テクミのブログとは

  • 2017年03月24日(金)

初の大舞台~フレーフレー!應援團!!~


力強い歌声で大学歌の指揮を執る應援團
力強い歌声で大学歌の指揮を執る應援團
  1. 
  
力強い歌声で大学歌の指揮を執る應援團
  2. 
  
体育館に響き渡る声量でエールを送る團長の御手洗さん
  3. 
  
1,773人の卒業生が胸を熱くした
  4. 
  
本番直前は、トレーニングセンターで最終確認
  5. 
  
今後の活動に意欲を見せる應援團の3人 写真左から野土雄太(機械工学科)さん、御手洗さん(電子情報通信工学科)、長谷川開さん(環境工学科)

2016年度卒業生・修了生の皆さん。ご卒業おめでとうございます!

3月は卒業シーズンということもあり、よく"別れの季節"とも言います。

会場でも仲間との別れを惜しみ、これから始まる新生活への不安と期待が入り混じった表情の卒業生の姿が見られました。

そんな卒業生の背中を押したのは、本学自慢の應援團

應援團は毎年、学位記授与式などの式典行事で大学歌の指揮を任されています。

当日、式典会場には卒業生の不安を吹き飛ばすかのような、力強い歌声で大学歌の指揮を執るたくましい應援團の姿がありました。

大学歌斉唱後、應援團から卒業生に向けて今後の活躍を祈念したエールが送られ、卒業生たちは晴れやかな顔で会場を後にしました。

聞くところによると、應援團の團員数は3人で、全員1年生とのこと!!

あの堂々とした姿で卒業生にエールを送ったのが1年生だという衝撃を受けたテクミでしたが、これはぜひ取材せねば!と広報スタッフ魂が燃え、式典終了後にインタビューさせてもらいました♪

應援團をまとめる團長の御手洗元気さん(電子情報通信工学科)に話を伺ったところ「先日、正式に應援團長に就任しました。初めての大舞台だったので緊張しましたが、無事に成功してホッとしています。卒業生の皆さんの門出を祝えるように、連日淀川河川敷で練習したかいがありました」と笑顔でコメントしてくれました。

高校時代に應援團の経験があり、自身の入学宣誓式で壇上に上がった先代應援團長の姿に憧れて入團したと語る、御手洗さん。

1年生とは思えない覇気のある声。凛とした立ち振る舞い。実にかっこいいです。

應援團の今後の目標は、團員を増やすこと。そして体育会や文化会に所属する課外活動団体の応援活動に力を入れていきます。

工大を応援したい!という気持ちがあれば、学科・学年を問わず大歓迎とのことですので

興味がある方は、大宮キャンパス第1部室センター4階の應援團團室を訪ねてくださいね。

本学應援團の歴史と伝統を受け継ぎ、第49代團長に就任した御手洗さんと2人の團員をこれからもテクミは追い掛けていきたいと思います!

TOPヘもどる