1. トップページ
  2. 情報センター
  3. 情報センター利用について:Microsoft OVS-ES

情報センター

Microsoft OVS-ES

概要

OVS-ESとは、Windows OSのアップグレードやOffice、Visual Sutdioのライセンスをユーザー数でカウントする契約形態です。この契約により、大学所有のPC(本学専任教員対象)にWindows OS、Microsoft Office、Visual Studioをインストールして利用することができます。

利用対象者

本学専任教員

対象ソフトウェア

対象ソフトウェア一覧(PDF形式:28.8KB)2018年6月5日更新

インストール条件

・大学所有のPCのみ
・OSはバージョンアップのみ

インストール方法

【大学所有のPC(本学専任教員対象)】
 ①ソフトウェア配布サーバから入手できるソフトウェアをインストールする場合
  ポータルサイト内のサイドバー[マニュアル]-[MSソフトウェアインストール]を参照ください。
          (ポータルサイトへは、こちら)
 ②情報センターでメディア貸出されるソフトウェアをインストールする場合
  情報センターにお問い合わせください。
      工大情報センター[大宮]06-6954-4519 (内2504)
              [枚方]072-866-5317 (内5317)
              [梅田]06-6147-7013 (内2026)

注意事項(2017年度以前に常翔ウェルフェアにてメディア(インストールディスク)購入者)
※製品(メディア)の提供は終了しました。
  1. 個人所有 PC (1台/1人のみ)へのインストールは、教育・研究を目的とし、本人のみの使用が条件となります。家族や友人の使用は認められません。
  2. OVS-ESで購入したメディアを他人に貸与・転売はできません。
  3. 利用者は、OVS-ES契約の解除時や大阪工業大学の学生身分または教員身分を喪失した場合には、ソフトウェアを削除する義務を負います。
  4. OVS-ES契約中に本学を卒業(修了)した学生は、学生使用許諾証明書の発行を受けた場合に限り、ソフトウェアを削除する義務を免除されます。ただし、卒業後はこのOVS-ESでのメディア購入はできません。

    学内ポータルサイト

ページの上部へ

大阪工業大学