1. トップページ
  2. 国際交流
  3. 情報科学部とロボット工学科がタイ・タマサート大学シリントーン国際工学部で国際PBLを実施しました

地域連携

情報科学部とロボット工学科がタイ・タマサート大学シリントーン国際工学部で国際PBLを実施しました

2017年10月5日

  • グループ作業 グループ作業
  • 最終発表 最終発表

本学の情報科学部およびロボット工学科は、2017年8月27日から9月2日までの7日間、協定校のタイ、タマサート大学シリントーン国際工学部(SIIT)にて、国際PBL(Project-Based Learning)プログラムを実施しました。タイでのSIITと情報科学部とのPBL実施は今年で4回目ですが、ロボット工学科が加わるのは初めてとなります。今回は情報科学部生10人、ロボット工学科5人、SIIT学生14人が参加しました。

今回のPBLは「Image Processing Project “Color Normalization for Robot Vision”」をテーマに行われました。各大学の混成グループが構成され、より優れた画像処理プログラミングの作成を目指し、実験と考察を重ねました。また、最終日にはプレゼンテーションが行われ、各グループの成果が発表されました。

タマサート大学シリントーン国際工学部は、タマサート大学の独立高等教育機関で、1992年に創立されました。同大学と本学は2009年に交流協定を締結し、今回のような国際PBLの実施や、研修生の相互受入を通じて、年々交流を深めています。

関連するリンクはこちら
http://www.siit.tu.ac.th/

一覧はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学