情報システム学科

HOME > 情報システム学科

情報システム学科での学び

産業や社会の基盤となる情報システム。その基本技術から応用までを幅広く学び、社会のあらゆる場面で役に立つ実力を養います。ハード・ソフトウェアをはじめプログラミング、データベース、ネットワークを中心に学び、下記の三本柱に基づいてシステムエンジニアに求められる「情報システムの提案・設計・運用・管理を行う能力」を身に付けます。これらの教育内容は、独立行政法人情報処理推進機構が実施している国家試験(経済産業省の認定)「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」の出題範囲とも密接に関係しています。当学科では在学中の合格を推奨しています。

情報システム学科で身につける技術

PAGE TOP

情報システム学科の特徴

授業


基礎からじっくり学ぶプログラミング
情報システムの開発にはプログラミングの技術が必須です。1年次のプログラミング演習はプログラムを書いたことが無い人を想定した内容ですが、徐々に高度な演習内容となっていき、3年次の演習では簡単なゲームを開発します(C演習I・II、Java演習、ソフトウェア工学演習)。また、プログラミングに関連する理論についても深く学習します(プログラミング基礎、データ構造とアルゴリズム、プログラミング言語論)。
プログラミング教育
問題解決とシステム系科目群
理想と現実のギャップを埋めることを問題解決といいます。現代社会において高度な問題解決には、複数の手段を組み合わせたシステムが重要になります。情報システム学科のシステム系科目群は、企業やホワイトカラーの生産性の向上に焦点を当てています。システムの概念、設計、開発、計画、最適化、運用、評価、事例などを幅広く学び社会に貢献しよう(システム工学、経営システム論、Webサービス論、モデリングとシミュレーション、オペレーションズ・リサーチ、数理計画法など)。
システム系科目
情報システムに不可欠なデータベース技術の学習
情報システムを構成する重要な技術の一つに、データベースがあります。情報システム学科では、データベースについての概要や理論に関する講義のみならず、要求定義書からのデータベース設計、 SQLによるデータベースの構築やデータの集計などを行う専門的な演習も行っており、より実践的なデータベース技術を学びます。(データベースシステム、情報システム専門演習)
データベース技術
パソコンを使ってレポートを作成
パソコンに慣れるだけではなくレポートなどの文書作成能力を養うことは重要です。情報科学部での教育のために用意されたテキストを使用して、図、表、グラフ、数式の作成方法からレポートの執筆、さらにプレゼンまでを実習します(写真はプレゼンテーションの実習場景)。また、表計算ソフトによる分析や電子メールの書き方についても学びます。演習では、「できる」を積み重ねていきます。
レポート作成
4年間の集大成:卒業研究発表会
4年次には研究室に配属して卒業研究を行います。指導教員の指導の下、各学生がそれぞれ未知の問題に取り組み、その問題の技術的背景、解決手法の提案、実験、評価などを論文にまとめます。また、発表会でその成果を発表します。情報システム学科の卒業研究では、問題を解決するためのシステムを提案することも多く、情報システム技術者に必要なスキル・考え方・取り組み姿勢を身に付けます。完成度の高い卒業研究は学会などで発表することもあります。卒業生の開発したシステムの例(先輩の卒業研究テーマ紹介)もご覧ください
卒研発表会
PAGE TOP

キーテクノロジー


スマートシティを実現する情報制御システム
スマートシティと呼ばれる、鉄道や電力など社会を支えるシステムの高度化が進められています。安心安全で楽しい社会を構想して、設備制御から情報サービスまでのトータルシステムをデザインしましょう。プロトタイプ(模擬システム)を作成して、実現技術を考案しましょう。こちらをクリックしてみて下さい。(社会基盤情報システム研究室)
smartcity
サービスコンピューティングでリッチアプリ創出
グルメ、ファッション、トラベル、スポーツ分野のデイリーライフをリッチに支援。エンタープライズ、オフィスアプリもカバーします。豊富なソフトウェア部品とクラウドサービスを使って迅速・タイムリーな開発を実現します。MyアイデアをスマホやWebで実現しよう!(サービスコンピューティング研究室)
サービスコンピューティング
チームでのソフトウェア開発
レゴブロックを使った街の作成やマシュマロタワーといった様々な演習を通じてチームでのコミュニケーションを学び、ロボットカーやゲーム開発といった様々な題材を通じてプログラミングだけじゃないチーム開発で求められるスキルの獲得を目指します。ただ作るだけではなく、他のメンバーと協力してシステムを作り上げる楽しさを体験しよう!(Team Software Development研究室)
teamdev
スマホやWebでゲームプログラミング
AndoroidやWebの画面でオリジナルゲームを作成。シューティング、タッチ、センサ利用、文字ゲームなど自分のアイデアをプログラミング。ストーリーやキャラも自作でRPG「サイバーキャノン・学園テロから救い出せ」を開発。自分の力量、特性に応じてチャレンジ可能!(サービスコンピューティング研究室・アドホックプロジェクト)
ゲームプログラミング
大規模/高速な処理を実現する並列処理システム
ビッグデータ解析という言葉が広く用いられているように、現代では超大規模データを高速に処理してビジネスに活用する動きが盛んです。そのような処理を裏から支えているのが並列処理システムです。並列処理を行うプログラムの開発は難しいのですが、それを容易にするためのプログラム開発技術について研究しています。(並列処理研究室)
並列処理システム
ゲームプログラミング入門テキスト
情報分野を目指す人間の多くはゲームをプログラミングしてみたいと思っているのではないでしょうか?ゲームプログラミングを通して、勉強として強制的にやらされているのではなく、自分自身楽しく、創造性を育みながらプログラムスキルが身に付いていくと考え、学習素材を整備しています。高校のコンピュータ部から大学2年位の学生を想定し、AndroidとJavaScriptでシューティングゲームを段階的に学べるようにしています。プログラミングは簡単なものではないので、テクニックを段々と積み上げ、オリジナルなゲームを作れるように考えています。情報系の就職先は大半がシステム開発関係であり、プログラミングの知識や技術は必須です。楽しいプログラミングから職業としてのプログラミングにつなげて行きましょう。
ゲームプログラミング入門テキスト
PAGE TOP

学生主体のプロジェクト


オセロゲームプログラミングコンテスト
学生が開発したオセロゲームの人工知能を対戦させるコンテストを実施しています。この大会は、学生のプログラミング能力育成を目的として2002年以降毎年12月に実施しているもので、例年20人前後が熱い戦いを繰り広げます。 1年生から3年生までの学生であれば誰でも参加でき、3年生が順当に上位を占める年もありますが、1年生がいきなり優勝したり、また1年生の時は予選敗退でしたが2年生で3位に入り、3年生で優勝したという学生も過去にいます。使用するプログラミング言語は何でもありで、それぞれが得意な言語を使ってプログラムを開発しています。
オセロプログラミングコンテスト
競技プログラミングチーム
「ACM-ICPC」という国際大学対抗プログラミングコンテストへの出場を通して、高度なプログラミング能力を身に付けるプロジェクトです。コンテストの国内予選を突破するべく、有志の学生が勉強会を開き、プログラミング能力の研鑽に努めています。過去に3回、国内予選を突破することができました。本プロジェクトにおける勉強内容は授業のレベルを超えた難しいものですが、スーパープログラマに一歩でも近付くことを目指して頑張っています。
programming_team
音楽演奏ツール開発プロジェクト
授業で学んだプログラミング技術を応用し、グループで応用プログラムを開発します。具体的には、音楽を演奏するツールを開発します。自分達の創意工夫によってオリジナルのソフトウェアを生み出すという、プログラミングの醍醐味を体験します。
音楽演奏ツール開発プロジェクト
PAGE TOP

卒業生の主な就職先

多くの卒業生はシステムインテグレーター業界の企業に就職し、システムエンジニアとして様々な分野のシステム開発に関わっています。こちらに最近の就職先の一例をまとめていますのでご覧ください。また、より高度な技術を学ぶために大学院に進学する人もいます。
PAGE TOP