1. トップページ
  2. 国際交流
  3. 国際PBLプログラム

国際交流

国際PBLプログラム International PBL program (Hands-on Engineering Program)

本学の各学部で展開しているPBL(Project-Based Learning)の国際版です。学部2~3年次の学生を対象として、海外の学生と混成チームを作り、1週間程度、共通の課題に取り組むプログラムです。コミュニケーションはすべて英語で行います。

プログラムの特長

PBLは、与えられた課題を制限された条件下で取り組むことで、学生の多様な能力(課題解決力、創造性、チームワーク、タイムマネジメント力、コミュニケーション力、リーダーシップなど)を引き出すことを目的としています。グローバルな交流を通じてPBLの成果を体験し、同時にダイバーシティ(多様性)を感じてもらうことが狙いです。

国際PBLを行う意義

日本人とは異なる価値観を持った人たちと協働で作業に取り組むことで、予想外の多岐にわたるアイデアが生まれます。PBLのプロセスはイノベーションそのものなのです。本学では今後さらにグローバル化が進展する将来を想定して、異なる価値観を持つ海外学生とのPBLが有効と判断し、2013年度から本プログラムを開始しました。
2014年度にはプログラムが大幅に拡充され、2015年度からは、本学が国際PBLプログラムのホスト校となり、海外の協定校から参加する学生を受け入れるプログラムも実施しています。

2017年度国際PBLプログラム

  実施学科 ホスト校 参加大学 テーマ 実施時期
都市デザイン工学科 大阪工業大学 国立台湾科技大学 Design and Construction of Bridge Model 2017年8月
上旬
建築学科 大阪工業大学 国民大学校
(韓国)
Sustainable Design Workshop 2017年6月
26日~7月1日
機械工学科 国立台湾科技大学 大阪工業大学 Wind Turbine 2017年8月
28日~9月3日
電気電子システム工学科
電子情報通信工学科
国立台北科技大学
(台湾)
大阪工業大学
同済大学(中国)
Rescue Drone Project 2017年8月
下旬
南台科技大学
(台湾)
大阪工業大学 Intelligent Robot Challenge 2017 2017年8月
下旬
応用化学科 大阪工業大学 国立台湾科技大学 Case Study Project Based on Chemistry 2017年8月
下旬
国立台湾科技大学 大阪工業大学 Case Study Project Based on Chemical Engineering 2017年8月
下旬
環境工学科 大阪工業大学 パランカラヤ大学
(インドネシア)
Field-scientific research on water environment in metropolis, Osaka, Japan 2017年8月
上旬
生命工学科 大同大学
(台湾)
大阪工業大学 OIT-TTU joint PBL program 2017年8月
7日~12日
情報科学部
ロボティクス&デザイン工学部
タマサート大学SIIT
(タイ)
大阪工業大学 Image Processing Project 2017年8月
27日~9月2日
情報科学部 大阪工業大学
(タイ)
タマサート大学SIIT Real-world Game Programming 2017年6月
12日~17日
国立芸術総合学校
(韓国)
北海道大学
(日本)
大阪工業大学 Cross-Cultural Media Design Project 2017年8月
下旬

ページの上部へ

大阪工業大学