光善寺のさいかち

お勧め度:★★

photograph
説明  さいかちは、マメ科の落葉喬木で本州中南部、四国、九州に自生する。光善寺のさいかちは高さ12m。目の高さの位置で直径80cmの太さがある。大阪府北部地域ではほとんど見ることができないものであり、昭和49年に大阪府指定文化財(天然記念物)となった。


実際に行ってきた感想
・寺の右裏手にある。
・イヌが2匹そこまでの道をふさいでいるので、お寺の方に頼んだほうがいいかも知れません。

<枚方の名所・旧跡のページに戻る>

<淀川・京阪線沿い見所マップへ戻る>