情報センター

  1. トップページ
  2. 情報センター
  3. プライベートクラウド

プライベートクラウド(仮想マシン)の利用について

概要

プライベートクラウドとは、大学内で利用するために構築したクラウドコンピューティング環境のことです。
情報センターでは各研究への支援のために学内ネットワークからプライベートクラウド(仮想マシン)が
利用できるサービスを提供しています。このサービスにより、利用者はサーバの構築・運用ができます。
※仮想マシンとは、実際のコンピューターやサーバー上に、
   仮想化ソフト(PCエミュレーター)によって作り出される仮想的なコンピューターのことです。

利用対象者

本学教員

利用申請方法

申請はメールにて承っております。
以下の様式により private-cloud@center.oit.ac.jp までメールをお送りください。
仮想マシンが出来上がりましたら、利用マニュアルとともに受付完了のご連絡をいたします。
なお、申請前には必ずページ下部の「利用上の注意」をご確認くださいますようお願いいたします。

申請様式
            

①新規申請
--------------------------------------------------
件名:プライベートクラウド新規利用申請
氏名:
職員番号:
所属:
メールアドレス:
内線:
仮想マシン名(ホスト名):
仮想マシン上で動作させるOS(32bit/64bitまで記述):
申請理由(利用用途):
利用者数:
--------------------------------------------------
②継続申請
--------------------------------------------------
件名:プライベートクラウド継続利用申請
氏名:
職員番号:
所属:
メールアドレス:
内線:
仮想マシン名(ホスト名):
--------------------------------------------------
③変更申請(利用終了含む)
-------------------------------------------------
件名:プライベートクラウド変更利用申請
氏名:
職員番号:
所属:
メールアドレス:
内線:
仮想マシン名(ホスト名):
変更理由:
--------------------------------------------------

利用上の注意

  1. 高性能計算(HPC)などサーバに高負荷がかかる利用はしないこと。
  2. OSのライセンスやセットアップファイル等は各自で準備しインストールすること。
    ※有償ライセンスを利用する場合は申請時に「ライセンス証書のコピー」を添付してください。
  3.     
  4. OSインストール後に必ず「VMwareTools」をインストールすること。
    ※フリーのOSの場合、
       ご要望があればOS・VMwareToolsがインストール済みの仮想マシンを提供いたします。
  5.     
  6. 仮想マシンの設定ファイルやデータファイル等のバックアップは各自が行うこと。
  7. 計画停電時は利用者が仮想マシンの停止・再開を行うこと。
  8. OSアップデートやセキュリティチェックを継続的に実施すること。
  9. 学内での利用に制限した運用とすること。
  10. 仮想マシンのリソースはインストールOSに応じて情報センターで値を設定する。
  11. 仮想マシンのCPU割り当ては1コアとする。
  12. 他サーバへの負荷を減らすため、CPUのクロック周波数を制限する。
  13.     
  14. 所属のハイパーバイザについて、ハードウェア等のトラブルが発生した際には、
    直ちに情報センターで仮想マシンをシャットダウンし、別ハイパーバイザへ移行する。

TOP

ページの上部へ

大阪工業大学