1. トップページ
  2. 国際交流
  3. 国際交流プログラムのサポート体制

国際交流

国際交流プログラムのサポート体制

本学では、学生がより安心して国際交流プログラムに参加できるよう、数々のサポートを提供しています。

国際交流プログラムにて海外に渡航する学生は、本学指定の海外旅行保険への加入が義務付けられています。
本学では、2018年度より学生教育研究災害傷害保険(学研災)が提供する海外派遣学生のための制度、学研災付帯海外留学保険(略称:付帯海学)の利用を開始します。
これにより、2018年6月1日以降に出発するプログラムの場合、45.6%の割引率が適用された価格で海外旅行保険に加入できます。

加入の手続きについては、各プログラムのガイダンス等で説明します。

付帯海学の補償内容および料金表

本学の国際交流プログラムのうち、引率のない派遣プログラムに参加する学生は、海外留学生トータルサポートサービス(TSS)を利用することができます。
TSSでは、海外渡航中の病気、ケガ、盗難等のトラブル発生時の相談、および健康に関する相談を、電話で日本語にて行うことができるサービスを提供しています。
TSSの利用にかかる費用は本学が負担します。

加入の手続き、利用方法については、各プログラムのガイダンス等で説明します。

本学の国際交流プログラム実施中は、国際交流センターを中心とした危機管理体制を敷いています。
トラブルが発生した際には、派遣先機関、引率教員、保険会社、旅行会社、現地大使館等の関係者と緊密に連携し、速やかな問題解決を目指します。

国際交流センターでは、国際交流プログラム参加に係る相談を随時受け付けています。
プログラムに関心のある学生は、早めに相談し、参加に向けた計画を立て、準備を始めましょう。
相談は、国際交流センターの窓口の他、電話、メールでも受け付けています。

国際交流センターについて

ページの上部へ

大阪工業大学