1. トップページ
  2. 情報センター
  3. 情報センター利用案内一覧:施設・設備紹介

情報センター

施設・設備紹介

大宮キャンパス

8室ある情報演習室には、総数510台のパソコンと12台のカラープリンタを設置し、基礎的なものから回路設計やシミュレーション、CADなどの授業に対応しています。PC自習室・自習室では、総数70台のパソコンと3台のカラープリンタを開放しています。これら全てのパソコンでは、ネットブート方式によるWindows8.1とLinux(ubuntu)をデュアルブートで利用でき、ソフトウェアについてもほぼ全てのパソコンで同じ環境が利用できます。また、PBL型演習室では専用のPC10台と、メディアラウンジには15台のiMacを設置しています。ネットワーク環境については、キャンパス内の基幹ネットワークにギガビットイーサネット技術を取り入れ、マルチメディア教育等あらゆる教育研究活動に対応できる高速LANシステムを構築し、キャンパス内では無線LANのアクセスポイント増設により、学内のどこからでもネットワークを利用することができます。さらに大宮/枚方間ネットワーク(10ギガビット専用線)を導入することで相互利用やコンテンツの共有が可能なうえ、2014年度よりサーバー仮想化環境の統合パッケージである「Vblock」上のリモート接続環境で、自宅や外出先からでも仮想デスクトップ(VMware View)サーバーに接続することにより、学内演習室のデスクトップ環境が利用できます。

施設・設備詳細へ

TOP

梅田キャンパス

情報演習室に105台のパソコンと2台のカラープリンタを設置し、情報処理基礎教育から回路設計やシミュレーション、CADなど様々な授業で利用されています。またラーニングコモンズやコミュニケーションパレットなど自習スペースにもプリンタを設置し、学生が持参するパソコンの利活用を支援しています。演習室のパソコンは既設キャンパスと同様、ネットブート方式で運用しています。Windows10/8.1、Linux(ubuntu)など複数のOSを切り替えて利用することができ、アプリケーションソフトも各パソコン共通の設定で利用することができます。キャンパス内の基幹ネットワークにはギガビットイーサネットなど高速LAN技術を採用し、高速性・高効率伝送性能を活かし、マルチメディア教育等様々な教育や研究をサポートしています。また、キャンパス内随所に無線LANアクセスポイントを設置し、館内全域でネットワークを利用することができます。さらに本キャンパスは大宮および枚方キャンパスを10ギガビット専用線で接続し、各キャンパス情報資源の相互利用も可能です。とりわけ、2014年度に大宮キャンパスに導入されたサーバー仮想化環境統合パッケージ「Vblock」のリモート接続サービス(仮想デスクトップ(VMware View)サーバー)により、自宅等学外から演習室のパソコン環境を利用することができます。

施設・設備詳細へ

TOP

枚方キャンパス

6室ある情報処理演習室には、総数660台のパソコンと6台のカラープリンタを設置し、プログラミングの授業を中心に、コンピュータグラフィックス、データベース、インターネットなどのネットワーク関連技術、回路設計やシミュレーション、CADなどの授業に対応しています。自習室(1)(2)(3)では、総数139台のパソコンと4台のカラープリンタを設置し、午後10時まで開放されており自由に利用できます。これら全てのパソコンでは、ネットブート方式によるWindows8.1とLinux(ubuntu)をデュアルブートで利用でき、ソフトウェアについてもほぼ全てのパソコンで同じ環境が利用できます。ネットワーク環境については、キャンパス内の基幹ネットワークにギガビットイーサネット技術を取り入れ、マルチメディア教育等あらゆる教育研究活動に対応できる高速LANシステムを構築し、キャンパス内では無線LANのアクセスポイント増設により、学内のどこからでもネットワークを利用することができます。さらに大宮/枚方間ネットワーク(10ギガビット専用線)を導入することで相互利用やコンテンツの共有が可能なうえ、2014年度よりサーバー仮想化環境の統合パッケージである「Vblock」上のリモート接続環境で、自宅や外出先からでも仮想デスクトップ(VMware View)サーバーに接続することにより、学内演習室のデスクトップ環境が利用できます。

施設・設備詳細へ

TOP

    学内ポータルサイト

ページの上部へ

大阪工業大学