HOME > 情報メディア学科 教育内容・科目例

情報メディア学科の専門科目

情報メディア学科では,興味深い専門領域の多彩な学びに触れることができます。数ある専門科目の中から8科目をピックアップして紹介しましょう。

科目名 その中身は...
コンピュータ
グラフィックスT
コンピュータグラフィックスの基本的な技術を理解した後,コンピュータグラフィックスの利用,技法の特徴,用語に関する知識を身につけ,コンピュータで画像を用いることの意義を学びます。
音響処理 音の物理から聴覚,音声,音楽情報処理といった音にまつわる幅広い話題について解説し,実際に生活の中で使用している様々な音響情報処理技術の概要について学びます。
色彩学 これまで「感性」だけによるものと考えられがちであった色彩に関する知識や技能を理論的,系統的に学び,使いやすいインタフェースを構築できる技術を修得します。
感性情報処理 直感的なコンピュータインタフェースを実現するための技術と留意点を中心に,人間同士の対面コミュニケーションをコンピュータ上で実現するための擬人化インタフェースに重点をおき実例とともに理解を深めます。
ヒューマン
インタフェース
ヒューマンインタフェース(HI)は,人と情報システム,あるいは人と人のやり取りを円滑にすることを目的とした考え方です。人間中心設計の考え方に基づき,人にやさしいHI設計の原理・方法を理解します。
映像技術演習 CG分野において情報コミュニケーション手段として効果的な方法であるアニメーション。講義では3次元アニメーションを制作するために必要な技術を基礎から応用まで学びます。
情報メディア演習 画像,音声メディアの生成,処理から,画像,映像,音声,言語メディアの基本処理技術を身につけ,最終的にはこれらを統合したメディア処理技術を修得します。
卒業研究 所属する研究室において,教員の指導を受けつつ,自ら設定したテーマについての研究を主体的に深めます。研究の成果として論文を作成します。

>>取得可能な資格の例  >>卒業後の進路の例

PAGE TOP

学びのステップ

情報メディア学科学びのステップ4年間の学習は基礎から発展・先端分野まで段階的に進みます。

まず1年次では,数理科学や情報科学の基本となるコンピュータのハードウェアとソフトウェア,ならびに情報通信についての技術やプログラミングに関する基礎技術を学びます。同時に,エレクトロニクスに関する知識や,言語・音声・画像・図形など多様なメディアに関する特性,歴史,可能性などの知識を身につけ,情報メディアを学び進めるうえでの基礎となる力をしっかりと身につけます。

2年次では,図形,画像,音声などのマルチメディア技術について本格的に学びます。また,プログラミングについても複雑なアルゴリズムを実現する技術を修得します。専門科目はマルチメディアシステム開発の技術者をめざすメディアシステム領域とマルチメディア利用技術者をめざすヒューマンメディア領域のそれぞれの領域で特色ある科目を学び,マルチメディア専門技術者としての技術を身につけます。

3年次では,情報メディア演習などの科目を通して実践的なマルチメディア技術を修得します。また,人とシステムとのかかわりで重要な要素となる感性情報やヒューマンインタフェースに関する技術を学び,人に優しい情報システムを構築する技術と技術者としての心構えを学びます。さらにアニメーションやディジタルコミュニケーションの科目を通じて高品質なコンテンツ作成技術を学びます。後半は各研究室に所属し,情報メディアについて研究活動を始めます。

4年次では,各自定めた研究テーマで行う卒業研究が中心となる1年間です。大学で4年間に学んだ知識や技術の集大成として卒業研究に取り組み,その過程において,問題解決能力やコミュニケーション能力をも身につけます。また,広い視点で情報科学を概観できる総合科目などを履修して,広く社会から求められる,かつ身につけた技術や知識を持って社会に貢献できる情報技術者をめざします。

情報メディア学科カリキュラム

 情報メディア学科カリキュラム  >>共通教育科目一覧

PAGE TOP