HOME > ヒューマンロボティクス研究開発センター

ヒューマンロボティクス研究開発センター(HRC)のミッション

情報科学部における研究成果を社会還元し、あわせて学部在学生・大学院生に情報技術の社会応用の側面を教育する目的でヒューマンロボティクス研究開発センター(HRC)を設置しています。

HRCは人間の活動を円滑に支援するロボットの研究に取り組み、人々の生活を安全で快適なものにする仕組みを提案する研究拠点を目指しています。この目的のため、産学官連携の推進や企業との共同研究/委託研究などを積極的に行っています。

ヒューマンロボティクス研究開発センターHRCにおける研究開発活動の詳細については左のバナーから
(学外のWebページに移動します)

 

これまでの研究事例(抜粋)

コミュニケーションロボットの研究
人間・ロボット間の協調型コミュニケーションモデルの解明を目指し,コミュニケーション場を活性化してくれる飽きないロボットを研究しています。
 
セルフバランシングロボットの研究
人間と一体となって円滑に協調動作ができる2輪型の新しいVehicleを開発しています。
 
盲導犬ロボットプロジェクト
学生プロジェクトが中心となり,安心してナビゲートしてくれる盲導犬ロボットを開発しています。
 
次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト  (NEDO再委託研究)
産官学の次世代ロボット知能化技術開発プロジェクトにおいて,企業と「コミュニケーション知能(社会・生活分野)の開発」を行っています。具体的には,「身振り・仕草認識モジュール,感情認識モジュール」の開発を行っています。
 

 

地域企業への支援事例(抜粋)

  • 組込みソフトウェア開発実践公開講座開講
  • 医療分野における教育用訓練ロボットの開発に関する企画
    (大阪府ロボット・情報家電基盤技術高度化支援研究会主催「事業基盤強化プロジェクト」)
  • 筆ペン先製造工程の自動化技術の開発支援
    (大阪府ロボット・情報家電基盤技術高度化支援研究会主催「事業基盤強化プロジェクト」)
  • 高齢者・身障者・肢体不自由者向けの実用的なリーチャの開発支援
    (大阪府ロボット・情報家電基盤技術高度化支援研究会主催「事業基盤強化プロジェクト」)

センター構成

  • センター長: 佐 野 睦 夫(教授、情報メディア学科)
  • センター員: 大 里 延 康(教授、情報システム学科)
           亀 島 鉱 二(教授、情報メディア学科)
           中 嶋 鴻 毅(教授、情報メディア学科)
           井 上 雄 紀(准教授、情報ネットワーク学科)
           神 田 智 子(准教授、情報メディア学科)
           小 松 信 雄(准教授、コンピュータ科学科)
           西 口 敏 司(准教授、情報ネットワーク学科)
           橋 本   渉(准教授、情報メディア学科)
           宮脇 健三郎(嘱託助手、コンピュータ科学科)
     
  • 連絡先: 大阪工業大学情報科学部 佐野睦夫
PAGE TOP