学生生活

貸与制奨学金

この奨学金は返還義務のある貸与制奨学金です。
日本学生支援機構奨学金は、国の行う育英奨学事業であり公的な制度の中では採用者数が非常に多く金額も高いことから、経済援助として大きな役割を果たしています。
本学においても、日本学生支援機構奨学生が全奨学生の大部分を占めています。

学部生

奨学金の種類第一種(無利子)第二種(有利子)
対象全学部生
貸与金額自宅通学 3万・5.4万円 3万・5万・8万・10万・12万円
自宅外通学 3万・5.4万円・6.4万円
貸与期間最短修業年限
募集時期 1年次:4月   2年次以上:3月
他奨学金との重複可(ただし、併用貸与を認めない団体等が一部あります)

大学院生

奨学金の種類第一種(無利子)第二種(有利子)
対象全大学院生
貸与金額博士前期課程
専門職学位課程
5万・8.8万円 5万・8万・10万・13万・15万円
博士後期課程8万・12.2万円
貸与期間最短修業年限
募集時期 1年次:4月   2年次以上:3月
他奨学金との重複可(ただし、併用貸与を認めない団体等が一部あります)

採用後について

採用者は、後日開催される採用説明会に出席してください。説明会で、返還誓約書を受け取り、所定の手続きを行ってください。
返還誓約書に印字されている記載事項の訂正方法および保証人に65歳以上や4親等以外を選任する場合は、別途手続きを行う必要があります。
詳しくはこちら

継続と適格認定

採用決定後も継続して奨学金を必要とする者は、毎年1月頃に継続の手続きを行い、適格認定を受けなければなりません。継続願の記載内容と学業成績などが審査され、奨学金継続の可否が決定されます。手続きを怠った場合は継続の意思なしとして貸与が終了します。
詳細は貸与初年度に行われる継続手続き説明会や、継続手続き書類配付会でお知らせしますので必ず手続きしてください。
奨学金の貸与が必要なくなった場合は速やかに辞退の手続きをしてください。
詳しくはこちら

入学前の予約採用者

高校在学中に採用候補者として採用が内定している人は4月初旬に行われる予約採用候補者対象説明会に出席し、所定の手続きを行ってください。
詳しくはこちら

入学前に貸与を受けていた学生

本学入学前に高校、大学で日本学生支援機構奨学生であった人は「在学届」を担当窓口に提出してください。この届けにより在学中の返還が猶予されます。大学院に進学した場合も同様です。

日本学生支援機構奨学金について、詳しくは日本学生支援機構ホームページ(http://www.jasso.go.jp/)をご覧ください。

貸与制の奨学金には、日本学生支援機構奨学金のほか、民間団体や地方自治体の奨学金制度があります。大学を通じて募集があった際には、各キャンパスの掲示板にて周知しますので、出願資格をよく確認のうえ応募してください。
また、大学を経由せず公募している団体もありますので、希望者は出身地の教育委員会や民間団体へ直接お問い合わせください。

[学部生]

区分団体名年次月額募集時期受給期間
民間団体等アキレス育英会 1年20,000~30,000円4~5月最短修業
年限
あしなが育英会全学年40,000~50,000円 4~5月
交通遺児育英会全学年40,000~60,000円4~11月
地方自治体東大阪市教育委員会全学年17,000円4~5月 最短修業
年限
石川県教育委員会全学年44,000円
山口県ひとづくり財団全学年52,000円~62,000円
[大学院生]

区分団体名・奨学金名年次月額募集時期受給期間
民間団体等 交通遺児育英会全学年50,000~100,000円4~11月 最短修業
年限
地方自治体 福井県ものづくり人材育成就学資金全学年60,0003~4月

ページの上部へ

大阪工業大学