1. トップページ
  2. 国際交流
  3. 情報科学部がタイ・タマサート大学シリントーン国際工学部と共同で国際PBLプログラムを実施しました

地域連携

情報科学部がタイ・タマサート大学シリントーン国際工学部と共同で国際PBLプログラムを実施しました

2016年7月20日

  • 両校学生の共同作業 両校学生の共同作業
  • 最終日のプレゼンテーション 最終日のプレゼンテーション
  • 修了式 修了式

6月2日から9日まで、本学情報科学部とタイ・タマサート大学シリントーン国際工学部による国際PBL(Project-Based Learning)プログラムが枚方キャンパスにて実施されました。今回は、情報科学部が受け入れ役となり、枚方キャンパスで実施する初めての国際PBLであり、両校から10人ずつ、計20人の学生が参加しました。

今年のPBLテーマは「画像処理プログラミング(電子透かしを利用した画像改ざん検出と復元)」でした。本学学生2人、タマサート大学生2人からなるグループが5つ構成され、各グループはより良い画像処理プログラミングの作成を目指し、実験と考察を重ねました。また、最終日にはプレゼンテーションが行われ、各グループの成果が発表されました。

タマサート大学シリントーン国際工学部は、タマサート大学の独立高等教育機関で、1992年に創立されました。同大学と本学は2009年に交流協定を締結し、今回のような国際PBL実施や、研修生受入を通じて、年々交流を深めています。

関連するリンクはこちら
http://www.siit.tu.ac.th/

一覧はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学