1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 専門職大学院知的財産研究科

専門職大学院知的財産研究科 知的財産の実務家としての専門知識と技能を身に付ける

専門職大学院知的財産研究科大宮キャンパス

専門職大学院 知的財産研究科公式サイト

時代が求める知的財産の専門家を養成します。
安価で高品質な「ものづくり」を得意とする日本。優れた技術力を持つ日本。
しかし、新興国の台頭や世界的な経済停滞の中で、それだけではグローバルな競争を勝ち抜けない時代になっています。
技術開発やデザイン開発の成果を知的財産として活用して競争力を向上させる力、優れたマーケティングを通じて知的財産としてのブランドを構築する力、人気ソフトやコンテンツをビジネスに活用する力、これらをグローバルな規模で展開する力などが問われています。
こうした状況の下、知的財産の専門家は、知的財産に関する実務的な能力を発揮することは当然として、企業の総合的な戦略を知的財産の側面から支えることも期待されています。
本大学院では、これから知的財産の世界を志す皆さん、そして激変する知的財産の世界で新たな知識や能力を身につけようとする皆さんの修学を支援しています。
詳細は、専門職大学院知的財産研究科公式サイトに掲載されています。


専門職大学院 知的財産研究科(専門職学位課程)

専門職大学院 知的財産研究科(専門職学位課程)

専攻教育目標(目的)
知的財産専攻専門職学位課程として、イノベーションを支援するために必要な知的財産に関する知識・技能を備えるとともに、法律的素養、国際的な視野およびビジネス感覚をもった高度な専門職業人を養成する。

(1)昼夜開講制で社会人も学びやすい環境

社会人でも学びやすいように、平日は昼間と夜間に授業を設定、夜間の授業は大阪工業大学うめきたナレッジセンターで開講します。土曜日は「コア・デイ」として昼間に集中して行います。また、カリキュラム、教科書、教材などをインターネットで公開し、授業時間外、キャンパス外での学習をサポートしています。

(2)官公庁、産業界のエキスパートを教授陣に招へい

"現場"を重視した実務教育を展開するため、特許庁から審査長や審判長、企業から知的財産部門のトップ級人材を教員に招へい。知的財産実務の第一線で得た豊富な経験と、体系化した理論が学べるカリキュラムを編成しています。

(3)弁理士国家試験一部免除

大学院修了者のうち特定の要件を満たした方は弁理士国家試験の一部が免除されます(※)。また、試験対策を強化するため、「弁理士試験受験特別講座」や「受験料の補助」など、さまざまな「弁理士試験受験支援制度」を展開しています。

※ 工業所有権審議会による、事前の免除資格認定が必要です。

(4)社会人のための長期履修制度

本大学院の標準修業年限は2年ですが、働いているために勉強時間の確保が困難な事情等を踏まえ、職業や家事に従事しながら学修し易い環境を整備する目的で、入学から修了までの期間を長期(最長期間は4年)に設定して計画的に履修することができる制度(長期履修制度)を設けています。

(5)入学時期を春・秋から選択可能な入学制度

2014年度より、本研究科に秋学期より入学する制度を追加しました。これは主として国内・海外の社会人を対象とした制度です。原則として通常の春入学のカリキュラムと共通ですが、入学生の二ーズに合わせた個別指導も一部実施します。

多様なニーズに応える人材の育成

一口に「知的財産のプロ」といっても、いろいろなタイプがあります。知的財産は専門的で狭い分野と思われがちですが、その幅は意外に広く、法律関係だけでなく、イノベーション支援、国際関係、戦略企画といったさまざまな業務があるからです。本研究科では、入学者の将来希望や関心分野に応じて、「イノベーション支援人材」、「グローバル知財人材」、「知財マネジメント人材」を育成します。もちろん、全方位にバランスよく学修し、オールラウンドな人材になることも可能です。

イノベーション支援人材 実践的な知財スキルで、研究開発の成果、製品デザイン、ブランド、ソフト、コンテンツなどを法律的に保護・活用、グローバル知財人材 国際的な知財制度や国際契約・訴訟などの知識で企業のグローバル展開に貢献、知財マネジメント人材 知財財産や技術標準を企業の実際のビジネスに戦略的に活用

ページの上部へ