1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 情報科学部/大学院情報科学研究科

知的財産学部 人と人、人と情報をつなぎ、安心・快適な未来をつくるIT技術者を育成

情報科学部/大学院情報科学研究科枚方キャンパス

情報科学部公式サイト

情報科学部は、ユビキタスネットワーク社会の到来に向け、4学科体制により情報通信技術(ICT)のスペシャリストの養成に取り組んでいます。私立大学では情報分野において初のJABEE(日本技術者教育認定機構)によるカリキュラム認定を受け、世界に通用する質の高い授業を行っています。
詳細は、情報科学部公式サイトに掲載されています。


情報科学部

大学院情報科学研究科(博士前期・後期課程)

情報科学部

学科教育目標(目的)
コンピュータ科学科 低学年においては、情報理論やコンピュータが行う計算の基礎知識の習得に始まり、コンピュータのハードウェアおよびソフトウェアに関する基礎を総合的に学び、これらの知識を土台として、高学年では、より高度なコンピュータ構成技術や、信号処理、計測・制御工学、ロボティクスなどに関する学問領域に視点を置いて、基礎理論から応用分野までを包括的に探求する。
情報システム学科低学年においては、情報理論やコンピュータが行う計算の基礎知識習得に始まり、コンピュータに関するハードウェアおよびソフトウェアの基礎を総合的に学ぶ。高学年では、これらの知識を土台として、コンピュータ、ネットワーク、データベースなどの情報通信に関する専門技術、および社会活動の基盤となるあらゆる情報システムの構築、運用に関する学術領域に視点を置いて、システム計画、設計、制御技術について基礎理論から応用までを包括的に学習する。
情報メディア学科低学年においては、情報理論やコンピュータが行う計算の基礎知識の習得に始まり、コンピュータのハードウェアおよびソフトウェアの基礎を総合的に学び、これらの知識を土台として、高学年では、マルチメディアの果たす役割とマルチメディア情報の処理、管理、伝達の技術に関する学問領域に視点を置いて、基礎理論から応用分野までを包括的に探求する。
情報ネットワーク学科低学年においては、情報理論やコンピュータが行う計算の基礎知識の習得に始まり、コンピュータのハードウェアおよびソフトウェアの基礎を総合的に学び、これらの知識を土台として、高学年では、情報ネットワークの果たす役割と情報ネットワークの設計・構築・運用・システム開発に関する学問領域に視点を置いて、基礎理論から応用分野までを包括的に探求する。

大学院情報科学研究科(博士前期・後期課程)

専攻教育目標(目的)
情報科学専攻広範囲にわたる情報科学技術の学問分野を、計算機工学、ソフトウエア、情報システム、情報メディア、情報通信ネットワークの5つの領域に集約し、高度な知識の獲得と創造的研究・開発能力を養う。

(1)情報技術をバランスよく学び、さまざまな分野のスペシャリストを養成

学部のポイント1

ITの中核技術をバランスよく学ぶとともに、コミュニケーション能力や業務遂行能力、倫理感なども養い、社会人としての基礎を固める総合的な教育を展開しています。加えて、手厚い就職指導により、就職率は毎年高い水準を維持。多くの学生が日本のIT業界を支える大企業とその系列会社に就職しています。

(2)情報分野では、私立大学で初めて国際基準を満たす教育プログラムを実施

学部のポイント2

JABEE(日本技術者教育認定機構)により認定された教育プログラムに基づく『CS(コンピュータサイエンス)コース』と、各学科固有の教育プログラムで学ぶ『総合コース』の2コース制で学びます。2年次にいずれかのコースを選択します。
【CSコース】
情報技術(IT)の核となる技術(コンピュータサイエンスとその関連技術)を中心にカリキュラムを編成。これらの科目を必修科目として学びます。CSコースの修了者には、卒業証書に加えて『CSコース修了証』が授与されます。
【総合コース】
各学科の特徴を生かした専門分野を中心にカリキュラムを編成。これらの科目をメインに、興味・関心のある科目を自由に選択します。

ページの上部へ

大阪工業大学