1. トップページ
  2. 国際交流
  3. 長期交換留学

国際交流

長期交換留学(派遣)

大阪工業大学の協定校で、学生の交換条件を明記している大学、および本学が加盟しているUMAP(アジア太平洋大学交流機構,University Mobility in Asia and the Pacific)の大学において、最長1年間、学費負担なしで留学することができます。
大学によって、条件や学内応募締切日は異なりますが、共通する事項は次の通りです。

交換留学制度の骨子

①留学期間:授業科目を履修する場合:半年(1セメスター)以上、1年(2セメスター)以下
研究/インターンシップの場合:受入大学や受入研究室などと相談の上、決める必要があります

②学籍の取扱い:希望した場合、「休学」を認める。
留学先大学と本学の学事暦がずれる場合も、本学学事日程に沿った取扱いを適用します。(例えば2月からの留学であれば、本学での休学扱いを4月からとするなど弾力的な教育的配慮を施します。)

③留学期間中の学費の取扱い
(ア)休学する場合、本学には在籍料(半期6万円/通年12万円)を納入。(本学の卒業には、本学での在籍期間が4年間必要であり、休学期間は参入されません。)
(イ)休学しない場合、本学には留学期間中も通常通り学費を納入。
(ウ)留学先大学の授業料は免除(アンジェロ州立大学の英語授業にかかる費用は自己負担となります)。

④本学での学業継続
留学終了後は、本学の学業を継続することが応募条件の一つとなります。

⑤単位認定
本学設置科目との関連性が認められる場合、学部では最大30単位まで卒業単位に含めることができます。大学院の場合は、各研究科の定めによります。

⑥その他の経費 旅費、生活費、健康保険等は各自が負担。

応募条件・応募方法

交換留学先の大学により、応募条件が異なります。応募に際しては、まず国際交流センター(大宮キャンパスChast1階)までお問い合わせください
※梅田キャンパスおよび枚方キャンパスの学生は学部事務室に問合せください。後日、国際交流センターから連絡します。

その他

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムについて
2014年から始まった官民協働で取り組む海外留学支援制度。2020年までの7年間で約1万人の高校生・大学生を派遣留学生として送り出す計画です。現地で実践活動を行う留学計画であれば、本学の長期交換留学制度との併用が可能です。

2018年度以降に交換留学が可能な大学 (2018年3月時点)

  • 大田大学校(韓国)
  • 国立清華大学(台湾)
  • 南台科技大学(台湾)
  • 国立台北科技大学(台湾)
  • タマサート大学シリントーン国際工学部(タイ)
  • マレーシア工科大学(マレーシア)
  • アンジェロ州立大学(アメリカ)
  • タンペレ工科大学(フィンランド)
  • ウィーン工科大学(オーストリア)
  • ミュンヘン防衛大学(ドイツ)
  • ヴッパタール大学(ドイツ)
  • UMAP加盟大学

※留学条件などの詳細は下記PDFファイルをご参照ください。

2018年度以降に交換留学が可能な大学

長期交換留学参加者の声

フィンランド・タンペレ工科大学での長期交換留学

私は2017年8月からタンペレ工科大学で約10カ月間、組織工学を中心に学んでいます。
授業は座学からプロジェクトまで多岐にわたりますが、英語で提供されている授業は基本的に院生向けなので、専門知識や用語は自習しておく必要があります。これまでの授業で一番苦労した事は、90分間のプレゼンです。
フィンランドでは大半の人が英語を喋れますし、日本食品も手に入るので、生活の不便はないと思います。また気軽にヨーロッパ旅行ができ、様々な体験ができるのは利点の一つです。
留学は楽しい事ばかりではありません。長期交換留学を希望している方は、しっかりと目的を持って計画してください。

(工学部生命工学科3年女子 2017年当時)

ページの上部へ