情報科学部について

HOME > 施設紹介 > バーチャルリアリティ室

バーチャルリアリティ室(VR室)

この部屋には300インチ相当のシリンドリカル(円筒形)スクリーンが設置され、6台の液晶プロジェクタにより、臨場感あふれた立体的な映像を映し出すことができるシステムが設置されています。また、スクリーンの前には3名が座ることのできる電動6軸モーションが設置され、映像と同期して動きを体感することもできます。高品位かつリアルタイムに3次元画像を生成するために5台のPCを高速イーサネットワークで接続して、各々のPCにCG専用のグラフィックスハードウェアを搭載しています。また、コンピュータで設計した形状に触れることができるハプティックデバイスや、実物として出力することができるプロダクション向けの3Dプリンタも設置されています。

このような装置を使って以下のようなVRに関する研究が行われています。

仮想ダイビングの開発

PC内に構築された仮想の海を3次元CGで作成し,いろいろな種類の海洋魚を泳がせ、ヘッドマウントディスプレイを装着することで,あたかも海の中を泳いでいるかのごとく泳ぎ回って魚を鑑賞することができます。

ヘッドマウントディスプレイ

ヘッドマウントディスプレイ

仮想ダイビングシステム

仮想ダイビングシステム

ハプティックデバイス

ハプティックデバイス

3Dプリンタ

3Dプリンタ

PAGE TOP