1. トップページ
  2. 国際交流
  3. E・D科が国際PBLプログラムを実施しました

地域連携

E・D科が国際PBLプログラムを実施しました

2014年9月11日

  • 製作風景 製作風景
  • 自動走行中の模型車 自動走行中の模型車
  • 完成した全チームの模型車 完成した全チームの模型車

電気電子システム工学科と電子情報通信工学科が、8月19日~8月25日の期間に台北科技大学(台湾台北市)において国際PBLプログラムを実施し、本学から17人が参加しました。国際PBLとは、2年次あるいは3年次の学生が対象で、海外学生との混成チームを編成。英語でコミュニケーションをとりながら、共通の課題の解決に取り組むプログラムです。

両学科は昨年度に引き続き2回目の実施。課題は上り坂、U字カーブ、砂利道などを含むコースを、壁に接触せずに決められた時間どおり走行し、指定された場所で停止する自律走行の模型車を各チームで製作すること。今回は4名を1チームとする少人数グループにしたことで、学生同志が積極的に話し合う場面が増え、連日熱心な製作活動が続き、参加8チームともユニークな車を完成させました。またプログラム終了後には、同大学学生による観光名所の案内など、プログラム活動以外でも両大学学生の交流が活発に行われました。

本プログラムの経験をもとに、参加学生たちの世界を視野に入れた活躍が期待されます。

一覧はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学