisato. Development and evaluation of a removable tissue-engineered muscle with artificial tendons. J Biosci Bioeng. 123(2):265-271,2017.
  • Ishido,M., T. Nakamura. Aquaporin-4 protein is stably maintained in the hypertrophied muscles by functional overload. Acta Histochemica et Cytochemica 49(3): 89-95, 2016.
    • Nishiwaki,M., K.Kurobe, A.Kiuchi , T. Nakamura , N.Matsumoto Sex differences in flexibility-arterial stiffness relationship and its application for diagnosis of arterial stiffening: A cross-sectional observational study. PLoS One 9(11): e113646, 2014. doi: 10.1371/journal.pone.0113646.
    • 西脇雅人,木内敦詞,中村友浩.インターネット依存と歩数の関係 -男子大学1年生を対象とした横断研究-.体力科学 63(5):445-453, 2014.
    • 西脇雅人, 木内敦詞, 中村友浩.過去10年間にわたる歩数の低下とその理由に関する検討 –男子大学1年生を対象とした連続横断研究–.体力科学 63(1):231-242. 2014.
    • Nakamura,T., H.Abe, A. Hirata and C. Shimoda. 2004. The ADAM family protein Mde10 is essential for the development of spore envelopes in the fission yeast Schizosaccaromyces pombe. Eukaryotic cell. 3(1):27-39.
    • Suwa, M., H.Nakano, Y. Higaki, T. Nakamura, S. Katsuta, S.Kumagai. 2003. Increased wheel-runninng activity in the genetically skeletal muscle fast-twitch fiber-dominant rats. J. Appl. Physiol. 94(1):185-192.
    • Nakamura,T., M. Nakamura-Kubo, T.Nakamura., and C. Shimoda. 2002. A novel fission yeast Cdc7-Dbf4-like kinase complex required for the initiation and progression of meiotic second division. Mol. Cell Biol.22:309-320.
    • Suwa,M., S. Kumagai, Y. Higaki, T.Nakamura and S. Katsuta.2002. Dietarry obesity-resistant and muscle oxidative enzyme activities of the fast-twitch dominant rat. Int. J. Obesity.26:1-8.
    • T.Nakamura, M.Kishida and C.Shimoda. 2000. The Shizosaccharomyces pombe spo6+ gene encoding a nuclear protein with sequence similarity to budding yeast Dbf4 is required for meiotic second division and sporulation. Genes to Cells. 5:463-479.
    • Suwa,M., S. Kumagai, Y. Higaki, T.Nakamura and S. Katsuta. 2000. Skeletal muscle phenotype, fat content and voluntary running activity in the fast-twitch fibre dominant and control rats. 健康科学 22: 59-64.
    • M.Suwa,T.Nakamura, S.Katsuta. 1999. Muscle fibre number is a possible determinant of muscle fibre composition in rats. Acta Physiol Scand. 167:267-272.
    • M.Suwa,T.Miyazaki,T.Nakamura,S.Sasaki,H.Ohmori,S.Katsuta. 1998. Hereditary dominance of fast-twitch fibers in Skeletal muscles and relation of thyroid hormone under physiological conditions in rats. Acta Anatomica. 162:40-45.
    • M.Suwa,T.Nakamura,S.Katsuta. 1996. Heredity of muscle fiber composition and correlated response of the synergistic muscle in rats. Am. J. Physiol. (Regulatory, Integrative Comp. Physiol.).271:R432-R436.
    • K.Kitamura,T.Nakamura,C.Shimoda.1996 Autocrine response of Shizosaccharomyces pombe haploid cells to mating pheromones. FEMS Microbiology Letters. 143:41-45.
    • 諏訪雅貴,中村友浩,勝田 茂.1996. 選択交配法によって作成された速筋線維優位ラットの検討. 運動生化学. 8:41-43.
    • T.Nakamura、S.Masui、M.Wada,H.Katoh,H.Mikami,S.Katsuta.1993. Heredity of muscle fiber composition estimated from a  selection experiment in rats. Eur.J. Applied.Physiol.66:85-89.
    • 松永 智,佐渡山亜兵,中村友浩,勝田 茂. 1992. ラット下肢筋の筋線維伝導速度と筋線維組成. 体力科学.41:63-69.
    教育系論文
    • 瀧本真己,石道峰典,中村友浩,西脇雅人.「大学体育の授業外課題における「4つ以上」の簡易な指示は継続的に学生の文章量を増大させる」,大学体育学,(vol. 14, p. 48-55),2017年3月(事例報告)
    • 石道峰典,西脇雅人,中村友浩.「体育実技授業によるvisual analog scale (VAS)法を用いた社会人基礎力の評価に関する検討」,大学体育学,(vol. 14, p. 67-78),2017年3月(研究資料)
    • 石道峰典,西脇雅人,中村友浩.「体育実技授業における社会人基礎力育成を意図した介入効果の検証」,大学体育学,(vol. 13, p.26-34),2016年3月(事例報告)
    • 石道峰典,西脇雅人,中村友浩.「選択科目の体育実技授業を履修する大学生の社会人基礎力の特徴について」,大学体育研究,(vol. 37, p.1-10),2015年3月(研究資料)
    • 西脇雅人, 木内敦詞, 中村友浩.ワークブックを用いた大学体育授業はFD授業アンケートのスコアをより効果的に高め得る.大学体育学 11:87-93, 2014.
    • 西脇雅人, 木内敦詞, 中村友浩.大学体育授業時間内における身体活動量を効果的に増大させる方法の検討 -無作為割り付け介入試験-. 大学体育学 11:21-29, 2014.
    • 木内敦詞・中村友浩・荒井弘和・浦井良太郎・橋本公雄 2010 大学初年次生の生活習慣と取得単位数の関係.大学体育学,7: 69-76.
    • 荒井弘和・木内敦詞・浦井良太郎・中村友浩 2009. 運動行動の変容ステージに対応した体育授業プログラムが大学生の運動習慣に与える効果.体育学研究,54(2): 367-379.
    • 荒井弘和・中村友浩 2009. 家族で参加するアダプテッド・スポーツプログラムに伴う精神的健康の変化:知的障害者の親を対象として.障害者スポーツ科学, 7(1):55-60.
    • 荒井弘和・中村友浩 2009 知的障害者の親における身体活動・運動実施の阻害要因と促進要因 体育学研究,54(1):213-219.
    • 木内敦詞・荒井弘和・浦井良太郎・中村友浩 2009 行動科学に基づく体育プログラムが大学新入生の身体活動関連変数に及ぼす効果:Project FYPE.体育学研究,54(1): 145-159.
    • 木内敦詞・荒井弘和・中村友浩・浦井良太郎・橋本公雄 2009 体育実技終了時のセルフ・モニタリングが運動の意思決定バランスと身体活動量に及ぼす効果.大学体育学,6: 3-11.
    • 木内敦詞・荒井弘和・浦井良太郎・中村友浩 2008 行動科学に基づく体育プログラムが大学新入生の健康度・生活習慣に及ぼす効果:Project FYPE.体育学研究 53: 329-341.
    • 荒井弘和・中村友浩 2006 知的障害のある者の親がアダプテッド・スポーツプログラムに参加することによる感情の変化 体育学研究, 51, 793-799.
    • Hirokazu Arai, Atsushi Kiuchi, Tohoko Ishii, Ryotaro Urai, & Tomohiro Nakamura 2006 The effects of an intervention program aimed at lifestyle modification on sedentary behavior in male students of a Japanese university. School Health, 2, 9-16.
    • Hirokazu Arai, Atsushi Kiuchi, Tohoko Ishii, Ryotaro Urai, & Tomohiro Nakamura 2006 Evaluation of the relationship between sedentary behavior and physical activity and the correlation factor of sedentary behavior in male university students. School Health, 2, 1-8.
    • 荒井弘和・中村友浩・木内敦詞・浦井良太郎 2006 主観的な睡眠の質と身体活動および心理的適応との関連 心身医学, 46, 667-676.
    • 荒井弘和・中村友浩 2006 知的障害のある者の親における定期的な運動習慣とメンタルヘルスの関連 障害者スポーツ科学, 4, 47-52.
    • 荒井弘和・中村友浩 2006 大学体育授業が障害のある受講生の身体活動量に与える影響 体育学研究, 51, 341-350.
    • 荒井弘和・中村友浩・木内敦詞・浦井良太郎 2006 生活習慣の改善を意図した介入プログラムが夜間部に通う男子大学生の主観的な睡眠の質に与える影響 心身医学,46,369-375.
    • 木内敦詞・荒井弘和・浦井良太郎・中村友浩 2006 身体活動ピラミッドの概念と行動変容技法による大学生の身体活動増強.大学体育学 3: 3-14.
    • 木内敦詞・荒井弘和・中村友浩・浦井良太郎 2005 体育の宿題が大学生の日常身体活動量と健康関連体力に及ぼす効果.スポーツ教育学研究 25(1): 1-9. 
    • 荒井弘和・中村友浩 2005 障害のある学生または傷害を負っている学生を対象とした大学体育授業に関する探索的研究 障害者スポーツ科学, 3(1):40-47.
    • 荒井弘和・中村友浩・木内敦詞・浦井良太郎 2005 男子大学生における身体活動・運動と不安・抑うつ傾向との関係 心身医学, 45, 865-871.
    • 荒井弘和・木内敦詞・中村友浩・浦井良太郎 2005 行動変容技法を取り入れた体育授業が男子大学生の身体活動量と運動セルフ・エフィカシーにもたらす効果 体育学研究, 50(4):459-466.
    • 荒井弘和・中村友浩 2005 障害のある学生または傷害を負っている学生に対する大学体育授業の効果 体育学研究, 50(4):449-458.
    • 荒井弘和、木内敦詞、中村友浩、浦井良太郎.2003.大学1年生における身体活動量と性別・運動経験・日常生活活動との関係.大学体育.79:21-26.
    • 木内敦詞, 中村友浩, 荒井弘和. 2003. 健康行動実践力の育成をめざした大学体育授業-授業時間内外の課題実践を用いて-.大学教育学会誌(事例研究).25:112-118.
    紀要、学会報告、資料等
    • 平井博志、中村友浩 2011 大学体育施設を利用した知的障がい者スポーツプログラムの実践.体育・スポーツ科学 20:47-50. 
    • THE CONTRACTILE, BIOCHEMICAL AND HISTOLOGICAL PROPERTIES OF A NOVEL IN VITRO THREE-DIMENSIONAL SKELETAL MUSCLE MODEL K, Yamasaki, H, Hayashi, D, Terada, H, Kondo, T, Fujisato, T, Nakamura. 2009.The Journal of Physiological Sciences Supplement 1 59 : 450.
    • 中村友浩. 2007. 海外大学体育事情「ケンタッキー大学の体育教育」.大学体育. 90:74-75.
    • 奈良雅之・小林勝法・木内敦詞・中村友浩. 2006. 初年次教育としての大学保健体育.大学教育学会誌.28(2): 78-79.
    • 中村友浩. 2006. 事例に学ぶ大学体育活性化戦略「初年次教育としての大学体育」.大学体育. 87:160-164.
    • 中村友浩. 2005. 平成16年度大学体育FD推進校表彰「学内外の評価を積極的に受け、教育組織としての独自性を確立しよう」. 大学体育. 85:32-35.
    • 荒井弘和・中村友浩 2005 スペシャルオリンピックス・アスリートのファミリーにおける運動習慣 日本障害者体育・スポーツ研究会研究紀要, 28, 16-18.
    • 熊谷秋三、勝田茂、中村友浩、桧垣靖樹、諏訪雅貴、中野裕史. 2002.インスリン抵抗性症候群モデルラットの開発. 平成11年度~13年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書.
    • 熊谷秋三、勝田茂、中村友浩、諏訪雅貴、桧垣靖樹、佐々木悠. 肥満およびインスリン抵抗性の成因としての骨格筋-速筋優位モデルラットを用いての検討-. 2000. 平成10年度~11年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書.
    • 中村友浩. 1998. 酵母にみられるストレス応答の意義. 運動生化学. 10:23-24.
    • 勝田 茂、増井都乃、中村友浩.1991. 選択交配法による筋線維組成・筋酵素活性の遺伝学的検討-第7世代までの結果より-. 筑波大学体育科学系紀要.14:155-165.
    • 勝田 茂、中村友浩.1988. ラットのVo2maxと筋線維組成 との関係,およびその系統差について. 筑波大学体育科学系紀要.11:197-203.
    主な研究講演、学会発表
    • T.Nakamura, S.Takagi, T.Akimoto, T.Kamon, T.Fujisato.The development of fatigue model in a tissue-engineered muscle.ECSS2015( Malmo,Sweden)
    • 中村友浩・高木空・掃部貴文・秋本崇之・藤里俊哉. 2015. 三次元培養筋の構築と生理学的応用. 第3回 骨格筋生物学研究会.(東北大学)
    • T.Nakamura, T.Kamon, T. Fujisato. 2012. Twitch properties and molecular dynamics of a three-dimensional skeletal muscle model. IBEC2012.(Stockholm,Sweden)
    • 掃部貴文・笠松研佑・藤里俊哉・中村友浩.2010.3次元培養骨格筋における筋特異的遺伝子群の転写動態.第65回日本体力医学会大会(千葉商科大学)
    • 笠松研佑・掃部貴文・藤里俊哉・中村友浩.2010.温熱ストレスが3次元培養骨格筋の収縮特性に与える影響.第65回日本体力医学会大会(千葉商科大学)
    • The time course appearances of Isometric properties and muscle-specific proteins in a novel three-dimensional skeletal muscle model.T.Nakamura,K.Yamasaki,T.Fujisato. 2010.Experimental Biology 2010(LA,USA)
    • THE CONTRACTILE, BIOCHEMICAL AND HISTOLOGICAL PROPERTIES OF A NOVEL IN VITRO THREE-DIMENSIONAL SKELETAL MUSCLE MODEL K, Yamasaki, H, Hayashi, D, Terada, H, Kondo, T, Fujisato, T, Nakamura. 2009.86th International Congress of Physiological Sciences(Kyoto,Japan)
    • 中村友浩、安部博子、平田愛子、下田親.2002.分裂酵母ADAMファミリータンパク質Mde10は胞子の表層形成に関与する.日本分子生物学会.
    • T. Nakamura, H. Abe, C. Shimoda. 2002. A putative ADAM family protein Mde10 is necesarry for intactness of spores. 2st International Fission Yeast Meeting(Kyoto.Japan).
    • 中村友浩、安部博子、下田親.2000.ADAM familyに属する分裂酵母mde10タンパク質は胞子表層に局在する.日本分子生物学会.
    • T. Nakamura, C. Shimoda. 1999. The Schizosaccharomyces pombe spo6+ gene encoding a nuclear protein with a sequence similarity to yeast Dbf4 is required for meiotic second division. 1st International Fission Yeast Meeting(Edinburgh.UK).
    • 中村友浩, 下田親.1998.分裂酵母spo6+遺伝子は正常な減数第二分裂の進行に必要である.日本分子生物学会.
    • 中村友浩.1998.酵母にみられるストレス応答の意義.運動生化学研究会.
    • 中村友浩、諏訪雅貴.1996. 選択交配法によって作成された速筋線維優位ラットの検討.運動生化学研究会.
    • 中村友浩.1995. 速筋線維優位ラットの分析と今後の可能性.WLM研究会.
    • 中村友浩.1993.筋肉の特性 遺伝か環境か.大阪体育学会.
    主な教育講演、学会発表
    • 平井博志・中村友浩.2010.大学体育施設を利用した知的障害者スポーツプログラムの実践報告.兵庫・体育スポーツ科学学会第21回大会(関西国際大学)
    • 山崎健一・藤里俊哉・中村友浩.2009. 3次元培養骨格筋モデルにおける生理生化学的特性の評価.第64回日本体力医学会大会(新潟コンベンションセンター)  
    • A,Kiuchi,H,Arai,R,Urai,T,Nakamura 2007 Physical education class based on behavioral science activates the physical activity related variables among first year college male students in Japan. 12th Annual Congress of the European College of Sport Science [ECSS](Jyvaskyla, Finland)
    • 木内敦詞・荒井弘和・浦井良太郎・中村友浩 2006 行動科学に基づく体育授業プログラムによる大学新入生の健康度・生活習慣の改善.日本体育学会第57回大会(弘前大学)
    • 中村友浩.2005. 大学体育FD推進校表彰制度に応募して.全国大学体育連合 近畿支部会(神戸大学).
    • 中村友浩.2005. 初年次教育としての大学体育.日本体育学会&大学体育連合企画シンポジウム(筑波大学).
    • 木内敦詞・荒井弘和・浦井良太郎・中村友浩 2005.身体活動ピラミッドの概念学習と行動変容技法による大学生の身体活動促進.日本体育学会第56回大会(筑波大学)
    • 木内敦詞・荒井弘和・浦井良太郎・中村友浩 2005.区分された身体活動領域の行動変容段階および実施頻度の検討.日本スポーツ心理学会第32回大会(早稲田大学)
    • 木内敦詞・荒井弘和・中村友浩・浦井良太郎 2004.日常の運動実践課題を用いた体育授業が大学生の身体活動量と健康関連体力に及ぼす影響.日本スポーツ教育学会第24回大会(北海道教育大学釧路校)
    • 荒井弘和・中村友浩・木内敦詞 2004.不安傾向・抑うつ傾向と運動行動の変容段階との関連.日本ストレスマネジメント学会第3回大会(早稲田大学)
    • 木内敦詞・荒井弘和・中村友浩 2004.体育版の宿題を用いた大学初年度教育の試み.日本健康支援学会第5回大会・運動疫学研究会第6回大会-ジョイントカンファレンス(九州大学国際研究交流プラザ)
    • 荒井弘和・木内敦詞・中村友浩 2004.男子大学生における身体活動・運動と不安・抑うつとの関係―Hospiral Anxiaty and Depression Scale (HADS) を指標として―.日本健康支援学会第5回大会・運動疫学研究会第6回大会-ジョイントカンファレンス(九州大学国際研究交流プラザ)
    • 中村友浩.1998. 素質とは何か? 大阪工業大学 研究談話会.
    研究助成
  • 1998年度~1999年度 文部科学省科学研究費(基盤C)(分担)
  • 1999年度~2001年度 文部科学省科学研究費(基盤B)(分担)
  • 2012年度 大正製薬 共同研究
  • 2013年度-2015年度 文部科学省科学研究費(基盤C)(代表)
  • 2017年度-2019年度 文部科学省科学研究費(基盤C)(代表)
  • 受賞関連
    • 2004年度 大学体育FD推進校認定:全国大学体育連合(申請代表者)
    • 2003年度 大学体育奨励賞:全国大学体育連合
    主な学会、研究会等
    共同研究室
    • 大阪工業大学生命工学科バイオマテリアル研究室
    学内外役職活動、その他
    • 大学体育連合近畿支部 理事
    • Frontiers in Physiology Review Ediitor
    • 日本体力医学会評議員
    • 日本運動生理学会評議員
    • 大阪市立大学大学院理学研究科(細胞生物学研究室)学外研究員
    • 第16回日本運動生理学会“筋肥大及び筋萎縮の分子メカニズム”座長
    • 平成19年度大学体育FD推進校審査員
    • 大阪工大体育会副会長(体育会HP)
    • 大阪工大陸上競技部顧問(陸上競技部HP)
    • 阿倍野の福祉環境を考える会会員
    学内外貢献活動、その他
    • 中村友浩. 2017. トレーニングでも超えられぬ素質 それを早期に見極めることがトップアスリート育成のカギ 常翔学園広報誌
    • 中村友浩. 2010.科学の目でスポーツを見る 大阪工業大学知的財産学部知的財産学科HPコラム
    • 中村友浩. 2008.ケンタッキー州の生活、教育、福祉 阿倍野の福祉環境を考える会(エフ・エー
    • 中村友浩. 2007.“体育教育”再考 大阪工業大学知的財産学部知的財産学科HPコラム
    • 中村友浩.2005.知的障害者の家族が望む福祉とは?NPO法人ふくてっく学習会(ふくてっくHP)