学生生活

貸与制奨学金

この奨学金は返還義務のある貸与制奨学金です。

奨学金の概要について

日本学生支援機構ホームページ

採用後について

採用者は、後日開催される採用説明会に出席してください。説明会で、返還誓約書を受け取り、所定の手続きを行ってください。
返還誓約書に印字されている記載事項の訂正方法および保証人に65歳以上や4親等以外を選任する場合は、別途手続きを行う必要があります。
詳しくはこちら

継続と適格認定

採用決定後も継続して奨学金を必要とする者は、毎年1月頃に継続の手続きを行い、適格認定を受けなければなりません。継続願の記載内容と学業成績などが審査され、奨学金継続の可否が決定されます。手続きを怠った場合は継続の意思なしとして貸与が終了します。
詳細は貸与初年度に行われる継続手続き説明会や、継続手続き書類配付会でお知らせしますので必ず手続きしてください。
奨学金の貸与が必要なくなった場合は速やかに辞退の手続きをしてください。
詳しくはこちら

入学前の予約採用者

高校在学中に採用候補者として採用が内定している人は4月初旬に行われる予約採用候補者対象説明会に出席し、所定の手続きを行ってください。
詳しくはこちら

入学前に貸与を受けていた学生

本学入学前に高校、大学で日本学生支援機構奨学生であった人は「在学届」を担当窓口に提出してください。この届けにより在学中の返還が猶予されます。大学院に進学した場合も同様です。

民間団体や地方自治体が運用する貸与制の奨学金があります。大学を通じて募集があった際には、各キャンパスの掲示板にて周知しますので、出願資格をよく確認のうえ応募してください。
また、大学を経由せず公募している団体もありますので、希望者は出身地の教育委員会や民間団体へ直接お問い合わせください。
2018年度の採用状況は次のとおりです。

団体名貸与月額
交通遺児育英会40,000~60,000円
あいなが育英会40,000~50,000円+給付30,000円
アキレス育英会30,000~40,000円
中村積善会30,000円+給付50,000円
山口県ひとづくり財団62,000円
トヨタ女性技術者育成基金50,000円
西脇市教育委員会50,000円
川西市教育委員会30,000円
東大阪市教育委員会17,000円

ページの上部へ

大阪工業大学