テクミのブログとは

  • キャンパス
  • 2017年04月20日(木)

ウインドアンサンブルが「Spring Concert2017」を開催~in OIT梅田タワー常翔ホール~


第Ⅰ部シンフォニックステージでは交響曲を中心に演奏
第Ⅰ部シンフォニックステージでは交響曲を中心に演奏
  1. 
  
第Ⅰ部シンフォニックステージでは交響曲を中心に演奏
  2. 
  
シンフォニックステージでは高木先生がタクトを振りました
  3. 
  
第Ⅱ部ポップスステージでは馴染みある春の楽曲のリズムに合わせ会場から自然と手拍子が♪ 
  4. 
  
同部部長の山端さんのあいさつ(楽器はフルートを担当☆)
  5. 
  
ソロ演奏に酔いしれました♪
  6. 
  
随所に各パート演奏を取り入れ演奏中に楽器紹介も!

416日、文化会ウインドアンサンブルが梅田キャンパスOIT梅田タワーの常翔ホールを舞台に「Spring Concert2017」を開催し、「春」をテーマにしたアンコールを含む楽曲9曲を奏でました♪

同部は「地域を愛し、地域に愛されるバンド」を目指し、地元・旭区で定期演奏会や依頼演奏などを中心に日々活動を続けています。梅田を新たな地元として、これまで以上に活動のフィールドを広げる試みとして今回のコンサートが企画されました。会場には同部のファンの旭区の方々や、部員のご家族、大学関係者など約500人の来場者が詰め掛けました!

冒頭に同部部長の山端紗貴さん(電子情報通信工学科3年)から「私たち奏者と会場の皆さんが音楽を通して、同じイメージを共有できるように奏でる音色一つひとつに気持ちを込めて演奏します」とあいさつがあり、コンサートがスタート☆

今回の演奏会はⅡ部構成で前半のシンフォニックステージでは、2003年度全日本吹奏楽コンクール課題曲の「イギリス民謡による行進曲」やイギリスの詩をもとに作曲された若さ溢れる快活さと無邪気で優しい愛を表現した「春の猟犬」などの交響曲を演奏。今年4月から同部学外指導者に就任した高木宏之先生の指揮のもと、重厚なサウンドがホールいっぱいに響き渡りました。

後半のポップスステージでは、誰もが一度は聞いたことがある「春」や「桜」をテーマに選曲した桜ソングメドレーや人気アニメ「名探偵コナン」のテーマ曲など幅広い年代が楽しめる楽曲を披露しました。

演奏会終了後、ポップスステージの指揮を務めた椎葉大貴さん(知的財産学科3年)に感想を伺ったところ、「新ホールでアンコールの拍手をもらえたことが素直に嬉しいです。今後も音楽を通じて会場の方たちと一体となれるような演奏をしたいです」と喜びのコメントを聞かせてくれました◎

同部は、今年度の大阪府吹奏楽コンクールでの金賞を目標に技術を磨くとともに、引き続き地域の活性化に貢献できるよう活動を続けます。

TOPヘもどる