情報システム学科

情報システム学科での学び

産業や社会の基盤となる情報システム、そして皆さんの生活を支え豊かにするWebやスマートフォンアプリケーション。その基本技術から応用までを幅広く学び、社会のあらゆる場面で役に立つ実力を養います。

ハード・ソフトウェアをはじめプログラミング、データベース、ネットワークを中心に学び、図に示す学びの三本柱に基づいてシステムエンジニア(SE)に求められる「情報システムの 提案・設計・開発・運用管理を行う力」を身に付けます。

多くの卒業生がSEとしてこの力を社会の中で発揮してくれていますが、その活躍のためには学生時代にいかに深くプログラムを開発したかが重要になります。 情報システム学科は、楽しく、深く、達成感のあるプログラミングができるよう知識ゼロからの学習を支援します。

これらの教育内容は、経済産業省が実施している国家試験「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」の出題範囲とも密接に関係しています。当学科では在学中の合格を推奨しています。

情報システム学科の特徴

授業

基礎からじっくり学ぶプログラミング

情報システムの開発にはプログラミングが必須です。1年次のプログラミング演習は初めてプログラミングを学ぶ人を想定した内容ですが、徐々に高度な内容になっていき、3年次には簡単なゲームを開発します(C演習I・II、Java演習、ソフトウェア工学演習)。また、プログラムに関連する専門的な理論や、コンピュータ上でプログラムが動作する仕組みについても学びます(プログラミング基礎、データ構造とアルゴリズム、プログラミング言語論、計算機アーキテクチャ)。

自分のノートパソコンでプログラミング

自分のノートPC(Windows 10)を使っていろいろな授業を受けます。今までにパソコンを使ったことが無い人も心配ありません。1年生前期の授業でノートPCにいろいろなOffice系ソフトを導入して使い方を練習することでパソコンを使いこなせるようになります。また、情報システム学科の演習科目でも自分のノートPCを用います。情報システム学科の教員が各演習用に用意したプログラミング環境を導入することで、学内の共用スペースや自宅など、どこでも気軽に演習課題に取り組むことができます。

パソコンを使ってレポートを作成

パソコンに慣れるだけではなくレポートなどの文書作成能力を養うことは重要です。情報科学部での教育のために用意されたテキストを使用して、図、表、グラフ、数式の作成方法からレポートの執筆、さらにプレゼンまでを実習します(写真はプレゼンテーションの実習場景)。また、表計算ソフトによる分析や電子メールの書き方についても学びます。演習では、「できる」を積み重ねていきます。

ソフトウェアを効率良く開発する技術

情報システムを構築するためには単にプログラミング技術を学ぶだけでは不十分です。高品質なソフトウェアを開発するための設計技法、開発プロセス、抽象化技法、およびチームで開発するための方法論を身に付けます(ソフトウェア工学I・II)。

情報システムに不可欠なデータベース技術

情報システムを構成する重要な技術の一つにデータベースがあります。情報システム学科では、データベースの理論に関する講義のみならず、要求定義書からのデータベース設計、 SQLによるデータベースの構築やデータの集計などを行う専門的な演習も行っており、より実践的なデータベース技術を学びます(データベースシステム、情報システム専門演習)。

問題解決とシステム系科目群

理想と現実のギャップを埋めることを問題解決といいます。現代社会において高度な問題解決には、複数の手段を組み合わせたシステムが重要になります。情報システム学科のシステム系科目群は、企業やホワイトカラーの生産性の向上に焦点を当てています。システムの概念、設計、開発、計画、最適化、運用、評価、事例などを幅広く学び社会に貢献しよう(システム工学、経営システム論、Webサービス論、モデリングとシミュレーション、オペレーションズ・リサーチ、数理計画法など)。

4年間の集大成:卒業研究発表会

4年次には研究室に配属して卒業研究を行います。指導教員の指導の下、各学生がそれぞれ未知の問題に取り組み、その問題の技術的背景、解決手法の提案、実験、評価などを論文にまとめます。また、発表会でその成果を発表します。情報システム学科の卒業研究では、問題を解決するためのシステムを提案することも多く、情報システム技術者に必要なスキル・考え方・取り組み姿勢を身に付けます。完成度の高い卒業研究は学会などで発表することもあります。

競技プログラミングチーム(学生プロジェクト)

「ACM-ICPC」という国際大学対抗プログラミングコンテストへの出場を通して高度なプログラミング能力を身に付けます。コンテストの国内予選を突破するべく、有志の学生が勉強会を開き、プログラミング能力の研鑽に努めています。国内予選には2002年度から連続19年出場し、4回国内予選を突破できました。本プロジェクトにおける勉強内容は授業レベルを超えた難しいものですが、スーパープログラマに一歩でも近付くことを目指して頑張っています。 なお、学生時代に本チームで活動し、Google、Yahoo Japan、楽天、freee、NAVITIME、SKIYAKIといったWebサービス系企業で活躍しているOBが多数います。

キーテクノロジー

スマートシティを実現する情報制御システム

スマートシティと呼ばれる、鉄道や電力など社会を支えるシステムの高度化が進められています。安心安全で楽しい社会を構想して、設備制御から情報サービスまでのトータルシステムをデザインしましょう。プロトタイプ(模擬システム)を作成して、実現技術を考案しましょう。こちらをクリックしてみて下さい。(社会基盤情報システム研究室)

チームでのソフトウェア開発

レゴブロックを使った街の作成やマシュマロタワーといった様々な演習を通じてチームでのコミュニケーションを学び、ロボットカーやゲーム開発といった様々な題材を通じてプログラミングだけではないチーム開発で求められるスキルの獲得を目指します。ただ作るだけではなく、他のメンバーと協力してシステムを作り上げる楽しさを体験しよう!(Team Software Development研究室)

大規模/高速な処理を実現する並列処理システム

ビッグデータ解析や深層学習という言葉が広く用いられているように、現代では大規模な処理を高速に行ってビジネスに活用する動きが盛んです。そのような処理を裏から支えているのが並列処理システムです。並列処理を行うプログラムの開発は難しいのですが、それを容易にするためのプログラム開発技術について研究しています。(並列処理研究室)

スマホやWebでゲームプログラミング

AndoroidやWebの画面でオリジナルゲームを作成。シューティング、タッチ、センサ利用、文字ゲームなど自分のアイデアをプログラミング。ストーリーやキャラも自作でRPG「サイバーキャノン・学園テロから救い出せ」を開発。自分の力量、特性に応じてチャレンジ可能!(サービスコンピューティング研究室・アドホックプロジェクト)

ゲームプログラミング入門テキスト

情報分野を目指す人の多くはゲームをプログラミングしてみたいと思っているのではないでしょうか?ゲームプログラミングを通して、勉強として強制的にやらされているのではなく、自分自身楽しく、創造性を育みながらプログラムスキルが身に付いていくと考え、学習素材を整備しています。高校のコンピュータ部から大学2年位の学生を想定し、AndroidとJavaScriptでシューティングゲームを段階的に学べるようにしています。プログラミングは簡単なものではないので、テクニックを段々と積み上げ、オリジナルなゲームを作れるように考えています。情報系の就職先は大半がシステム開発関係であり、プログラミングの知識や技術は必須です。楽しいプログラミングから職業としてのプログラミングにつなげて行きましょう。

サービスコンピューティングでリッチアプリ創出

IT分野に就職し職場で活躍するにはプログラミング技術が必須です。これは、実際の大規模インフラシステム開発に長年携わってきた教員の経験から皆さんに伝えたいことです。企業においては、軸(武器)を持つことで業務推進における信用が得られますので、大学のうちにきちんとした開発を体験することが重要です。さて、技術力を着けるには興味の無いことをやっていては続きません。そこで、日常生活から産業向けまで世の役に立つアプリケーションを創出することをテーマとします。各自の好きなこと、将来やってみたいこをアプリケーションとして開発します。ファッション、グルメ、トラベル、スポーツ、エンタメ、学習、医療など自分に興味のあるテーマを考え、スマホ、PC、サーバ上でプログラム作成します。Webプログラミング、スマホプログラミング、ゲームプログラミングなどを基礎から学習できるよう環境を整えています。豊富なソフトウェア部品とクラウドサービスを使って迅速・タイムリーな開発を実現します。MyアイデアをスマホやWebで実現しよう!(サービスコンピューティング研究室)

ゲームを強くする研究

ゲームプログラミングの例がこのページでいくつも紹介されていますが、楽しくプログラミングし自分の設計したものが実現することを実感することができるものの、研究という点では少し足りません。百人一首を題材としたゲームなどは文学系の授業に導入されてその学習効果を見るという点で研究になります。それでは自分が好きなボードゲームをスマホでプレイできるアプリケーションとして構築するというのはどうでしょう?  強いゲームを作るために人工知能的なアプローチでアルゴリズムを提案し、プログラミングすることは卒業研究にもなり、学会の研究会で発表することもできます。図はBLUFFというサイコロを使ったボードゲームです。アナログゲームサークルで興味を持ったBLUFFを卒業研究として実現したものです。人間のプレーヤとコンピュータプログラム3人が対戦します。コンピュータプログラムは自分以外のプレーヤが取り得る手を図右の様に木構造でつなげて行きます。この組み合わせは莫大な数になりコンピュータがフル回転しても全部は見きれません。相手が強い手を打ってくると仮定して意味のない手、弱い手を切り取り、自分にとってもっとも効果的な手を探します。この方法は工夫次第で強くなったりならなかったりします。オセロゲームなども同様で、工夫すればするほど良いアプリケーションになります。

情報システム学科の歴史

情報システム学科は、社会を支える情報システムを構築・運用・保守できる技術者の育成を目的とし、1996年に情報科学部と同時に設立されました。 現在、情報システム学科は、情報科学部の設立当初からそのままの名称で存続している唯一の学科です。 その長い歴史の中で、情報科学(コンピュータサイエンス)に基づく普遍的な技術とその時代ごとの新しい技術をバランス良く取り入れ、教育内容を蓄積してきました。 また、学科の設立以来、約2000名もの卒業生を輩出しました。 卒業生は情報システムの分野だけでなく様々な分野で活躍しています。 特に、初期に入学した世代の卒業生は既にベテランと呼ばれる世代です。 そのような多くの卒業生と同じ「情報システム学科」でつながっていることは大きな財産と言えます。

卒業生の主な就職先

多くの卒業生はシステムエンジニアとして様々な分野のシステム開発に関わっています。 過去の主な就職先を以下に示します。

【ソフトウエア・情報処理・通信】
NTTドコモ, ドコモ・テクノロジ, NTTデータ関西, NTTデータアイ, NTTデータ MSE, 三菱電機コントロールソフトウエア, 三菱電機ビジネスシステム, 三菱電機マイコン機器ソフトウエア, 日立社会情報サービス, 日立システムズ, 日立ソリューションズ, NEC情報システムズ, NECソリューションイノベータ, NECネッツエスアイ, NECネクサソリューションズ, 富士通, パナソニックソリューションテクノロジー, パナソニックデバイスシステムテクノ, キヤノンITSメディカル, カプコン, インテック, STNet, NSD, ジャステック, OKIソフトウェア, ケイ・オプティコム, JSOL, システナ, TIS, DNP情報システム, DTS, ニッセイ情報テクノロジー, 日本情報通信, Minoriソリューションズ, ユニアデックス, Yahoo!,ドワンゴ,メルカリ,楽天,メドレー,NAVITIME, アドウェイズ

【公務員】(若干名)
大阪府警察本部,警視庁,兵庫県警察本部,防衛省航空自衛隊

【教員】(若干名)
大阪府中学校, 兵庫県中学校, 羽衣学園中学校・高等学校, 浪速高等学校

【その他】
淡陽信用組合, パナソニックコンシューマーマーケティング,リコージャパン, ほか
より高度な技術を学ぶために大学院に進学する人もいます。 過去の就職率についてはこちらもご覧ください。