大学院:化学・環境・生命工学専攻

 化学・環境・生命工学専攻は幅広い技術領域から成り立ち、基盤となる技術には共通性があります。そこで、本専攻では、学部で身につけた専門性をさらに高めるために「物質・材料分野」および「環境ソリューション分野」、「生命・医工学・食品分野」を設置し、さらに基盤技術を幅広く学ぶため「専門横断」を置いています。
 その中で、これら3分野に関わる技術を融合的に理解し使いこなせる専門職業人・高度技術者の育成を目指します。

カリキュラム

博士前期課程

共通横断 数理科目
  • 応用数学特論
  • 応用物理学特論
学際科目
  • 外国語特論
  • 技術経営特論
  • 材料・デバイス開発実務特論
  • グローバルテクノロジー特論a
  • グローバルテクノロジー特論b
  • インターンシップ
専門横断
  • 基盤テクノロジーセミナーa
  • 基盤テクノロジーセミナーb
  • 研究倫理特論
  • 固体化学特論
  • 分析化学特論
  • 環境化学特論
  • 高分子材料特論
  • エネルギー技術特論
  • バイオエネルギー特論
  • 環境マーケティング特論
  • 微生物学特論
  • 酵素工学特論
専門 物質・
材料分野
  • 物理化学特論
  • 無機化学特論
  • 有機化学特論
  • ハイブリット材料特論
  • 材料化学特論
  • 配位化学特論
  • 無機合成化学特論
  • 超分子化学特論
  • ファインケミカルズ特論
  • 高分子化学特論
  • 分子認識化学特論
  • 界面化学特論
  • 物質・材料研究特論a
  • 物質・材料研究特論b
環境
ソリューション
分野
  • 生物環境物理学特論
  • 自然生態系特論
  • 資源リサイクル工学特論
  • バイオリサイクル工学特論
  • 生物処理工学特論
  • 環境計測特論
  • 地域環境管理特論
  • 計画数理特論
  • 水環境施設特論
  • 環境工学研究法a
  • 環境工学研究法b
生命・
医工学・
食品分野
  • 生体物理工学特論
  • バイオマテリアル特論
  • 生体電子工学特論
  • バイオメカニクス特論
  • 分子生体機能学特論
  • ナノメディシン特論
  • 生体情報学特論
  • 機能性食品学特論
  • 生物プロセス工学特論
  • 生命工学研究法a
  • 生命工学研究法b

博士後期課程

専門科目
  • 応用科学特殊研究
  • 環境工学特殊研究
  • 生命工学特殊研究

このページの先頭へ


【大宮キャンパス】〒535-8585 大阪市旭区大宮5丁目16-1 工学部事務室:06-6954-4419
Copyright © Osaka Institute of Technology, 2008 All rights reserved.