1. トップページ
  2. 国際交流
  3. 電気電子システム工学科と電子情報通信工学科が同済大学で国際PBLを実施しました

地域連携

電気電子システム工学科と電子情報通信工学科が同済大学で国際PBLを実施しました

2017年11月22日

  • 共同作業 共同作業
  • 製作アームの紹介 製作アームの紹介
  • コンテストの様子 コンテストの様子

8月20日から8月29日まで、本学電気電子システム工学科と電子情報通信工学科は、同済大学(中国)を会場に、台北科技大学(台湾)を加えた3大学で国際PBL(Project-Based Learning)プログラムを実施しました。

今回の国際PBLは「Rescue Drone Project」をテーマに、各大学から12名が参加しました。学生たちは3大学混成の6グループに分かれ、崖や水上などに置かれたボールを救出することを目標に、アイディアを出し合ってドローンに搭載する可動式アームなどボールキャッチ機構の試作と検証を行いました。最終日はコンテストを行い、各グループが独自のアイディアで製作した救出機構を披露して、制限時間内で救出できるボールの個数を競いました。

参加学生からは、この活動を通じて、他国の学生と友好関係を築けたことを喜ぶとともに、英語コミュニケーション能力やプログラミング能力の必要性を再認識したとの感想がありました。

台北科技大学と同済大学は、共に本学の協定校で、国際PBLや研修生の相互受け入れを通して、交流を深めています。

関連するリンクはこちら
https://www.oit.ac.jp/japanese/international/agreement-schools.html

一覧はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学