1. トップページ
  2. 国際交流
  3. 電気電子システム工学科と電子情報通信工学科が南台科技大学で国際PBLを実施しました

地域連携

電気電子システム工学科と電子情報通信工学科が南台科技大学で国際PBLを実施しました

2017年11月7日

  • 開会式 開会式
  • ブレインストーミング ブレインストーミング
  • 作製風景 作製風景

8月8日から8月13日まで、本学電気電子システム工学科と電子情報通信工学科は、協定校の南台科技大学(台湾)で国際PBL(Project-Based Learning)プログラムを実施し、本学学生8名と南台科技大学学生11名が参加しました。

「Intelligent Robot Challenge 2017」をテーマに、Uカーブのあるコースを壁にぶつかることなく周回し、次のグループに積荷を受け渡すことができる自律走行車の作製に取り組みました。学生たちは2大学混成の6グループに分かれ、部材や制御プログラムについて協議してプロトタイプを作製し、最終日はグループ対抗リレーを行って、その周回数を競いました。
今回は台風の影響で出発が遅れたことにより、タイトなスケジュールとなりましたが、最初に各グループで役割分担会議を行ったおかげで、各自が速やかに担当作業に移ることができ、参加学生はこのプログラムに高い満足度を示しました。

南台科技大学は、台湾南台市に位置する工科系大学です。2015年に本学と交流協定を締結し、今回初めての国際PBLを実施しました。この他にも、南台科技大学での文化体験プログラムや本学への交換留学などの国際交流プログラム通して、相互に学生の受入れを行い、交流を深めています。

関連するリンクはこちら
http://www.stust.edu.tw/en

一覧はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学