テクミのブログとは

  • 2016年02月01日(月)

最近の梅田キャンパス ~2016年冬~


3~5階「常翔ホール」
3~5階「常翔ホール」
  1. 
  
3~5階「常翔ホール」
  2. 
  
茶屋町(能勢街道)からの「OIT梅田タワー」
  3. 
  
季節を先取り「菜の花の散歩道」

梅田・茶屋町で菜の花の花壇を見つけました。その昔、茶屋町の周辺には菜の花畑が広がっていたそうで、現在、地域住民・企業の皆さんが『菜の花の散歩道』というプロジェクトを進めておられます。茶屋町は、街の人が元気で四季折々のイベントも盛んです。最近では「若者の街」という印象も強いみたいですが、実は歴史も古く、紐解くとなかなか興味深そうです。そんな地元情報はまたの機会に。菅原道真公の話も出てきますので。

さてさて、そんな茶屋町で工事が進む梅田キャンパスですが、ついに建物の「骨格」が組み上がりました。今年秋の竣工に向け、これから外壁や内装の工事が本格化するそうです。地上22階、地下2階、高さ125m。あまりの存在感に、素人のカメラテクニックではキレイに撮影するのも難しくなってきました...。

先日、工事現場に立ち入らせていただく機会がありました。工事事務所の所長さん・副所長さんらに案内していただき、工事用エレベータで21階まで上がり、階段を使って下まで降りながら、演習室や講義室になる場所を見学してきました。現場の写真のうち、現時点で公開できるのはこの1点ですがご了承ください。完成後「常翔ホール」になる場所です。

工事現場では厳しい安全管理の下、建設会社や設計事務所の従業員・作業員の方々など多くの皆さんが梅田キャンパスの竣工に向けて働いてくださっています。今の時期は冷えますが、現場の皆さん、引き続きどうぞよろしくお願いします。

TOPヘもどる