枚方八景

香里団地の並木

 東洋一と言われた香里団地は、昭和32年に建設されました。街路樹は太く健やかに育ち、枝葉を空に張るようになりました。大通りの両側に伸びる270本のケヤキは春の若葉、秋の紅葉と季節ごとに表情を変えます。このほかに桜・トウカエデ・イチョウなどの並木もあり、四季を通じて道行く人に安らぎを与えます。

<香里ヶ丘3〜9丁目、新香里、香里ヶ丘9丁目のいずれかで下車>

枚方八景のページに戻る

京阪交野線沿いの見所のページに戻る