学生生活

給付制奨学金

大阪工業大学では、独自の給付制奨学金制度(学内奨学金)を設けているほか、日本学生支援機構や各地方自治体や民間団体など、多種の奨学金制度を取り扱っています。
夢や目標に向かって意欲的に勉学に励む学生をバックアップしています。
2020年度実績(以降は変更される場合があります)

奨学金の概要について

日本学生支援機構では学部生を対象とした給付制奨学金制度を設けています。詳細は日本学生支援機構ホームページを参照してください。

採用後について

採用者は、後日開催される採用説明会に出席し、所定の手続きを行ってください。
詳しくはこちら

在籍報告について

在籍状況や通学形態などの申告内容に変更がないか等、概ね四半期ごと(4、7、10、12月~2月頃)に報告を求めます。期限までに報告がないときは、奨学金の給付が止まります。

継続と適格認定

採用決定後に継続して奨学金を必要とする者は、毎年1月頃に継続の手続きを行い、適格認定を受けなければなりません。継続願の記載内容と学業成績などが審査され、奨学金継続の可否が決定されます。手続きを怠った場合は継続の意思なしとして給付が終了します。
詳細は説明会等でお知らせしますので必ず手続きしてください。
また給付制奨学金は家計状況および学業成績の審査が厳密に行われ、一定の基準を満たさない場合は、給付が停止および廃止されますので、そのようなことがないよう学業に励んでください。学業が極度に不振の場合、給付された奨学金の返還を求められることがありますので十分注意してください。
詳しくはこちら

入学前の予約採用者

高校在学中に採用候補者として採用が内定している人は4月初旬に行われる予約採用候補者対象説明会に出席し、所定の手続きを行ってください。
詳しくはこちら

成績優秀奨学金(自己応募)

対  象学部2~4年次
採用資格 学業・人物ともに優秀で、経済的理由により奨学金の給付が必要であると認められる者
給付金額年間授業料の半額相当額
給付期間1年間(再出願可)
採用予定者数約90名
募集時期 4月
他奨学金との重複可(ただし、当該年度学外諸団体から受ける年間奨学金給付額と成績優秀奨学金の年間給付額の合計が納入すべき年間授業料を超える者等を除く)

テラサキ奨学金(自己応募)

対  象工学部 電気電子システム工学科・電子情報システム工学科 2~4年次
採用資格 学業・人物ともに優秀で、経済的理由により奨学金の給付が必要であると認められる者
給付金額年間授業料の半額相当額
給付期間1年間(再出願可)
採用予定者数1名
募集時期 4月(募集は成績優秀奨学金と合わせて行います)
他奨学金との重複可(ただし、当該年度学外諸団体から受ける年間奨学金給付額とテラサキ奨学金の年間給付額の合計が納入すべき年間授業料を超える者等を除く)

学園校友会奨学基金奨学金(大学推薦)

対  象学部に在学し、教員を目指す者
給付金額 年額 20,000~30,000円
給付期間1年間
採用予定者数若干名

特別奨学金(大学推薦)

対  象工学部 都市デザイン工学科・応用化学科 1~4年次
給付金額年額 125,000円/採用者数
給付期間1年間
採用予定者数若干名

副島奨学金(大学推薦)

対  象工学部 機械工学科 2年次以上
給付金額年額 35,000円/採用者数
給付期間1年間
採用予定者数若干名

柴山奨学金(自己応募)

対  象工学部 電気電子システム工学科 2年次以上
給付金額年額 310,000円/採用者数
給付期間1年間
採用予定者数若干名
募集時期7月

外国人留学生学内奨学金(自己応募)

対  象正規課程に在学する外国人留学生 全学年
給付金額月額 20,000円
給付期間1年間(再出願可)
採用予定者数若干名
募集時期5月
他奨学金との重複可(ただし、国費外国人留学生、外国政府派遣留学生、他の学内奨学金受給者等を除く)

大学院特待奨学金 ※大学院生を対象とした特待生奨学金は研究科からの推薦により選考・採用します。

博士前期課程 対象 ※外国人留学生は除く

大学院入学前予約採用型給付奨学金(自己応募)

採用資格本大学院の「学内進学者入学選考」に合格した学生で、学業・人物ともに優秀と認められる者。
年  額【学科内成績最上位者】
 (1年次時)57万5千円 (2年次時)50万円
【学科内成績最上位以外の者】
 (1年次時)37万5千円 (2年次時)30万円
給付期間博士前期課程在学中の修業年限(2年間)
給付方法前期および後期に分けて給付
出願時期本入学選考出願時と同時に出願
採用定員採用資格を有する者

大学院グローバル人材奨励給付奨学金(自己応募)

採用資格 本学の学内進学者および学内進学した在学生で、出願時にTOEICスコア(IP含む)が所定の得点以上を有し、スコアレポートを提出できる者。但し、英語を母国語としていない者。(2020年度は550点以上)
年  額20万円
給付期間1年間(在学時1回限り)
給付方法前期および後期に分けて給付
募集時期4月
採用定員採用資格を有する者

テラサキ奨学金(自己応募)

選考対象工学研究科 電気電子・機械工学専攻 電気電子工学コース
採用資格 在学生で、学術、人物ともに優秀で、経済的理由により奨学金の給付が必要であると認められる者。(ただし、入学前予約採用型給付奨学生に採用されていない者)
年  額年間授業料の半額相当額
給付期間1年間(再出願可)
給付方法前期および後期に分けて給付
募集時期4月
採用定員若干名

大学院社会人学生給付奨学金(自己応募)

選考対象 博士前期課程の全研究科・全学年
採用資格本大学院の「社会人入学選考」に合格した在学生で、経済的理由により奨学金の給付が必要であると認められる者
年  額30万円
給付期間1年間(再出願可)
給付方法前期および後期に分けて給付
募集時期4月
採用定員若干名

※大学院生を対象とした特待奨学金は、各学科からの推薦により選考・採用します。

専門職学位課程 対象 ※外国人留学生は除く

大学院入学前予約採用型給付奨学金(自己応募)

採用資格 本大学院の「学内進学者入学選考」または早期進学により所定の入試に合格した学生で、学業・人物ともに優秀と認められる者。
年  額【学科内成績最上位者】
 (1年次時)60万円 (2年次時)50万円
【学科内成績最上位以外の者】
 (1年次時)40万円 (2年次時)30万円
給付期間専門職学位課程在学中の修業年限(2年間)
給付方法前期および後期に分けて給付
出願時期学内進学者入学選考:入学選考出願時と同時に出願
所定の入試(早期進学予定者):10月に説明会を実施予定
採用定員採用資格を有する者

大学院グローバル人材奨励給付奨学金(自己応募)

採用資格 本学の学内進学者および学内進学した在学生で、出願時にTOEICスコア(IP含む)が所定の得点以上を有し、スコアレポートを提出できる者。但し、英語を母国語としていない者。(2020年度は550点以上)
年  額20万円 
給付期間1年間(在学時1回限り)
給付方法前期および後期に分けて給付
募集時期4月
採用定員採用資格を有する者

大学院社会人学生給付奨学金(自己応募)

選考対象 博士前期課程および専門職学位課程の全研究科・全学年
採用資格本大学院の「社会人入学選考」または「秋入学選考」に合格した在学生で、経済的理由により奨学金の給付が必要であると認められる者
年  額30万円 ※修業年限2年の場合。長期履修制度適用者は異なる。
給付期間1年間(再出願可)
給付方法前期および後期に分けて給付
募集時期4月
採用定員若干名

博士後期課程 対象 ※外国人留学生は除く

大学院後期課程給付奨学金(自己応募)

選考対象 全研究科・全学年
採用資格在学生で、学業・人物ともに優秀で、経済的理由により奨学金の給付が必要であると認められる者
年  額30万円
給付期間1年間(再出願可)
給付方法前期および後期に分けて給付
募集時期4月
採用定員若干名

全課程 対象

学園校友会奨学基金(大学推薦)

対  象大学院に在学し、教員を目指す者で標準修業年限を超えていない者
給付金額 年額 20,000~30,000円
給付期間1年間
採用予定者数若干名

特別奨学金(大学推薦)

対  象 工学研究科 建築・都市デザイン工学専攻 都市デザイン工学コース 全学年
工学研究科 化学・環境・生命工学専攻 応用化学コース 全学年
給付金額年額 125,000円/採用者数
給付期間1年間
採用予定者数若干名

副島奨学金(大学推薦)

対  象 工学研究科 電気電子・機械工学専攻 機械工学コース 全学年
給付金額年額 35,000円/採用者数
給付期間1年間
採用予定者数若干名

柴山奨学金(自己応募)

対  象 工学研究科 電気電子・機械工学専攻 電気電子工学コース 全学年
給付金額年額 310,000円/採用者数
給付期間1年間
採用予定者数若干名
募集時期7月

外国人留学生学内奨学金(自己応募)

対  象正規課程に在学する外国人留学生 全学年
給付金額月額 20,000円
給付期間1年間(再出願可)
採用予定者数 若干名
募集時期5月
他奨学金との重複可(ただし、国費外国人留学生、外国政府派遣留学生、他の学内奨学金受給者等を除く)

民間団体や地方自治体の給付制奨学金があります。推薦方法は、「大学推薦」と「自己応募」に分けられ、「自己応募」については各キャンパスの奨学金掲示板にてご案内しますので、出願資格等をよく確認のうえ応募してください。
「大学推薦」については、推薦希望者は事前登録(登録期間有り)し、面接、選考を経たうえで各団体へ推薦します。最終的には各団体の選考により採否が決定しますが、採用後も各団体により課せられる義務(行事への参加、報告書の提出等)を果たすことを承知した上で登録してください。大学推薦の場合、毎年40名程度が採用され、現在98名(2019年度実績)が受給しています。
このほか、大学を経由せず募集を行っている団体等もありますので希望者は直接お問い合わせください。
2019年度の受給状況はは次のとおりです。

[学部生]

団体名 給付月額
アイコム電子通信工学振興財団50,000円
中西奨学会45,000円
小野奨学会40,000円
船井奨学会30,000円
昭和教育振興財団30,000円
大阪現代教育振興財団30,000円
レントオール奨学財団30,000円
近藤記念財団 40,000円
中村積善会30,000円
富本奨学会 35,000円
奥村奨学会30,000円
夢&環境支援宮崎記念基金30,000円
海堀奨学会25,000円
朝鮮奨学会25,000円
大東育英会20,000円
叡哲育英会20,000円
ユニ・チャーム共振財団40,000円
きたしん育英会20,000円
大和記念育英財団20,000円
三木市教育委員会9,000円
[大学院生]

団体名 給付月額
小野奨学会60,000円
アイコム電子通信工学振興財団50,000円
トランスコスモス財団50,000円
ユニ・チャーム共振財団40,000円
日新電機グループ社会貢献基金40,000円
富本奨学会35,000円
古河記念基金35,000円 or 40,000円
レントオール奨学財団30,000円
夢&環境支援宮崎記念基金30,000円
タイガー育英会40,000円
JEES・ソフトバンクAI人材育成奨学金80,000円

ページの上部へ

大阪工業大学